ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

Googleがとらえた決定的風景・瞬間

2007年8月04日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

PC World – In Pictures: The Strangest Sights in Google Earth
With its detailed satellite photos, Google’s interactive map lets everyone be a virtual globetrotter. And some of the things we’ve found in our travels are downright bizarre.
偶然の一瞬もあるし、狙った絵もある。衛星からの視点を意識する時代、なのかどうか。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Comments are closed.

Evolution and Human Behavior
Father?daughter relationship as a moderator of sexual imprinting: a facialmetric study
自らの理想というのは、自分自身の能動的な態度を通して作られるって言うことですね。受動的に得る情報からだけではなく。

前の記事

Bob McMurray: Defusing the Childhood Vocabulary Explosion
In a sense, the vocabulary explosion is not to be found in the genes or in the environment. If anything it arises out of the mathematics of learning, and out of a more unified idea, the organism/environment complex.
1歳を過ぎた頃から幼児は言葉を急激に覚えだす。なにかのメカニズムがあると考えられてきたが、単語の文中での出現度を示す単純なグラフ(ベルカーブ)で説明ができるのではと。
つまり、簡単な単語や難しい単語はあまり使われない。一方、通常の単語は何度も利用される。幼児は何度も単語を耳にすることで覚える。単語の頻出度順に幼児が覚えるとすると、ベル・カーブに添って、ある時点から急に単語数が上昇する。
てことは、たくさん話しかけてあげることで、言葉もよく身につくということ。

次の記事