ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

混一疆理図

2001年3月21日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 混一疆理(こんいつきょうり)歴代国都之図として知られる古地図がある。元末・明初の中国で作られ、朝鮮使節によって編集しなおされたとされる世界地図(日経2月18日)。当時の中央アジアの視点からの世界図だ。
 龍谷大学図書館所蔵のこの図は、日本が九州を北にして90度傾いた南北に長い国として描かれており、邪馬台国論争で取り上げられることも多い。しかし島原市の本光寺に、こちらは混一彊理歴代国都地図と呼ばれるほぼ同一の地図があって、そこに描かれた日本は通常の向きだ。
 注目したいのは、日本の向きよりもむしろ、西の方。どちらの地図でも、ヨーロッパは地中海を持ったものとして描かれているし、アフリカは南が海に囲まれたものとして描かれている。ヨーロッパの人たちが喜望峰を知るのは15世紀末のこと。地図は、それより100年は古い。
 西洋が大航海時代を経て「世界」に乗り出す以前に、内陸に巨大な国家を築き、世界を視野に入れていたモンゴルの遊牧民たち。その触手は当時、日本にも伸びた。1274年と81年の「元寇」、神風の言葉を生んだモンゴル襲来だ。
 世界史を学んでいると四大文明から発しそれらが変遷するとでもいった歴史になってしまうし、日本史を学んでいると元寇の背景にある巨大な国家は見えてこない。あとひと息、視点を広げて眺めることの大切さ。そんなことを、ふたつの「混一疆理図」が教えてくれる。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“混一疆理図”
Avatar
小橋

混一疆理歴代国都之図については龍谷大学の「図書館の貴重書」でみることができます。一方、混一彊理歴代国都地図の方は「古地図・絵図」でどうぞ。これら地図とモンゴルについては『世界史を変貌させたモンゴル』(杉山正明著、角川書店)に詳しいです。その著者インタビュー「モンゴル帝国の盛衰”世界を変えた遊牧民」はおすすめ。「モンゴル国大使館」もどうぞ。


Avatar
tont

地図と言うものは不思議な位
私個人の風景を規定します
ランドサット画像で細かなところまで知ることが出来る
にも関わらず
私個人の時間軸にある地図は微妙にずれます。
南半球で購入したした地図は南極が上でした
それを観たとき。
太平洋の最北、東アジアの口に日本があり、妙な感覚に
なったことを覚えております。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 東京大学の原島博教授の研究室で、平均顔を作成するツールを開発、公開している。いろいろな人の顔写真を準備して実行すれば、それぞれの目や鼻や口といった部位の大きさや位置関係などを数値化し、平均値を算出して「平均顔」が作られる。 研究室では、実際に職業別に作った平均顔を公開している(日経2月18日)。銀行員やプロレスラー、政治家など。銀行員はまじめで実直そう、プロレスラーは太い眉ににらみつけるような視線、政治家は眼鏡の奥の表情に乏しいとろんとした目と、それぞれの職業の典型的な顔になっているのがおもしろい。 会社を辞めて独立したとたん「いい顔」になった知人の例は少なくない。長続きしているカップルは、血が通っていないはずなのに顔立ちが似ている。ペットと似た飼い主というのも珍しくない。いや失礼、ペットが飼い主に似たのかもしれないけれど。 ともあれ、こう考えると、たまたま特徴のある顔をした人がその職業を選ぶというよりは、職業が顔を作っているのだろう。4月になって新入社員が会社に迎えられる季節、研修もさまざまに行われるけれど、そうして「職にあった顔」が大量生産されていくわけで。 毎朝鏡を見て、自分が「いい顔」をしているかどうか確認する。化粧でごまかすのじゃなく、いい顔をしようと努力してみる。そのことが、日々少しずつ何かの型にはまってしまう自分を押しとどめ、理想の自分に向かわせていく、そんな気がする。

前の記事

 オハイオ州立大のグループが、米科学振興協会の総会で、アフリカ最高峰キリマンジャロの雪が15年後には無くなるという予測を発表した。温暖化の影響によるものだ(朝日2月19日)。同じ影響はチベット高原やペルーのアンデス山脈の氷河や冠雪にも現れるという。氷河の後退などが起こると、太陽光を吸収しやすくなるため、気候もおおきく変動する。 地球温暖化の影響については、各国の科学者らが構成するIPCCの作業部会でも、2100年までに世界の海面水位は9センチから88センチ上昇するとしている。仮に50センチ上昇すると、日本では1412平方キロメートルが海面下に沈み、290万人が移住を余儀なくされることになるとか。 世の中は広がっていくものだと単純に信じていた高校生の頃、ネビル・シュートの『渚にて』を読んで衝撃を受けたのを思い出す。映画もリメイクされたのでご存知の方も多いだろう、核戦争後、迫る放射能を逃れオーストラリアに生きる人々。世界は狭くなるのだ、という気づき。そういう視点で周囲を眺めると、一大事のように思えていた大学受験がなんだかちっぽけに思え、だけどそんななにげない毎日がいとおしく、明日滅びるかもしれないのなら今をせいぜいしっかりやるか、なんて思ったりした。 発展するばかりが文明じゃないし、拡大するばかりが経済じゃない。温暖化の世に、若い日の青臭い決意を思い出しつつ、その青臭さも悪くないな、なんて世の中を眺めている。

次の記事