ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

がらくたDNA

2001年3月28日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 遺伝は何らかの独立した因子で規定されるという概念を確立したのはメンデル。彼の研究は生前ほとんど注目されることはなかった。進化論で知られるダーウィンも同時代の人で、純種同士の受精による繁殖で生まれるのは、完全な融合物ではなく別個の固体の混じりあいではないか、という考えを抱きもしたようだけれど、その答えが書かれているメンデルの論文に気づくことはなかった。
 メンデルの研究が知られるようになったのは20世紀に入ってからで、遺伝子という名前も20世紀の初頭につけられた。その後、遺伝子は染色体の中に含まれているということがわかってきて、染色体を構成するデオキシリボ核酸(DNA)とたんぱく質のうち、DNAがその本体だとわかる。ちなみに、最近よく聞く「ゲノム」という言葉は、生物の持つ遺伝情報全体を意味するもので、ヒトの場合だと23対の染色体におさめられているということになる。
 遺伝子にはたんぱく質の設計図になるエクソンと、途中で削られるイントロンがある。エクソンはヒトゲノム全体の1.5%(朝日2月28日)。残りのほとんどは「がらくたDNA」だという。ただ、がらくただからといって役立たないかというとそういうわけではなく、東京工業大学の岡田典弘教授は「進化の多様性を生み出す原動力のひとつ」と指摘している。
 設計図も、がらくたもあってヒトゲノム。ぼくたちに続く生命40億年の歴史は、効率ばかりじゃ語れない。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“がらくたDNA”
Avatar
小橋

遺伝子関連。「日本DNAデータバンク」「国立遺伝学研究所」「ゲノムネットWWWサーバー」などの定番からまずはチェック。がらくたDNAのはたらきについて研究している岡田典弘教授関係では、横浜市の「木原記念財団学術賞」「分子進化学講座」をどうぞ。また、「脊索動物ゲノムの倍数化と多様化の分子機構」も。ほか、「The designer of lives」などもいかがでしょうか。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 大手メーカーから二足歩行ロボットが発表され、スムーズに歩いたり踊ったりして驚かせてくれたのはつい最近のこと。 ロボットの歩行理論の基礎は、旧ユーゴの研究者、ブコブラトビッチが1980年ごろまでに完成させたと言われている(朝日2月23日)。ZMP(Zero Moment Point)という概念がそれ。足の裏のどこに力をこめているか、という考え方で、その変化に応じて足と床の接触のしかたも変わる。その規範をふまえることが、安定性の高い歩行につながる。最新のロボットにもこの概念は使われている。 安定性というと誤解が生じるかもしれない。人間の歩行は、体の重心からおろした垂線が足で支えている範囲に入っている、という意味での安定性はない。そうした安定性を保つ歩き方を静歩行というけれど、人間がそれをするとかなり不自然な歩き方になる。足が小さすぎるのだ。 人間が自然に歩くとき、多くの時間、重心は安定する位置からはずれている。重心が外れ、倒れようとするときに足を差し出す、そうした歩き方なのだ。これが動歩行と言われるもの。倒れようとするところを支えるわけだから、差し出した足には地面からかなりの衝撃を受ける。バランスだけではなく、この衝撃の吸収も、二足歩行ロボットの重要な課題のひとつとなっている。 一歩一歩、倒れながら歩くぼくたち。安定を求めていては、ぼくたちは今のように前進することはなかった。

前の記事

 18世紀フランスの思想家、ジャン・ジャック・ルソー。『社会契約論』などの政治的著作でも、『告白録』などの文学的著作でも知られており、フランス語圏以外では日本でことに人気が高い。 代表作のひとつ『エミール』はどちらの系列とも言いがたい作品だけれど、その中に「よく注意して青年を見張っているがいい」に始まる一節がある。昼も夜もひとりにさせないなど、彼を「危険な補い」から守るための心得。自己の中の欲望とそれを監視する他者の視線。両者の葛藤をテーマとしていた彼は、その行為に反対する立場だった。 その行為の別の名が、バイブルからとられていることはご存知だろうか。旧約聖書の創世記第38章、ユダの子オナンの物語。かくも本質的な問題とされつつ、研究の対象になることはこれまで少なかった。 とはいえ、ルソーが絶賛したスイス人医師の著作『オナニスム』が刊行されたのが1758年。けっして無視されていたわけでもない。ただ、ことに19世紀、ヴィクトリア時代のピューリタニズムを背景にした論調などは、その行為をきびしく糾弾するもの(朝日3月3日)。 当時と比べて、現代はずいぶん明るくなった。偏見がはずれ、正しい知識が広がるのは歓迎。とはいえ、あまりにあっけらかんと語られてしまうと、さて、ルソーがおそれた「他者の視線」はどうなったのかと疑問を抱かないでもない。欲望ばかりでしあわせがあるはずもなく。 葛藤の克服と自己の統一を探求し、その外部化として統一された社会のあり方までも追求したルソー。「人間は幸福であるために生まれてきた」。彼の言葉である。

次の記事