ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

恋の方程式

2004年2月26日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 恋とは不思議なものだ。相手への思いやりが肉体的な痛みを和らげるかというと、そういうものでもないらしい。ドイツの神経科学者の調査によると、慢性の腰痛に苦しんでいる人の場合、配偶者に優しく扱われてきた人は、冷たく扱われてきた人より、3倍の痛みを経験するという。さすってくれたりお茶をいれてくれたりしてきた経験から、痛みと報酬をむすびつけてしまっているためとか。
 もっとも、冷たく接すればいいというわけでもない。離婚を予想する方程式というのがあって、これによれば、会話において冷淡な態度をとる夫婦は、離婚の可能性が高まる。この方程式、10年がかりで700組のカップルを対象に調査した結果編み出されたものだ。将来の離婚の可能性を、94%の確率であてることができるという。
 計測に参加する夫婦は、性生活や育児、金銭問題など、議論の起こりやすいテーマを網羅した会話を15分間行う。そこでの互いのしぐさや言葉を観察して数値的に評価、合計スコアを方程式に放り込めば、離婚の可能性が導き出される。観察時にプラスに数えられる反応は、思いやりのある声の調子や笑顔が1点、手を握るなど愛情を示すしぐさが3点、冗談を口にしたら2点など。マイナスに評価されるのは、相手が話しているときに目を泳がせるたり、非難したりすればマイナス1点、あざけるような態度をとればマイナス3点など。
 この研究を行った学者グループの一人ゴットマン博士は、自分のパートナーのことをどれだけ知っているかを測る22の質問も提供している。試しにやってみる。相手の一番の友だちを知っているか。パートナーの人生の夢を説明できるか。離れているとき、よく思い出しているか。それぞれにチェックしながら、ふと、恋を深めるのは数字ではないと、あらためて思う。設問を読みチェックする、その一瞬にはさまる思いこそ、問われている。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

9 comments to...
“恋の方程式”
Avatar
小橋昭彦

パートナーを知ってるかチェックは、英語ですが「How Well Do You Know Your Partner?」からどうぞ。その「Gottman」と「James D. Murray」による離婚を予想する方程式は「Scientists devise formula for happy marriage Equation predicts bliss」に解説があります。「Mathematician predicts divorce by the numbers」も参考に。なお、冒頭に述べた腰痛研究は、「やさしい妻や夫は腰痛を3倍増」でレポートされています。それから、恋を続かせる工夫については、別の研究を「カップルのゆくえ」として以前にコラムでとりあげたことがあります。


Avatar
吉田 修三

この研究を行った学者グループの一人ゴットマン博士は、自分のパートナーのことをどれだけ知っているかを測る22の質問も提供している。

とあります22の質問を教えて下さい。


Avatar
皆木 奈紀人

こういった事にも公式があるとは、びっくりしました。


Avatar
soso

「How Well Do You Know Your Partner?」やってみました。なかなか考えさせられますねぇ。良い機会になりました(^-^)
#英語力不足により質問の意図が不明瞭なものもありましたが、、。


Avatar
金澤 潤

「How Well…」をやってみました。何とか合格点になりました。しかし、「妻の人生の夢を知っているか?」という設問を読むまで、妻に、そのように問いかけたことがありませんでした。反省しました。深く理解しあうための良いきっかけになったと思います。


Avatar
イトー

22の質問を試してみて、ん0なんかちょっと違うかな0、と思い
もう一度コラムを読み返してみて合点がいきました.
最後の二行が本題でしたね.
非常に具体的かつ新鮮なアプローチが示されている質問ですが、
実はいくつyesかが問題ではなくて、答えに関わらずそこに今一度
思いを馳せることこそがお互いのrelationshipを深めることに
繋がるのだろうと思います.
”パートナーとの関係において他人にジマンできるコトの数”
とのテーマで考えてみても面白いかもしれませんね.


Avatar
O.N.

これを読みながら、片思いのサッカー少年のあの人のことを思い出しました。文中にあった「22の質問」、ぜひやってみたいと思いました。ページ上では公開できないのでしょうか?ぜひご検討を。


Avatar
小橋昭彦

吉田さん、O.N.さん、ありがとうございます。

22の質問というのは、最初のコメントで紹介している英語サイトにあります。翻訳してこちらに掲載するのは著作権上できませんので、申し訳ないですが、リンクをたどってやってみてください。すみません。


Avatar

質問のサイトですが、Exciteテキスト翻訳サイトでWEBごと翻訳してみたら如何でしょう?
 やってみましたが、おかしいところは数カ所あったものの語意は伝わりました。
 私はもうちょっと相方を知らなければならないなと思いました。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 お兄ちゃんを待つ間、2歳の次男は、昨日の雨で湿った幼稚園の砂山を滑り降りている。ズボンのお尻は泥んこ。まいったなあ、車に座るのになあ、手で払いつつ、一方で子どもが服を汚すというあたりまえのことを嫌うなんて変だぞと自分に突っこんでいる。 嫌悪感は、人類を疫病から守るためにあるという。汚れたタオルや赤らんだ人の顔の写真などを見せて嫌悪度をチェックしてもらった結果、疾病に感染しやすい状況の写真の方が、似た写真でも、より嫌悪感を感じる結果になった。言い方を変えれば、疾病の原因を嫌う感受性を持った人が生き残ってきた結果、嫌悪感が現代人に備わっていると。 ぼくたちには、ネガティビティ・バイアスと呼ばれる傾向がある。人を判断するとき、好ましい情報より、好ましくない情報に重点をおくのだ。社会的に好ましくないものに対して注意を払った集団ほど生存率が高かったからという説明がなされたりもする。こうして嫌悪感もネガティビティ・バイアスも進化の結果だといわれると、なんだかむなしい気持ちにならないでもない。 ネガティビティ・バイアスについては、ポリアンナ仮説というのもある。人間は基本的に自分のいる世界は良いことが多いと信じている。だからネガティブな刺激が目立つのだと。ネガティビティ・バイアスを逃れるには、評価する対象のことだけを考えると良い。悲観的にものごとを見る人でも、その問題だけをじっくり検討すれば、正当に評価できるという。ただ、忙しい職場では上司はさまざまな課題を並行処理しているから、どうしてもネガティビティ・バイアスがかかりやすい。うちの上司、人の失敗ばかり覚えているというのも仕方がないということか。 ただ、ネガティビティ・バイアスは、時間がたつとなくなる。どんなに嫌な印象を持っていたことでも、最後には公平に判断できる。時の持つやさしさだろう。

前の記事

 いろは歌のように、文字すべてを利用して意味のある文章を作る遊びをパングラムという。いろは歌の誕生は平安中期といわれるが、同じ平安期に五十音図も誕生している。もっとも庶民の手習いにはいろは歌が好まれ、五十音図が広まるのは明治になって教科書に登場してから。 教科書に五十音図が採用されたのは構成が論理的だったからだが、これは古代インドのサンスクリット由来だという説がある。梵語は紀元前三世紀までに音の並びを科学的に決めていたと言われ、この表を読もうとカナを振ったのが五十音図につながったというわけだ。梵語で二重母音とされるエとオがアイウの下にきている事実も、この説を裏付ける。 世界の言語の連鎖性を説く津田元一郎氏の著書に、各音の起源が説明されていて目をひいた。ア行は原霊性、ナ行は生産性、ラ行は輝光性を持つなどと定義した上で、各音のなりたちを見ている。たとえば日本語のソ音は祖先、基礎などのように「源」を示す性質を持つが、英語でもsource、soulなどs音に同様の傾向があるというわけだ。こうした性質が単語レベルにも現れて洞(ホラ)とhole、名前とnameなどのような共通性を生む。ただし、単なる偶然の一致と指摘する説もある。 心理学のラマチャンドラン博士らは、言葉の発生に共感覚的な感性が入りこんだ可能性を指摘する。星型のようなとんがった絵を言葉で表現するとき、多くの人が「ギザギザ」といった耳障りな音を混ぜる。「ちょっと」や英語で言うteeny-weenyなどの表現は口をすぼめる音が混ざるが、物の小ささをジェスチャーでも表現しているというわけだ。この見方をとれば、音や単語の類似性を、言語としての連鎖に求める必要はなくなる。 いずれにせよ、音はそれぞれ、祈りに似た思いから発せられた力強い何かであったのは事実だろう。ふだんそれらをまるで記号のように軽く口にしていないかと、振り返りもするのである。

次の記事