ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

チンパンジーでもあくびはうつる

2004年7月22日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

New Scientist
Yawning is catching in chimps

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Comments are closed.

 暑い日の一杯のビールは美味しい。ビールは、喉にある水を感じる神経を普通の水より刺激する。喉が渇いたときのビールが格別なのはこれが理由。もっとも苦味を美味しく感じるのはヒトならばこそで、本来は毒物の信号として避けるのが無難だ。その意味では酸味も腐敗を示すもの。すっぱいと顔がくしゃくしゃになるのは、原始時代、これは酸っぱいから食べるなと表情で仲間に示すことができた集団ほど生き残れた名残ともいう。 うま味と甘味は進化の初期段階では区別されていなかった。味覚は進化とともに複雑化したわけで、ヒトはひときわ味を楽しむ生物といえる。ただ、味を感じるセンサーの数についていえば、ヒトの舌にある味蕾が約5000個に対してナマズは体表面だけで17万個以上、桁が違う。ぼくたちにナマズほど味蕾が備わっていたら、入浴や水泳のときにどんな思い、というか味わいがするだろう。想像すると、なんだかぞくぞくしてしまう。 嗅覚は味覚の受容器の一部が変わったともいう。生物が水中から陸上に進化したなら、味覚だけでよかった状態から嗅覚も必要になる道理だ。子どもの歯磨き粉などの「イチゴ味」「バナナ味」も、味というより匂いが「イチゴ味」を生んでいる。鼻づまりのときには味がしない。 ちなみに辛さというのは味ではなくある種の痛み刺激。唐辛子の辛さであるカプサイシンを口にしたときにはたらく受容体は、温熱刺激を与えたときにも活性化する。辛さはまさに「hot」で、英語は適切というか、みもふたもないというか。日本語の味に関する表現は、「ヒリヒリ」「ピリッ」といった擬態語のほか、「サクサク」「シャキシャキ」など擬音語による形容もゆたか。舌だけではなく、匂いや見た目はもちろん、耳も澄ませて味わってきたということだろう。近年のにぎやかな環境では、いかに舌を鍛えようと、美味しさが半減する気がしないでもない。

前の記事

ET first contact ‘within 20 years’

次の記事