ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

病院のPCのキーボードには細菌がいる

2006年5月17日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

First, the researchers took samples from 25 computer keyboards at various locations inside UNC Hospitals and tested the samples for bacterial contamination. They found that each keyboard was contaminated with at least two types of bacteria. In particular, every keyboard tested positive for coagulase-negative staphylococci or CoNS, which is a major cause of bloodstream infections in hospitalized patients. In addition, 13 other types of bacteria were found, with the most common, after CoNS, being diphtheroids (found on 20 computers, or 80 percent), Micrococcus species (72 percent) and Bacillus species (64 percent).

ちゃんと拭けば、いいみたいです。どんな方法でも。
ところで、ぼくたちが使っているキーボードについては、昔AOLが調査してました。2000年。ネットバブルの頃ですね、懐かしい。その後の変遷にも関わらずニュースソースをしっかり残してくれていて感激していたりもしていますが。

Corn Flakes 15% Boiled sweet 15% Noodles 7% Vegetable piece 4% Leaf 1% Pencil lead/shavings 1% Staple 1% Finger nail <1% Tape/plastic <1% Insect <1% More follows... Foil <1% Hair <1% Unidentified particles resembling aerated cereal grains, biscuit crumbs, bread crumbs, pastry flakes and chocolate/sweet crumbs* 56% *This remaining 1.06g (56%) comprised of featureless particles and dusts that were unidentifiable by eye.

過半数は目に見えないゴミ。これってロングテール?(笑

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Comments are closed.

ITmedia エンタープライズ:乱数のタネの新しい生成法広く知られているように、コンピュータだけでは真の乱数を発生させることはできない。だから、ソフトウェアで乱数が必要なときは、代わりに疑似乱数を使うのが一般的だ。
面白いことに、Googleを利用すると、人間が直接かかわらない方法で乱数を発生させることができる。
というか、コンピュータで真の乱数を発生できないって知らなかったぁ。Googleの検索結果のページの語数を利用する。

前の記事

ScienCentral Video News: A Mother’s Touch
New research reveals that a mother’s touch early in life could trigger a child’s future mothering skills. Columbia University neurobiologist Frances Champagne says that previous research across species showed that maternal behaviors are passed down from mother to daughter.
幼児期に与えられた経験が、自分が母親になったときに影響するというのはわかる。
このニュースのおもしろいところは、母親の愛情不足が内分泌に影響を与え、「愛のホルモン」として知られるエストロゲンやオキシトシンの生成をつかさどるDNAの発現を妨げるというところ。
エピジェネティックってことになるか。
・ジャンクの風景 [04.03.25]

次の記事