ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

数瞬の救命

2004年1月15日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 その物理学論文を読みながら思い出していたのは、ポーの「メールストロムの渦」だった。大渦に巻き込まれた男が、奇跡の生還を果たす。ただ小説の場合と違って、ブラックホールに落ち込むという、論文に描かれた状況はより厳しい。多少なりとも生きながらえるすべはあって、それが論文を書いたゴットらの主題だが、腰の周りに質量1京2800兆トン以上の巨大な輪をまとえばいい。
 メールストロムに続いてタイタニックを思い出し、緊急時の脱出機構について調べてみる。戦闘機の脱出装置を作っているマーティン・ベーカー社によれば、これまで7000人を超えるパイロットの命を救ったとか。宇宙船としてのスペースシャトルには備わっていない。コストや重量などとの兼ね合いだ。潜水艦にも同様の問題があり、今は英国で開発されたSEIEという、水面に出てからも体温を保つことができるスーツが人気。
 ブラックホールに戻る。ブラックホールでは、足から先に落下したなら、つま先が引き込まれ、肩は押しつぶされる。うどんのようになってしまうわけだ。その時間は0.1秒足らず。痛覚の伝達速度をおおむね秒速10メートルとすれば、「あいた」と感じる余裕はありそうだ。冒頭の救命具は、重力で足と頭を引っぱることにより、この時間を26分の1に短縮するという。痛みを感じる間はなさそうだし、生きながらえる時間が0.09秒増えるから、ほんの少し、人生が長くなる。ただ、国際宇宙ステーションでさえ完成時の重さが450トンというから、救命具を作るのはたいへんそう。胎児のように丸まって肩の線を中心に向けることにも効果があるという。
 星の世界を渡って後のコンマ以下の人生に意味があるかはわからない。いや、だからこそ意味があるのか。相対論効果を考えれば、この数瞬は地球から見ている人にとっては永遠に近い時間ともなる。その数瞬を、どう生きるか。救命具以上に重い課題だ。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“数瞬の救命”
Avatar
小橋昭彦

ゴットらの論文は「A Black Hole Life Preserver」です。「Black Hole Life Preserver: Don” t get sucked in without one」に解説記事。ポーの作品、日本語ではテキストがないですが、英語でなら「A Descent Into the Maelstrom」など。脱出に関して、舟からの脱出ボートは「Schat-Harding」などが、戦闘機からは「Martin Baker」が主要企業。潜水艦からの脱出スーツは、「Submarine Escape & Rescue」に写真があります。Popular Scienceの特集記事「GET OUT NOW!」をご参照ください。神経線維での伝達速度については「神経細胞」、国際宇宙ステーションについては「国際宇宙ステーション(ISS)の大きさ、重さはどれくらい?」を参考にしました。


Avatar
やまむら

“見えない極小の分子の動きを描き、遠大な宇宙空間を描ける人間”の可能性を感じて面白く読ませて頂いています。神経の伝達速度が10m/秒との事で思ったのですが、死の直前に人生を走馬灯のように省みると言いますがその時間ってどのくらいなんでしょう?
ふと、数瞬、刹那の中に込めることが出来る価値を考えてみました。


Avatar
イトー

こんにちは.
聞きかじりの話をはじめると火傷するかもしれませんが、神経伝達速度よりも身体が伸びていくほうが速いので足の痛みは永遠に感じない、ということはありませんか?
そうであればどんどん遠ざかっていく自分の爪先を見られることになるのでしょうか.落下(相対的な)速度が高まるにつれ時間の経過が早くなっていく地球を見上げながら(ムリですけど)の私の最後の数瞬は
”うわー、俺チョー足長げ0”とボケをかませそうです(失礼).




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 このところ注目されているナノテクノロジー。ナノというのは大きさの単位で、10億分の1を指す。地球の直径を1メートルとすれば、1ナノメートルは1円玉程度の直径ということになるし、逆にぼくの身長を1ナノメートルとすれば、本来のぼくは月までの距離の4倍あまりの身長でそびえ立つことになる。 ナノを日本語の単位で表すなら塵(ジン)だ。なるほど、チリほどの大きさ。もっともたとえば流星塵は10マイクロメートル前後というから、ナノより桁が大きい。1万塵で1つのチリか。 小さな数は親しむことが少ない。調べてみると、分、厘、毛、糸(シ)、忽(コツ)、微、繊、沙(シャ)、塵、埃(アイ)、渺(びょう)、漠(ばく)、模糊、逡巡、須臾(しゅゆ)、瞬息(しゅんそく)、弾指(だんし)、刹那、六徳(りっとく)、虚空、清浄、と続いている。分が0.1で以下一桁ずつ下がっていくが、野球の打率表現とはずれている。後年になって0.1の桁に「割」が割り込んできたらしい。 単位をみると前半が大きさ、後半は時間に関係する漢字が多い。塵にならって沙を見れば、水辺の砂の意味だが、砂粒は2ミリから16分の1ミリまでと定義されているから、1粒は1糸メートルつまり1万沙メートルということになる。刹那とは10のマイナス18乗、指をはじいて音を立てる「弾指」より短い間。 人類が誕生してこれまで、地上に何人の人が存在したろうか。毎年8000万人が生まれる現在の状況からは過大に考えるけれど、実際にはせいぜい一千億人という。とすれば、ぼくという一人は人類にとってナノ(塵)の二つ下の桁、「渺」の単位だ。この文字、水のようにかすかで見えにくいという意。なるほど、ひとりの人間なんてわずかな存在。ただ、渺は六徳や虚空を上回る。六徳は仁や和を含むし、虚空とは仏教用語でいっさいのものが存在する空間。この小さな桁に六徳や虚空をはらむイメージは美しい。

前の記事

 金縛りにあった経験のある人はどのくらいいるだろう。おそろしい夢を見、身体を動かそうとしても動かせない。もっとも動かせたら身体は過剰に反応して周囲に迷惑をかけることだろう。心理学者ジュヴェは、夢を見ることが多いレム睡眠時に、筋緊張が消失する現象を発見している。そのおかげで、驚き怖ろしい思いをしても、夢の世界の動きだけに終わらせることができる。 そもそも怖い夢、恐ろしい夢など見なければいいのにと願うけれど、悪夢にもそれなりの価値があるらしい。人間はずっと長く原始時代を生きてきたわけで、その間に身についたと考えるのが、夢のシミュレーション仮説だ。逃げたり闘ったりする夢を見ることで、いざ現実の場面に出くわしたときの模擬訓練をしているというわけ。夢の中で訓練をつんだ個体ほど生存確率が高くなる、こうして夢を見る人たちが生き残ってきた。 夢が生存競争を生き残らせてきたとすれば、ヒトだけに限らなくてもいい。実際、ネコでも睡眠時に脳が活性化し、人間と同じように眼球の急速な運動が起こることが確かめられている。ただ言葉を持たないネコは、それを解釈することをしないから、夢を見ていると言えるかどうか。ちなみに、アラン・ホブソンは、脳の活性化がまずあり、それによって発生したイメージを連想や記憶をからめてつなぎあわせたのが夢だとしている。寝ている間は脳内の化学環境が起きているときと違うから、つなぎあわせようとするときの分析力や注意力が弱まり、夢の特異性を生む。 4月に6歳になる長男が、このところ夢を怖がっている。何かストレスを与えていないかと反省しつつ、一方で、彼はいま社会の厳しさへのシミュレーションを積んでいるのかと、そんなことも思う。レム睡眠そのものは大人より赤ちゃんの方が多くとっているわけで、子どもたちはそのたびに原始世界にタイムスリップし、生存への備えをしているともいえる。なんともけなげで、壮大な夢。

次の記事