ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

光を止める

2001年2月19日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 光速は一定だ、という言葉が一人歩きしちゃっているから勘違いしてしまうのだけれど、光の速度が一定だというのは真空中の話。物質の中を通るときは変化する。水に入るとき屈折するのはそのためだ。
 光の速度は真空中ではおよそ秒速30万キロ。物質の中では、その物質を構成する原子と結びつき、「ポラリトン」という状態になる。電子系と光子系がエネルギー交換しているような、光とも物質ともつかない状態。こうして光の速度は遅くなる。
 この光速を一瞬「止めた」のが、米ハーバード大の2つの研究チーム(日経1月22日)。ひとつのチームはセ氏零下273.15度近くに冷やしたナトリウムガスを、もうひとつのチームはセ氏70度から90度のルビジウムガスを使った。このガスにスイッチの役目をするレーザー光をあてたあと、光信号を入れる。光信号がガスの中に入りきった瞬間にスイッチ用レーザーを切ると、光信号はガスの中にとどまり、ふたたびレーザーをあてると元通りの信号となって出てきたという。ただし、この間わずか500から1000マイクロ秒。まさにほんの一瞬のできごとだ。
 ボブ・ショウに「去りにし日々の光」という短編がある。光が通過するのに長時間を要する「スローガラス」をめぐる物語。何年も前に亡くなった人が写りこんだガラスを自宅にはめて思い出とともに生きる人など、心を揺さぶられる話だ。
 光は、過ぎてゆくからこそ美しい。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“光を止める”
Avatar
小橋

リーン・ハウ教授、ロナルド・ウォルズワースという研究に携わったふたりのサイトを探しましたが、ちょっと探しきれず。ポラリトンについては「共振器ポラリトンからのTHz帯電磁波発生の研究」「光物性研究室」などを参考に。その他、検索の途中で出会った、相対論関連等のおもしろページ。「宇宙論を256倍楽しむページ」「役に立たない屑知識」「科学について-相対性理論と疑似科学」「相対性理論」。


Avatar
小橋

今日の没ネタ。質屋の起源は「大宝令」に求められる(日経1月15日)。日本人ゴルファー第1号、水谷叔彦(日経1月24日)。仮説の検証が困難になり、科学は難しい時代に(日経1月15日)。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 類焼による煙で汚れた布団をクリーニングに出した。仕上がりの日ははっきりとわからないという。聞くと、クリーニング後天日にあてるから、天候によるのだとか。太陽光にまさる仕上げ方法はないらしい。 そう、晴れた日の午後、干していた布団をとりこんだあとの香りの心地よさ。ついそのまま顔をうずめて惰眠をむさぼったり、太陽の香りだねえ、なんて子どもと喜んでいる、むじゃきな時間。 もちろん、光そのものに香りがあるわけではない。化粧品メーカー研究所の分析によると、布団や洗濯後の衣類に残る汗や脂肪、洗剤成分などが、太陽の光や熱で分解されてできるアルデヒドやアルコール、脂肪酸などの揮発性物質が「太陽の香り」の主成分であるという(朝日1月15日)。 この成分と人間の気分の関係を、経済産業省の生命工学工業技術研究所が研究している。アルファ波という脳波の「ゆらぎ係数」によって、人間の気分を指標化したもの。実験によると、「太陽の香り」をかぐと、気分のよさを示す大脳の左前頭部の係数、鎮静を示す右前頭部の係数とも、リズム度が大きくなり、リラックスしていることを表していた。 発表によると、このリラックス度、あらかじめ洗濯物に漂う香りであることを説明してからかがせると、よりリラックスした状態になるという。物質だけで説明できない、太陽の香りの記憶が作り出す効果。人間っていいなあ、とそんな現象に思う。

前の記事

 茎が葉になり、葉が花になる。植物はそうして進化してきたのだとされる。被子植物の生殖器官という花の定義に従うなら、花の起源は裸子植物から被子植物へと進化して後のことになる。これまで見つかっている最古の花の化石はおよそ1億4500万年前、中生代ジュラ紀後期のもの。 進化の道筋では葉から花へと進化したものの、遺伝子操作ではこれまで花から葉にはできても、葉から花へは変えられなかった。花の形づくりには3つのグループに分類される遺伝子群がかかわることがわかっており、これらの働きをとめると花を葉に変化させることができたのだ。 これら遺伝子群といっしょにはたらき、花づくりに関わる遺伝子をつきとめたのが岡山県生物科学総合研究所の後藤弘爾室長ら。SEP3と呼ばれる遺伝子を、花づくりの遺伝子群とともに葉でもはたらくように工夫してシロイヌナズナの種子に組み込むと、本来なら葉になる部分が白い花びらになり、雄しべもできた(朝日1月25日)。 花。しょっぱなの「ハナ」と同じ語源で、鼻も同じ、つまりは先端にあること。韓国語でも「ひとつ」は「ハナ」だ。先端でいつつ美しくあることの、なんと貴いことだろう。

次の記事