ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

夜の白い家

2001年4月06日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 フィンセント・ファン・ゴッホの作品に『夜の白い家』という絵がある。最後の数カ月を過ごしたパリ郊外のオーベール・シュル・オワーズの風景を描いたもの。赤い屋根の白い家、その右上にひときわ明るく輝く黄色い星。
 この絵の描かれたのが1890年の6月16日、午後7時から8時の間だったことを、米サウスウエスト・テキサス州立大のドナルド・オルソン教授らのグループが明らかにした(朝日3月12日)。人口約5000人というこの町の家々を一軒ずつ訪ねて「白い家」を特定、当時の夜空から黄色い星が金星であることを割り出し、当日が晴れていたことも確かめたもの。
 精神を病んでいたゴッホも、オーベールに移って安定をとりもどし、1日1点という旺盛な創作意欲をみせていたころ。拳銃で自分の腹を撃ち人生を終える、1カ月あまり前の絵ということになる。
『ひまわり』など、量感あふれる色彩で知られる彼の絵。ぼくにとって印象的なのは、『星月夜』や『夜のカフェテラス』など、ときに同心円を何重にも伴うような、ぎらぎら輝く星だ。
 生涯、絵はまったくといっていいほど売れず、情熱や自信をなくしミレーや浮世絵を模写したりもしていた彼。金星の輝きに、彼がなにを見ようとしたのかは知らない。100年あまり前の6月の晴れた日、彼は確かにオーベールにいて、絵筆をとっていた。37歳。ふと気づけば、ぼくもその年齢までほどないのである。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“夜の白い家”
Avatar
小橋

ゴッホについては、「ファン・ゴッホ美術館」と「Vincent van Gogh Gallery」が必読。「ゴッホの生涯」「ゴッホ展」もよいです。また、「夜の白い家(The White House at Night)」の絵は、「WebMuseumのコーナー」で見ることができます。絵に描かれた星から年号を特定する話題としては、「星の王子さまの星空」というのもありました。


Avatar
小橋

今日の没ネタ。舞妓が修行を積み一人前になったのが芸妓(日経3月11日)。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 遠足の前の日、200円を手に友だちと連れだって学校近くの駄菓子屋へ。上限とされるその金額以内で、どんなお菓子を揃えるかが楽しみだった。 人間の遺伝子の数がおよそ3万個と、これまでの10万個という予想より少ないことが話題になったのが2月のこと。10万個というのは体内で働くたんぱく質の数で、これまでは一個の遺伝子が一個のたんぱく質を作ると考えられていたのが覆された形。ひとつの遺伝子から複数のたんぱく質をやりくりしていたわけだ。 ショウジョウバエの遺伝子数が約1万4000なので、おれたちはハエの倍しかないんだよな、なんて酒場で語り合った人も多かったんじゃないだろうか。大腸菌が4300、その10倍もない。いや、それをいうなら、マウスは人間と同じくらいの遺伝子数を持つし、フグだってそうだ。 農業生物資源研究所などの研究チームが、イネゲノムの解読に取り組んでいる。最近明らかになった、12本ある染色体のうち第1染色体の遺伝子数は、約7000という。イネ全体に単純換算すると6万から7万個(日経3月29日)。この調子なら、人間よりイネの遺伝子のほうが多いことになりそうだ。 ぼくたちより多くの遺伝子を持ったいのちが田ですくすくと育っている、というのはなんだか愉快。その間をゆく昆虫や水の中の魚たちも、それほどきょくたんに遺伝子数が変わるはずもなく、つまりはみんな同じ仲間。 リュックから自分たちが選んだお菓子を取り出し自慢しあう遠足のひととき。上限が2000円と言われていたら、あの楽しさはなかったろうな。数じゃないんだ、たいせつなのは。

前の記事

 字形からいえば、二枚扉の上に横木を掛け渡したのが門。一枚扉の「戸」と区別されてきたわけだが、屋外に独立して建つのを門、建物の出入り口を戸、という使い分けもあって、現代の日本における用法はそれを伝えている。 門はもちろん西洋にもあって、ふたつの塔の間に扉口を設ける古代エジプトの塔門や、同様の基本形式をとる古代メソポタミアや古代ギリシアの「都市門」などが知られている。古代ローマで好んでつくられた凱旋門などは別にして、門の多くは防備を目的としたものだった。大砲の登場で門による防御が意味をなさなくなって以降、宮殿や邸宅には、風圧の影響を受けにくい鉄格子扉が多数見られるようになる。 日本に見られる門は、中国からの流れを受け継ぐもの。屏中門、唐 (から) 門、上土門、四脚門、長屋門など、形式によってさまざまな名前がついている。ただ門としての機能を追及するだけではなく、門を持つ建物を表象しようとしたためでもあっただろう。 イタリア・ウフィッツィ美術館「都市門」の着工が正式に決まった(朝日3月13日)。設計者は磯崎新氏。このところ海外での作品には「ゲート」をモチーフにしたものが続く。中心喪失の都市が無限に広がる今、都市を象徴するゲートが必要だと氏は語る。 外と内を隔てる門じゃなく、自分を表象するものとしての門。インターネットでつながれた世界は境界を無くしていくけれど、それは自分を無くすということではない。どこを見回しても同じような平板な風景が続くなんて、殺伐としている。現代の都市門は、そんなことを問いかけてもいる。

次の記事