ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

香りマップ

2008年5月30日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
English : PRESS
Is the smell of almonds closer to that of roses or bananas? Weizmann Institute scientists have now answered that question (roses) by showing for the first time that smells can be mapped and the relative distance between various odors determined.

音程と違って香りって「この香りとこの香りは近い」って言いづらかったんだけど、マップを作りましたって。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn



required



required - won't be displayed


Your Comment:

Marine Biological Laboratory
While horizontal gene transfer is common in bacterial species, it was unheard of in the animal kingdom on such a massive scale ? until this study.
なぜ男女の性があるのって聞かれたら、「遺伝子の多様性を増やすため」っていうのが答えだったんだけど、けっこう大きな生命でも、性なしに遺伝子を交換することがあるという発見。
この生命、bdelloid rotifer(プランクトンの一種で、日本語ではワムシっていうようだ)というのだけど、真核生物であるのに、クローンだけで360種と多様に進化してきたとして知られていた。ところが、実は遺伝子を交換していたってわけ。
なんか、環境が苦しいと乾いてじっとがまんするのが特徴のようだけど、この乾燥後の再水和のときに、新しい遺伝子(同じ種だけじゃなくたとえば植物からもっていう)を取り込むのだという。

前の記事

 おもしろいテーマをとりあげている。もう少し文章が流れていればよかったなあ。
 副題は問いかける。
 投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか。
 答えを一言で表現するなら、こうだろうか。
 人間とはそういうものだから。
 もちろん、これでは不十分だから、それを裏付ける事例を、ひろい範囲から拾いつつ、紹介している。世の中とは合理的だと思っていた人にとっては特に、目からウロコの話が多いのじゃないか。
 第二版への謝辞で、タレブはカーネマンについて高く評価している。引用しよう。
 並外れて重要な疑問に対しての彼の仕事が大きな意味を持つからだ。つまり、(a)彼とエイモス・トヴァスキーは、ギリシャ時代の教条的な合理主義に始まって、その後23世紀の間私たちが持ち続けた人間観をひっくり返した。(中略)(b)カーネマンの重要な仕事は、(さまざまな段階の)効用に関する理論で、幸せなどの重要な問題に大きな意義を持つ。
 ここにタレブの姿勢が表れている。
 考えてみれば、ぼくも「ざつがく・どっと・こむ」を通して、同じことを繰り返してきた。カーネマンをとりあげた回としても、「しあわせですか」「幸運の確率」「常識を疑え」があり、それぞれのコラムのタイトルからもわかるように、ぼく自身、カーネマン理論の、幸福についての示唆や、合理主義に基づく常識をひっくり返すところを評価していることがわかる。
 ほかにも、「バスを待つ」や「なぜに嫌う」にとりあげたバイアスの問題や、「リスクとヒューリスティック」でとりあげたリスク、あるいはヒューリスティックの問題。
 もしかすると、ぼく自身が、投資という視点からではなく、より広い視点から書きたかった本かもしれない。
 投資って運。そうなんだけど、そこに重点があるわけでない。
 投資ということに限らず、ぜひ広い視点で人生をとらえてほしい。
 人間を、人生を見る視点を養う。
 そのための一助となる書籍ではある。

次の記事