ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

グローバルディミング

2004年9月09日 【コラム

 グローバルディミング、日本語で地球暗黒化と名づけられている。スイスで気候を研究する大村纂(あつむ)教授が1980年代に報告した当時は、誰も気にとめなかった。その後観測結果が積み重ねられ、本当らしいとなった。ここ数十年、地表に届く太陽光は減っている。
 どのくらい減っているかは地域によっても違う。グローバルディミングの名付け親コーエンとスタンヒルによると、1958年から1992年にかけて多いところでは11%に達しているというし、コロンビア大学のリーパートは10年あたり1.3%ずつ減少しているとしている。いずれにせよかなりの速度。原因は、雲や大気汚染、エアロゾルと呼ばれる浮遊物質。ぼくたちは半世紀かけて地球に遮光カーテンをかけてきたわけだ。
 遮光カーテンは、昼間の太陽を暗くする一方で、夜間は星々を隠している。加えて、地上からはネオンサインや各家の灯り、街頭などの光が漏れて大気のカーテンに反射する。いわゆる光害と呼ばれる現象で、これが星々をいっそう見えづらくする。環境省が全国に呼びかけて行っているスターウォッチング・ネットワークの結果でも、この20年来見える星の数は減少傾向だ。
 夜間の明かりを映す宇宙からの眼がある。DMSPと呼ばれる気象衛星だ。アジア経済危機のあとで発展途上地域からの光が弱まったといった報告もあるが、総じて世界各地で夜間に明るい地域が広がっている。日本では夏至の日に電灯を消す「100万人のキャンドルナイト」というイベントが行われ、その結果をこの衛星画像で確認してもいる。
 停電となった台風の夜。ろうそくを灯し、食事を続ける。わあ、暗い。はしゃぐ子どもの瞳に炎がゆらめいて、いっそう輝いて見える。こんな田舎でも、今年から防犯灯が数本追加設置され、センサー照明をつける家も増えた。この時代、太陽光以上に失われつつあるのは、ぼくたちの心のあかりなのだろう。そんなことを感じている。


9 comments to...
“グローバルディミング”
Avatar
小橋昭彦

スイス国立工科大「大村纂教授のページ」。グローバルディミングについては、「Shabtai Cohen」らによる「Global dimming」などをどうぞ。英語ですが、特集記事「The Darkening Earth」「Goodbye sunshine」「Earth takes a dark slide」などが詳しいです。また「Beate G. Liepert」らの「Could Global Warming Mean Less Sunshine and Less Rainfall?」といったニュースリリースどうぞ。

スターウォッチング・ネットワーク」から最近のウォッチングの結果をどうぞ。「光害対策ガイドライン」も参考にしてください。また「ダークスカイ協会」というのもあります。で、イベント「1000000人のキャンドルナイト」に参加するもよし。

DMSP衛星」を利用したデータは、「DMSP衛星によるNighttime Lights of the Worldデータ」から詳細情報が手に入りますが、さまざまに利用されています。「The night sky in the World」プロジェクトもいいですし、リアルタイムに見ることのできる「Earth View」なんてのもあるし、その応用「The Night Sky Live」も。個別調査例としては「Lighting Up the Ecosphere」「夜の地球表面に描かれたアジア地域の経済活動」「夜間光衛星画像データDMSPによるアジアの地域別経済活動強度推定」などなどなど。


Avatar
やまむら

台風で被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。
私の住んでいる所も、高潮と停電に見舞われました。
停電の夜、暗さに慣れると部屋の中より外の方が明るい事に驚きました。雲をかぶった月以外灯りなど無いのに。
星空が見えなくなったのは、私達が空を曇らせただけではなくて、自然のままのあり方を見る心と目まで曇らせているのかもしれませんね。


Avatar
樋口健夫

いつもながらに、ユニークな話に感心しています。今回のディミングには、驚きました。温暖化現象と太陽光の遮蔽が組み合わされると、一体どのような異常な気象が起こるのか、本当に心配ですね。
ありがとうございます。一度、お会いしたいと思っています。よろしく。


Avatar
小笠原

GLOBAL DIMMINGという言葉をはじめて知りました。
ところで、地球の温暖化などと言えるうちはまだいいほうで、炭酸ガス濃度が4%を超えると人間は生存できなくなるだろう、と聞いたことがあります。(実験はできませんから分かりませんが)しかもそれは2”300年後ということでした。
この頃になると、太陽光は26”39%少なくなるということになります。
本当だとすれば恐ろしいことです。


Avatar
長尾文雄

いつも楽しみにしています。台風に震え、地震におびえ、温暖化や今回の地球暗黒化の現象に、ヒトという種が地球に与えたダメージの大きさを思うと、心がい痛みます。といいながら、PCやクーラーを離せない生活をしている自分のあり方を問わなければなりませんね。


Avatar
布施

私もGLOBAL DIMMINGという言葉を初めて聞きました。
これまでは、オゾン層の破壊により、紫外線(太陽光の1つ)は増えているとばかり思っていました。遮光カーテンは、紫外線は通してしまうのでしょうか・・・。有害な紫外線は増え、有益なその他の光を含む太陽光全体が減っているとしたら・・・子供の将来を真面目に案じなくてはいけませんね。


Avatar
小橋昭彦

はい、GLOBAL DIMMINGという言葉を日本で最初期に使ったコラムになったかも(笑。

それが地球温暖化にもたらす影響は、複雑すぎてまだわかっていません。また、農業にもたらす影響もいろいろで、生育が悪くなる植物もあれば、そうでないものもあります。今後の研究が待たれるところだとか。

心の目まで曇るっていう表現はすてきですね。まさに、そうならないよう、心を磨かなくては。

樋口さま、こんど上京する際には連絡させていただきます。(すみません、私信モード)


Avatar
大村 粛

私の兄、纂は「あつむ」と読みます。


Avatar
小橋昭彦

大村さん、失礼しました。紹介している英文サイトでもAtsumuとなっているのに、うっかりでした。修正いたしました。
偶然ですが、うちの父の名も「あつむ」です(文字は違います)。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

Battle of the Bubbles May Have Sparked Evolution
The first survival-of-the-fittest competition was likely a physical duel between fatty bubbles stuffed with genetic material, researchers from the Howard Hughes Medical Institute are proposing. The scientists suggest that genetic material that replicated quickly may have been all the bubbles needed to edge out their competitors and begin […]

前の記事

 ずっと気になっていながら、どう書けばいいか見えなかったテーマが、今回書こうとしている「無い」だ。学生時代に陽電子は「無い」の別表現と知って以来だから、ずいぶん長い話になる。 物理学者のディラックは、真空は何も無い状態ではなく、負のエネルギーを帯びた電子がぎっしりつまった状態だと考えた。「ディラックの海」という名前で知られている。この海に充分なエネルギーを与えれば、負の電子は正のエネルギーをもって飛び出す。このとき、ディラックの海には飛び出した電子ひとつ分の空孔があく。ぼくたちは負のエネルギーを観測することはできないけれど、この空孔は観測できる。負の電子とまったく反対の性質を持つ「陽電子」として。 空孔理論とも呼ばれるこの考え方に、ぼくは空白の魅力を知った。ぼくたちはふだん実体のあるものだけを見てしまうのに、ディラックの海では空白に意味が生まれる。陽電子を説明した入門書には、人間が係長から課長、部長へ昇進すると見るのではなく、ポストという空席が部長から課長、係長へ下がっていくと考えることもできるとあった記憶がある。 飛行機は揚力によって浮かぶ。揚力は、翼を持ち上げる力ではなく、翼の上面にできる負の圧力が翼を吸い上げる力と考えた方がいい。翼の上面の方が空気が速く進み、圧力が低下するのだ。これもまた、無いことの方に意味があるといえないか。同様に、子どもと絵本『かぜはどこへいくの』を読みながら、この問いかけはロマンティックでありつつ科学的かも、と思ってもいた。温められた空気が上昇して気圧が低下する、そこに空気が流れ込むのが風。ぼくたちはつい「風はどこから」と考えてしまうけれど、生まれるのは風ではなく気圧低下なのだ。 ふと気づく。「無い」というテーマを引きずっていたのも、そこに何かを付け足して生み出そうと考えすぎたせいではなかったか。求めるもの、足りないものがあることを楽しむなら、自らが風となることもできたはず。

次の記事