ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

ペーパークリップ

2003年10月30日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 なにげなく接していたものが、ある日とつぜん不思議に見えてくるという経験が、ときにある。たぶんそれは誰でも持っている感性で、「そそそそそ」と文字を連ねていると、「そ」という文字のあり方にだんだん自信が持てなくなって、それはほんとうにそういう形だったか、そもそもなぜそんな形なのかと考え込んでしまう、そんな経験を多くの人が持っているのじゃないだろうか。
 いま手もとにあるペーパークリップにしてもそうだ。針金を二回まわした楕円形の、いわゆるゼムクリップとして知られているもの。技術史に詳しいヘンリー・ペトロスキー博士の著書でその歴史をたどっていて、多くの工夫が重ねられた結果、そこにあることを知る。そうするとがぜん、不思議になってくるのだ。外側の円周と内側の円周の間隔はなぜこの距離だったか。針金の先が円周より短いのはなぜか。紙からはずすとき、針金の先が短いため紙にひっかかったりするのに。
 ペーパークリップが発明される前、人々は小数の紙を留めるのにピンで貫いていた。ゼムクリップはノルウェー人の発明と言われているそうだけれど、それに先立つ1899年、米国の技師がクリップを作る機械の特許を取っていて、そこに完全なゼムクリップの形が見える。発明品が市場に出回るには、製造機械と切り離せない。ゼムクリップを手作業で作るなら、人はピンを使い続けたかもしれない。
 これまで多くのペーパークリップが考案され、特許をとってきた。今でも見られる三角形のクリップや紙を挟みやすいように先端が持ち上がったクリップ。日本での特許広報を検索すると、2003年に入ってからでも、ペーパークリップの特許が新しく取得されてもいる。加えて、ボールペンのキャップやメモパッドをはじめ、クリップする機能が含まれる製品の数々。見なおせば、工夫の余地はまだまだあるのだ。今あらためて身の回りを眺めると、すべての品々が「発明してくれ」と訴えている、そんな気にさえ襲われる。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

6 comments to...
“ペーパークリップ”
Avatar
小橋昭彦

ヘンリー・ペトロスキーの『ゼムクリップから技術の世界が見える』、特に前半がおもしろいです。日本での特許検索は『特許庁電子図書館』で。


Avatar
かむろ

小橋さんのコラム、昨日初めて辿りつき、一気に60まで楽しく読ませていただきました。
そそそそ・・・・それは「0」作用かなと思います。
人間は瞬きをしないで物を見つめていられるのは12・3秒のことだとか。それ以上は個人差があるけれど、その形が部分的にボケて最終的には見えなくなったり、訳がわからなくなるそうですね。それゆえ、耐えず瞬きをしたり、ちらちらと他へ視線を移しては叉戻し、他のものとの差で対象の形を認識している、と言うことらしいですね。
つまり、モノとモノは全く同じだと認識があいまいになる。だから距離が必要らしい。
私はカバリスト(神秘探索者)なのでつい数字の世界に飛んでしまいました。差がないものは「0」と言う訳です。
人は常に新しいものへと心が移る。性(さが)ですかね。
でもそれが新しい発見へ繋がってもいて、面白いですね。


Avatar
ツッコミ

ゼムクリップなどの形状ですが、一般的に「楕円形」とは言わず「長円形」と言うのでは?


Avatar
小橋昭彦

ツッコミさん、鋭い。おっしゃるとおりですね。訂正いたします。


Avatar
でんぶ

>なにげなく接していたものが、ある日とつぜん不思議に>見えてくるという経験が、ときにある。
 
ある(何でも良い)漢字をずっと見ていると、その漢字がパーツに分解されるような感覚を突然覚え、その意味や漢字が認識しにくくなるという現象があります。
ゲシュタルト崩壊、って現象だそうで。


Avatar
かむろ

でんぶさん、ゲシュタルト崩壊って心理学用語なんでしょうか?
ずっと見ているってところで、視覚の問題かと思っちゃったりして。。。
でもちゃんと検索して見ました。
勉強になりますねぇ。ありがとうございました。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 子どもが「ブロックしよ」とせがむものだから、何日かに一度はブロックを組み立てる。H型や井型、丸型などが揃ったプラスチック玩具。「何つくろ」問うと「何でもいいで」と答える、そんなときはしばし呆然としている自分に気づく。二つ、三つ組み合わせてみるが、手もとはさまよって。子どもが飛行機なりロボットなりを作っているのを見て、ようやく「よし、お父さんもロボットだ」とスピードアップ。組み合わせが、二足歩行ロボットに、あるいは宇宙戦艦になっていく。 自由に何かを創れるほど不自由なことはない。皮肉にもそう思う。ロボットなり飛行機なりのカテゴリを与えられてようやく、ぼくは創造に移っている。それが心理学実験でも裏付けられていることを、『創造的認知』と題した書籍で知った。被験者にさまざまな形状の部品を示し、発明品を作るように指示する。部品を自由に選べるグループとランダムに抜き出した指定されたものを利用するグループがある。また、カテゴリも「家具」「武器」などから自由に選べるグループとランダムに指定されるグループがある。すると、もっとも創造的な発明品を生んだのは、部品、カテゴリとも指定されたグループだったのだ。 別の実験では、先にカテゴリが決まっていて部品を組み合わせるより、まず何も考えずに部品を組み合わせて形を作り、あとでカテゴリが指定されて、それに合う解釈を迫られたほうが、創造的な発明を多く生んでいる。まず発明に先行する形があって、後ほど与えられる解釈という物語が、創造性を生んでいるわけだ。 そういえばぼく自身、まずテーマを選び、それをどう解釈するか、どんな視点でみるかに苦心して、千篇の「物語」を届けてきたのだった。ぼくたちが今、何かを生み出せないでいるとすれば、それは制約や環境のせいじゃない。それに負けない物語力を、ぼくたちは持っている。

前の記事

 都市部から来た子どもたちが、どじょうをすくおうと田んぼに入った。おそるおそる足を踏み入れていたのに、すぐに「予想以上におもしろい」とはしゃいでいたのが印象的で、泥にまみれた手足をみながら、「きれい」って何だろうと、そんなことを考えていた。 衛生という概念は、明治になって広がったといっていい。コレラの流行などがあり、衛生環境の改善が求められた時代。田中聡氏による『衛生展覧会の欲望』に、さまざまな事例が並んでいる。トラホームになって海外留学ができなくなった少年を描く「砕かれた希望」という啓蒙漫画。「保菌者は危険」と書かれたチフス対策チラシ。糞尿を運搬する者は日の出の一時間前に作業を終えるように指示した京都府のお達し。そして「妙齢婦人性病模型」と題された、椅子に座って着物の裾をはだけ、脚の奥をのぞかせる蝋人形。 蝋人形などは県などが主催する「衛生展覧会」と呼ばれる展示会の出し物として全国をまわり、学校からの集団見学など、多くの人に「衛生」観念を広めた。「日本一の健康児探し」というコンテストも行われている。決められた審査基準があり、健康「すぎる」児童は発達が歪んでいるとしてはねられる。入賞者を掲載したパンフレットには半裸体の児童らの写真が並ぶ。小さくふくらみかけた胸をはってカメラを見つめる、健康少女の写真から感じる痛々しさ。 衛生展覧会において病人は、あるいはカタログの優良児たちは、モノになってしまっている。本来、心ある生きた主体であるはずなのに、対象物として扱われて。生きる輝きを伸ばすのが、衛生や健康ではなかったか。問いかけつつ、健康が商品化される現代もまた、衛生展覧会的な世の中なのだろうかと、そんなことを振り返る。いっしょに遊んで汚れた子どもの服を手ではらいつつ、こうした泥に違和感を感じるところに戻ろうとしている自分とは何だろうと、そんなことを考えていたのだ。

次の記事