ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

明日に架ける橋

2001年4月23日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」をよく聴いていた時期があった。小さな、だけど本人にとっては大きな悩みを抱いていた中学生時代。当時、ぼくはどこに向けて橋をかけたかったのだろう。そして今、ぼくは向こう岸にたどり着いているのだろうか。
 橋は、人間にとって有史以前からのつきあいだ。倒木を利用していたのが桁橋になり、木のつるを利用していたのがつり橋になり。自然発生的な橋が起源となって人工の橋が生まれたものと想像されている。
 古代メソポタミアには石のアーチ橋があったとされるし、古代中国にはつり橋があったと伝わっている。橋の歴史がひとつの頂点に達したのは、おそらくはローマ帝国時代。石造アーチの水道橋の美しさ、頑強さ。そういえばローマ教皇は正式名でPontifex maximusというけれど、Pontifexとは橋をかける人の意。古代ローマにおいて、いかに橋が重要な位置を占めていたかがしのばれる。
 桁橋やつり橋だけではなく、浮橋やアーチ橋など、橋にはさまざまな構造があり、それぞれが美しい。本州と四国をつなぐ連絡橋は、斜張橋、つり橋、アーチ橋、桁橋、トラス橋など場所に応じて各種のタイプが見られることでも有名だ。
 この場所から、流れの向こうのあの場所へ。生きている中で、人はいつも、小さな橋をかけつづけているのではあるのだろう。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“明日に架ける橋”
Avatar
小橋

橋については、「橋のかたち」「橋の日」「小さな橋の博物館」などが参考になります。本四架橋については「倉敷市瀬戸大橋架橋記念館」「本州四国連絡橋公団」などを。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 民具。ぼくたちが生活の必要から製作したり使用したりしている品々のことをいう。衣食住に使うものから仕事に使うもの、儀礼に関するものなど、その幅は広い。 身近なものだけに見過ごされがちだけれど、時代を経るとその身近なものが忘れ去られてしまうことは多い。後世から見ると何に使ったかわからないものも。 たとえば片手を広げたくらいの四角い布に紐が二本ついたもの。「めすだれ」という。眼のすだれ、つまり今のサングラス。あるいは生活必需品だった「捨て木」。単なる棒切れだけれど、かつてはこれで用便後の始末をしていた。マリー・アントワネットがいまの規格を広めたといわれるハンカチーフ。米国ではティッシュの登場以後、使われることが少なくなっている。このぶんではハンカチもまた遺物になるかもしれない。 学生時代から民具の収集を趣味とし、日本の民族学の父ともいわれるのが渋沢敬三。友人たちと集めた収集品を屋根裏部屋に保存していたところから「アチック・ミューゼアム」と名づけられたそのコレクションは、後に国立民族博物館誕生の礎ともなっている。 じつは渋沢は日銀総裁や蔵相もつとめた財界人。しかし、当時最先端で高価な技術だったX線でわら草履を調べて編み方の違いを発見するなど、おおくの私財を研究に捧げもし、生活への視点、学術への興味をたいせつにしていた。 ただ経済人というだけではなく、文化人でもあるということ。ぼくたちは、それぞれのアチックを持っているだろうか。

前の記事

 過ぎ去った日は二度と手には入らない。だから人は想像したり検証したりしてその日のことを思い巡らす。 イエス・キリストの顔を「科学的」に再現したのはマンチェスター大学のリチャード・ニーブ氏。エルサレムで発掘された1世紀のユダヤ人の墳墓から被埋葬者グループの中でもっとも代表的な頭骨を選んで復元したというから、個人の復元にはならないけれど、想像の助けにはなりそうだ。縮れた頭髪やひげはイラク北部の1世紀から3世紀のフレスコ画に描かれた顔を参考にしている。もっとも特徴的なのは顔色で、当時の天候から割り出したそれは色黒。 過去のことといえば、200年前から米国で論争が続いているのが、第3代大統領トマス・ジェファーソンが黒人女性奴隷サリー・ヘミングスに子どもを生ませていたという風説。1998年にDNA鑑定が行われ、その子孫と彼の嫡流のそれが一致したとあって、まずは事実と認められたかに思えた。ところが、つい最近も専門家グループが600ページ近い報告書を発表して、当時の記録からして父親は屋敷を訪れていた弟のランドルフの確率が高いとした。この問題、ただ単に歴史的事実に関する論争としての枠を超えて、人種問題にもかかわっている。報告書の分厚さが、その複雑さを表しているような気がしないでもない。 ときには顔のつくり。ときにはしとねの相手。追求されるほうもたいへん。まあ、のこしたものの大きさと比べればささいなこと、せいぜいお楽しみを、と笑っている気もするけれど。

次の記事