ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

おねしょ

2000年12月29日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 パブロフの犬はご存知だろう。ベル音を鳴らしたあとにえさを与えることを繰り返していると、やがて犬はベル音を聞いただけで唾液を流すようになる。
 条件づけの一種だが、条件づけにはこうした古典的条件づけ以外に、道具的条件づけと呼ばれるものがある。こちらは動物が起こした反応に対して報酬や罰を与えることで、その行動を強化するもの。犬がちんちんをすればえさを与える、といったタイプだ。
 夜尿症(おねしょ)対策に、これと似た手法が効果があると、米ミネソタ州のクリニックが発表した(朝日11月20日)。布団がぬれるとブザー音で目を覚まさせることを繰り返すと、排尿前に膀胱が緊張するだけで目がさめるように条件づけされるという。3、4カ月の治療で75%に効果があったとかで、過去30年間に行われた約70種の治療法を比べたなかでもっとも効果的だった。
 おねしょについては、さきさきトイレにいかせると膀胱を大きくする機会を奪うので良くないとか、中途覚醒を強制すると睡眠リズムが崩れ抗利尿ホルモンの分泌抑制があるのでよくないなどと注意する医者もいる。とすると、ブザーで起こしちゃうって本当にいいのかどうか。そもそも子どもは犬じゃないんだから、と思いつつ、みかんあげるから手を洗って、なんて、よく考えたら条件づけの育児ってふだんからしちゃってる気も。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

4 comments to...
“おねしょ”
Avatar
小橋昭彦

おねしょについては「かさちゃんのホームページ」「夜尿症」などご参考に。


Avatar
アツロー

はじめまして。
「オーロラ」を検索して辿りつき、
飽きの来ぬ面白さに、
半日かけて読破してしまいました。

ここが始まりの地なのでしょうか。
これ以前のバックナンバーがあれば
ぜひ読みたいと思いまして、書き込みました。

ところで、ココ、
チェックされてるのかな。
(↑前提問題。)

気長に待ってみまーす!


Avatar
stringer

毎回提供される雑学もさることながら、それらに関連しての小橋さんの意見や考え方に「うん、うん」と頷きながら、バックナンバーを読破しました。2000年12月29日より前のものも是非読みとうございます。なんとかなりませんか?


Avatar
小橋昭彦

小橋です。
バックナンバーまでお読みいただいたとのこと、ありがとうございます。とても嬉しく感謝しています。
コラムは1998年からお届けしているのですが、これ以前のバックナンバーは、残念ながら公開できるところにありません。申し訳ありません。
ここまでわかった!? 最新雑学の本』(講談社+α文庫)として書籍にまとめていますので、入手可能でしたら、そちらをご覧ください。
ただ、書きつつ文体も微妙に変化していますので、5年以上前の作品となると、ある意味お恥ずかしい限り……。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 大阪府が管理している幹線道路に関連する事故が増加しているという(日経11月21日)。アスファルトの剥離や側溝の鉄蓋脱落などが原因で車両損傷や歩行者のけがなどが起こっているもの。1990年代半ばまで年間20件あまりだったのが倍近くになったとか。 ちなみに、現在日本国内の道路延長は約115万キロ。うち都道府県道は12万キロあまりとなっており、1万7000キロメートルを管理する大阪府の道路延長は全国有数。事故の増加は財政難による道路維持修繕費の削減と軌を一にしている。従来は一箇所剥離したら前後数十メートルを全面改装していたのが、予算不足からパッチワーク的になってしまうという。 戦後、日本の道路は急ピッチで整備されてきた。利用状況を示す数字を走行台キロといい、500台が1キロを走れば500台キロというけれど、この数字も年々増加、1997年には年間20億台キロを超えている。 ちなみに、同年における平日昼間12時間交通量のトップは、一般道路では新潟市の国道8号、そして7号が続く。休日と平日では様子が違い、休日になると交通量が増える路線として知られているのは、約8倍という和歌山県の那智勝浦古座川線や栃木県の藤原塩原線、5倍という長野県の諏訪白樺湖小諸線などなど。 モータリゼーションの進展、道路ストックの老朽化とともに、補修すべき道路は日々増加する。新線建設ばかりを公約にする時代でもないのだが。

次の記事