ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

クジラ、海へ

2005年2月10日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 クジラの祖先パキケタスは、今から5000万年ほど前に登場している。狼のような姿で、クジラとは似つかない。それでも祖先と考えられるのは、耳の構造が似ているからだ。クジラは、下あごで水中の超音波を受け取り、耳骨に伝える。いわゆる骨伝導と考えればいい。これはクジラ類だけの特徴で、パキケタスも、同じ仕組みを持っている。
 もっとも、パキケタスが生きていたのは陸上だ。地面に下あごをつけ、地中を伝わる音を聞いていたと考えられている。身を伏せた視線の先には、テチス海の輝きがあったろうか。当時、インド亜大陸はアジア大陸にぶつかる直前。両大陸の間に広がっていた雄大な浅瀬をこう呼んでいる。そこには栄養源となる生物が豊富に棲んでいただろう。それが、パキケタスを海へ誘った。
 その100万年ほど後には、アンブロケタスというワニに似た姿に、そしてさらに200万年から300万年後にはロドケタスという、水棲適応したと考えられる種に進化している。この段階での体長は3メートルほどで、脚も残っていた。今で言えばアシカのように陸上にもあがったと考えられている。身体が流線型になりクジラに似てくるのは、体長18メートルあったというバシロサウルスから。ただ、バシロサウルスにも、小さな後肢が残っている。役立ちそうに思えないのだけれど、交尾のガイドにしていたらしい。
 クジラの後肢は、2700万年前のヒゲクジラでも形跡が認められており、あんがい最近まで残っていた。そういう意味では進化とは一直線に進むものではないのだけれど、驚くのは、パキケタスから水棲に適応したロドケタスまで、わずか400万年ほどしかかかっていないということ。人類もまた、同じくらいの期間を経てきたわけだけれど、さて、それはクジラと比べて有益な数百万年だったかと振り返りもする。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

5 comments to...
“クジラ、海へ”
Avatar
小橋昭彦

過去のコラム「クジラが歩いていたころ [2002.07.01]」もご参考にどうぞ。当時参考にした記事は「日経サイエンス」でしたが、「ニュートン」最新号でもとりあげられていました。

今回のコラムの直接のきっかけは、書籍『水辺で起きた大進化』です。参考書としてどうぞ。水辺での進化といえば、クジラは陸上から水中ですが、逆の水中から陸上へという動きも、前適応とあわせて気になっているので、次回にでも取り上げさせていただきます。


Avatar
得津富男

今回のテーマは私の場合、企業での研究に引き寄せれば進化生物学の分野に分類でき、さらに私のわたしの専門分野では「分子発生生物学」ということが出来そうです。主に「血液に影響する分子振動」を研究し、振動に冠する「記憶能」をプラスチック樹脂に添加して最終製品にどの程度反映させるのことが可能なのかがテーマでした。素材、樹脂の研究という地味なセクションでしたがおなじように基礎研究をされている多くの研究者と知り合えたことが収穫でした。本年7/23に私が住む枚方市へ研究者の一人、九大から高尾征冶さんに講演にお越し願います、追って詳細お知らせします。


Avatar
kiyoto

>逆の水中から陸上へという動きも、前適応とあわせて気になっているので、次回にでも取り上げさせていただきます。
って、哺乳類でしょうか?
それとも一般的な魚→両生類かな?
何れにしてもこの辺大好きです。
楽しみにしてます!!


Avatar
ななし

(カバに近い動物ではなく)ラクダに近い動物からクジラは進化したと色々な本に書かれていた頃、尤もらしく「海は砂漠と同じ様な環境だから…」ウンヌンと説明されていた事を思い出しました。^^

ちょっと話題が違いますが、クジラ繋がりという事で… m(_ _)m

老化はなぜ起こるか?コウモリは老化が遅く、クジラはガンになりにくい
スティーヴン・N. オースタッド (著) Steven N. Austad (原著) 吉田 利子 (翻訳)
http://www.ttbooks.com/view1.cfm?bookID=112

老化について「進化論で説明できるよ」という本です。
サブタイトルの「クジラはガンになりにくい」というのは、

クジラは人に比べ、ずっと大きい(細胞がずっと多い)。もしクジラの細胞が人間の細胞と同じ確率でガン細胞化するのなら、人間よりずっとガンになりやすいはず。でもそんなこと無い。って事は…

って話です。


Avatar
・・・・・

あまりよくわからなかった!メン土井。分長い!うざい




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 人類と文化の関係を考えるとき、転機となる4つの事件があったという。ひとつ目は約250万年前で、猿人から原人へ進化し、脳の大きさが2倍になったとき。人類は剥片石器を使うようになっている。遺伝子調査の結果からは、アゴの筋肉を作る働きが弱くなり、脳が大型化するのを可能にしたのではないかという説が出されている。 二番目は約170万年前で、人間らしいプロポーションを獲得するとともに、ハンドアックスと呼ばれる洗練された石器を使うようになった。三番目は約60万年前で、脳容量が急速に拡大しはじめた時期だ。そして四番目が、5万年前。これ以降文化が爆発的に花開く。5万年前の壁とも、文化のビックバンとも呼ばれる事件だ。 何が文化の曙を生んだのか。脳容量という点では、たとえばネアンデルタールの平均は現生人類より大きく、それが直接文化に結びついたのではない。書籍『5万年前に人類に何が起きたか?』では、遺伝子変異によって言語を操る能力を得たことが原因ではないかと推論している。芸術品に見られる抽象的思考には、言語が欠かせない。 ただし、最近になって発見された遺跡は、5万年前の壁は無かったかもしれないことを示してもいる。たとえば南アフリカのブロンボス洞窟から発掘された、巻貝製のビーズの首飾り。およそ7万5000年前の芸術作品だ。これを作ったのがどんな種の人類だったか、まだわからない。しかしアフリカでは、ホモ・サピエンス・イダルツと名づけられた、16万年前の人骨が見つかっている。ネアンデルタールと違う、現生人類に近い姿。その喉元や脳頭蓋の配置は、言葉を獲得していたとしてもおかしくないという。 5万年前の壁はあったのか。それともぼくたちホモ・サピエンス・サピエンスは、20万年前からゆっくり文化を磨いていたのか。ともあれそこには、この言葉が少なからぬ役割を果たしている。

前の記事

 進化についてよくある思い違いは、意図を組み込んでしまうことではないだろうか。キリンの首は高い木の葉を食べるために長くなった、というような。実際はキリンが自分で遺伝子を操作できるはずも無く、意図的に進化の道を決めることはできない。もっともダーウィン自身、進化論をたてる際に育種家の言葉を参考にしているから、勘違いされても仕方ない面もあるけれど。 外適応、あるいは前適応と呼ばれる現象がある。進化上獲得された形質が、後に別の目的に利用されることだ。水中で音を拾うクジラの耳の仕組みが、地上にいた頃すでに獲得されていたのも前適応の一例。鳥の羽もそうで、もともとは飛ぶためではなく保温などを目的としていた。だからティラノサウルスなどの恐竜にも備わっていたのではないかと最近では考えられ始めている。それが後に飛ぶために外適応した。 肺や脚だってそうだ。水中の酸素濃度が下がった時期があって、それに適応して生まれた肺というシステムが、生物が陸上にあがるときに役立った。そして、敵から逃れるために浅瀬の水草に潜む選択をした生物が、水草をかきわけるために用いたのだろう四肢が、後に大地を踏みしめる脚となる。 脳の進化にもあり得るという。アゴが退化する遺伝子変異が起こったとき、すでに火を使って肉を柔らかくしていた人類には影響なく、その結果脳の拡大を受け入れるスペースができていた。頭蓋は前適応していたのではないかと。言葉もまた、会話したいから持ったのではなく、外敵がなく大声で泣いても心配なくなり、母親への感情表示に産声を出していたのが、後にコミュニケーション用に外適応したのではという見方もある。 こうして見ていくと、多くの重大な転機が、意図と関係なく、外適応によって乗り越えられてきた、そんな思いにとらわれる。次の大きな転機を乗り越える何かをも、すでにぼくたちはこの手にしているのかもしれない。

次の記事