ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

あごから進化

2004年3月30日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 チンパンジーとヒトは、DNAレベルではほとんど違わない。進化するというと何か新しいことが加わったと考えがちだけれど、むしろDNAが失われたことこそ、ヒトへのきっかけとなったのではないかという説も有力だ。その観点から注目されるのが、米ペンシルベニア大などの研究チームの発表。
 それによると、現代人への進化は、MYH16と名づけられた遺伝子に起きた突然変異がきっかけだったのではないかという。アフリカや南米、日本など、世界各国のヒトを調べたところ、共通してこの遺伝子が壊れて機能しなくなっていた。一方、チンパンジーなどヒト以外の七種の霊長類では、MYH16は正常に機能していた。この変異がいつ頃起きたかを調べると、およそ240万年前。現代人に近い特徴を持ったホモエレクトスが出現する少し前と、時期的に一致する。
 この遺伝子MYH16は、あごの筋肉の形成に重要な役割を果たしているという。つまりヒトは、MYH16が壊れたことでアゴの筋肉が退化、かわって頭蓋骨が大きくなり、脳をおさめる空間が出来て、今のように知性を発達させたのだと。
 何かを失うことで、別の可能性が生まれる。このことを、ぼくたちはつい忘れがちになる。進化とはそういうものではないのでこうした仮定には意味がないのだけれど、仮に240万年前、アゴの筋肉を失うかどうかという選択をしなくてはいけなかったら、どちらを選んだかと思う。アゴが弱くなることは、食べるという生存の基本行為で弱点を持つことになる。その選択を、しただろうかと。
 この論文は、発表号の科学誌のカバーストーリーになっていて、見出しには「脳対筋肉」とあった。英語ならbrain対brawnとごろがいい。240万年前、ヒトはbrainを選択し、現代に至る道筋を得た。いま、世界はどうだろう。240万年前と違ってbrawnに頼ることが多いような、そんな気がしないでもない。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

4 comments to...
“あごから進化”
Avatar
小橋昭彦

この「Hansell H. Stedman」による論文「Myosin gene mutation correlates with anatomical changes in the human lineage」ですが、コラムで触れたとおり「Brain versus brawn: Myosin mutant” s moment in human evolution」とNature誌のカバーストーリーになっています。「Bite makes way for brain」もわかりやすく解説。


Avatar
小橋昭彦

なお、文中「進化とはそういうものではない」の主旨ですが、進化というのは、突然変異で多様な形態が生まれ、環境の中で結果としてある種や形態が生き残る、というもので、環境が先にあって、生命が主体的に突然変異を選択をするというものではないという意味です。

ですから、正確にいえば「240万年前、ヒトはbrainを選択し、現代に至る道筋を得た。」という文章も間違いということになります。


Avatar
松本秀人

“あごの筋肉が退化”したから、1)火を使ってモノを柔らかくして食べざるを得なくなった(火の使用)、2)喉頭内が変化して、発音ができるようになった(言葉の使用)、3)“噛みつく”という武器を捨てて逃走せざるを得なくなった(直立歩行の推進)、ということなども想像したりします。

それにしても、「最近の食べ物は柔らかいものばかりなので、子供達のあごの発達が衰えてる」って、そもそも順序が逆だったのでしょうかね。面白いですね。


Avatar
fair

最近の若い女性などに多い顎関節症は、顎が小さくなりより進化したってことですかね?私も数年に1回位のペースで発症するのですが(歯ぎしりが原因だそうで、マウスピースを作りました)、これが歯痛ではなく、顎が痛いと判明するまでは何度も歯医者に行っては「何ともなっていませんが」と帰されました。重症の時は頭まで痛くなり、「顎とこめかみはつながっている」と実感します。
ところで、旧約聖書の「失楽園」で、禁断の実を食べたアダムとイブが知識を得、神にエデンの園を追い出される時に「女の出産の苦しみを大きくする」と言われる部分があります。これは頭蓋骨が大きくなっったので人間の出産が大変になったと示唆しているように思えてしまうのですが。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 クローンという言葉を、ぼくたちはそっくりという日常語としてしばしば使う。でも、たとえば猫のクローンは親と同じ模様になるわけではない。生命は、設計図である「遺伝子」だけでは決まらないのだ。遺伝子とは、狭義には、DNAのうち、たんぱく質のアミノ酸配列情報を記したものを指す。ところが、ヒトの染色体DNAの98%以上は、たんぱく質情報を持たない、ジャンクDNAが占めている。 生命を設計しないからくずと呼ばれてきたわけだけれど、同じ遺伝子の猫の模様が違うなら、これらジャンクとされてきた部分にも、たいせつな情報があるのではないか。そんなことが最近わかってきて、遺伝子外のという意味の「エピジェネティック」な要素が注目されてきているという。たとえばシロイヌナズナの葉の形は、マイクロRNAの作用を妨害するだけで、違う形になる。 ただ、遺伝子を受け継いだ子孫が、おおむね似てくるのは事実。その理由を説明するのに、英国の遺伝学者が「エピジェネティック・ランドスケープ」という概念を提唱していて、おもしろい。谷間を転がるボールを思い描いてほしい。谷間を右へ、左へ揺れるけれど、おおむね谷に沿って転がり落ちていく。ところが、ある地点でたまたま尾根の分かれ目があると、それまでの揺れに応じて左右どちらかに分かれ、それ以降はまったく違う谷間を転がることになる。そのようにして、ふだんは遺伝子情報に添っておおむね同じ形をとりながら、あるとききっぱり分かれてしまう、それがエピジェネティックの特徴だと。 この概念は、生物の表現型の変化が不連続で、中間的なものがないこととも符合している。多少のことでは変わらないこれど、変わるときには大きく変わってしまう。ふと、それって人間関係でもいえるなあ、と思う。ふだんはジャンク程度の揺れと無視しているのに、あるとき気づいたら、まったく違う二人がいる。ほんの小さな出来事でも、振り返れば大きな意味があって。

前の記事

 日本でもイグ・ノーベル賞の名前が知られるようになった。パロディ版のノーベル賞と説明されたりするし、確かにそうした一面もあるのだが、純粋にお笑いというわけではない。ためしに、次に掲げる二種の研究業績リストを比べてほしい。 ひとつめ。「スキップをしなくなるわけ」「体臭によるコミュニケーション」「クリップはなぜ曲がる?」「泥を食べるのは健康のため」「旗がはためくわけ」。二番目。「歓喜についての学術的分析」「相続税率の低下に延命効果があることの実証」「ハトにピカソとモネの作品の識別を訓練」「人間の腸内から発見された異物一覧」「コーンフレークがふにゃふにゃになるプロセスの物理学的考察」。さて、見分けがつくだろうか。 前者は、権威ある科学誌「ネイチャー」の人気コラムをまとめた『知の創造』という書籍から見出しを抜粋したもの、後者はイグ・ノーベル賞を受賞した研究を紹介する書籍から拾ったものだ。両者から受ける印象に大きな差はない。「大真面目で奇妙キテレツ」というのがイグ・ノーベル賞を紹介する書籍のコピーだが、科学とはまさにキテレツさが醍醐味なのだ。相対性理論のいう時空の歪みや、量子論のいう粒子を通り抜けるトンネル効果、あるいは数学でいう無限にいろんな無限があるなんて、常識からすればまさにキテレツ。 ノーベル賞では遅れをとっているとされる日本人だけれど、イグ・ノーベル賞においては受賞大国のひとつ。足の匂いの原因物質を特定し、とりわけ「自分の足が臭いと思っている人の足は臭く、思っていない人の足は臭わない」という秀逸な結論を出したとして受賞した化粧品メーカーの研究者を第一号として、ガムの味と脳波の関連性の研究、浮気発見スプレーの開発、そしてたまごっちやバウリンガルに至るまで。フシギでキテレツな国としての日本はまだまだ元気だし、可能性もあるよねって、そんなことを感じている。

次の記事