ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

歴史という観点

2003年3月17日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 記憶が書き換えられるものとすれば、その積み重ねを記述した歴史ってなんだろう。おそらくそれは、地層のように積み重なっているものではなく、記述する人の観点から見た記述にすぎない。そう思いつつ小学館の『スーパーニッポニカ』で「歴史学」をひくと、「歴史の事実は現在にある」という表現に出会い、ひざを打つ。今を生きる歴史家があってこそ成り立つものだから。
 そういう視点からすれば、歴史を語ろうという観点のない文明には「歴史」はない。たとえば、インド文明。古代インド文明には史書の類がほとんど無い。インドでは生命を輪廻転生と見ており、この世の一瞬の出来事に価値を置かなかったから、とも言う。歴史学の岡田英弘教授による『歴史とはなにか』にも同様の指摘があり、またイスラム文明にも本来歴史はない、と指摘している。イスラムでは一瞬一瞬が神の創造と考えるからだ。それがたまたま歴史を持ったのは、地中海文明と対抗する必要上だったと。
 その地中海文明においては、ヘロドトスの『ヒストリアイ』によって歴史が「発明」された。彼の歴史観というのは、二つの勢力が争って変化するというもので、アジアとヨーロッパの対立を軸にしている。岡田教授は、中国文明が司馬遷の『史記』によって歴史を持ったのは、皇帝の正統性を主張するためだったとも指摘している。
 アメリカに歴史が無いとは、しばしば聞く言葉だ。このとき「歴史」というのを、単に時間の積み重ねではなく観点としてみると、そのことが新しい意味で実感される。アメリカにとって重要なのは現状をどう判断し将来どうするかだけなのだと。いくら他国が歴史を言っても、アメリカにとっては単に古いという意味にしかならず、これじゃあ話はかみあわないよな、なんてことも思う。だから今、という話には踏み込まないでおくけれども。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“歴史という観点”
Avatar
小橋昭彦

歴史とはなにか』をどうぞ。


Avatar
小橋昭彦

スカイダイビングの高度記録、3.1km(ポピュラーサイエンス3月号)。相対性理論にも見直し機運(日経サイエンス2月号)。お米しか炊けないのに価値あるかというのが米国での炊飯器への評価(日経サイエンス2月号)。万里の長城、農民が知らなくてとっていく例が多く半分以上消失(日経12月22日)。奈良公園シカ、芝刈りや観光PR係として日当計算すれば1万円(朝日6月30日)。JFKは在任中ほとんど薬漬け(朝日11月19日)。オゾンホール最速の消滅(朝日11月14日)。奇跡の神父として知られたピオ神父を聖人と認定(朝日6月17日)。タトゥはキャプテン・クックがタヒチから紹介(日経2月6日)。ポケットが目に見える形でファッションに現れるのは17世紀末(日経8月9日)。当初水着が縞柄だったのは肌につけるのは白がいいとされていたが透けるのが嫌で濃い色も組み合わせたため(日経8月16日)。植物に日焼けを防ぐ遺伝子(朝日8月9日)。スーツ・システムの起源はチャールズ二世(日経9月6日)。人類最高温度、ビックバン級の6兆度達成(朝日10月2日)。格闘コオロギ1200年の歴史(日経10月23日)。ホヤで精子を誘う物質発見(朝日11月12日)。大森古墳、国内最古級の前方後方墳(朝日11月22日)。「国」を記した最古の木簡665年(朝日11月22日)。富士山は7、8の2ヶ月で25万人が訪問、200リットルの風呂桶2250杯分のし尿が排出(朝日11月23日)。日本人、不眠は寝酒に頼る(日経1月23日)。マイワシ、50年周期で増減(日経1月27日)。英政府の対イラク機密文書、院生論文からの引用も(朝日2月8日)。日本最古のサル、新種(日経1月23日)。ガーターの考案者はエッフェル(日経2月28日)。肌を守る関門は表面ではなく角質層のすぐ奥(朝日3月2日)。自動改札機、並行処理で処理可能人数を増やす。


Avatar
ごんたぬき

歴史を知るときに、今まではあまり気にもせずに来たのですが、その素となる資料に関して、歴史上の勝者の資料が主に残っているために、敗者を含めた歴史が語りたくても語ることが出来ない。と言う事実を知りました。それから名もなき庶民の歴史も定かではありません。歴史は勝者の歴史であると言うことでしょうか。
足利尊氏などは室町幕府を開いたから資料が残っているが、もし破れていれば鎌倉幕府の武将くらいのことしか残らなかったかも知れないし、未だに悪者扱いである。これは明治政府の策謀であるが、それによる教育がなされて、私なども悪者ではないと思いながら、どこかで悪者的に見ている自分がある。
長くなりましたのでこの辺で。
要するに歴史は勝者のものであり、それしか資料がないから仕方がない。よって歴史を見るときは、その裏に敗者がいることを考えながら見ていくことが必要ではということです。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 時間というとき、ぼくたちは過去から未来へ続く川のようなものを思い浮かべる。その途中に浮いている船が現在だと。しかし、実際には現在という時間を、ぼくたちは船を指すようには示すことができない。示したとたんに、それは過去になっているから。 過去でさえ、いま思い出すからあるわけで、どこかに確かに転がっているわけではない。思い出すという現在が過去。いや、過去は確かに変わらず存在すると思われるだろうか。たとえば、こんな事例を知るとどうだろう。 犯罪における目撃証言の事例だ。何人かが犯人を目撃し、その人たちが写真ファイルあるいは面通しで共通した人物を犯人と指摘する。すると捜査側は間違いなくその人物が犯人であろうと考える。ところが、容疑者が逮捕された後で真犯人が名乗りでる、それが目撃証言と似ていない犯人だった、そんな事件が少なからず発生している。 これは、ぼくたちの過去に関する記憶が、思い出すという行為の中でゆがめられてしまうからなのだ。証言をとる警官の質問、マスコミによる容疑者報道などで、思い出は容易にゆがめられてしまう。証言心理学の先駆者、米国のロフタス博士は、交通事故のビデオを見せた後、被験者に現場にガラス破片が散らかっていたかをたずねる実験をしている。このとき「激突したとき」とたずねると、「衝突したとき」とたずねたとき以上に、実際には散らかっていなかったガラス破片を散らかっていたと証言する人が増える。わずかひとことの違いが記憶を変える。 過去を悔いることも少なくない。あれをしとけばよかったとか、あれはしなければよかったとか。そんな思いは辛い。つらいのだけれど、そういう過去でさえ、通り過ぎた上流でなく、現在を生きるという行為のなかにあると考える。そして今を誠実に、力強く生きることで過去を償えるのだと、そんなことを思う。

前の記事

 抽象表現は苦手なんだけれど、ジャクソン・ポロックの絵画はいい。ドリップペインティングという手法で描かれたそれは、とりとめもなく描線が踊りカンバスを埋めている。だけどそこに感じるのは、乱雑さよりむしろ落ち着き。古里の山に分け入るような。だから、物理学者のリチャード・テイラー教授の論文でポロックの絵画にはフラクタル構造があるという指摘を読んだとき、そうか、と目を開いた。フラクタル構造というのは、細部を拡大しても似たような構造になっているもので、リアス式海岸や木の枝など、自然のなかに多く見かけるから。 大きなカンバスに立って絵の具をたらすポロックのドリップペインティング。しかし、ただ絵の具をたらせばフラクタルになるかというとそうではない。素人が描くと、細部を拡大すれば線がまばらになり、全体との相似性をもたない。なのにポロックの作品は、彼が技法の洗練を重ねる晩年ほど、フラクタル次元D値と呼ばれる値が高くなっているというから驚く。複雑さを増しているのだ。 ちなみにD値は1から2の値をとり、平面状に描いた木の枝で表すなら、1なら単なる直線でフラクタルにならないし、2だと全面が枝になりやはりフラクタルにならない。ポロックは一度D値1.9という絵を描いているのだが、破棄している。複雑すぎると直感で気づいたのだろう。 芸術を科学するなんて無粋だろうか。でも、ぼくがテイラー教授の論文から感じたのは、むしろ芸術家の深遠さだった。木の枝などの自然を生んだものを神と名づけるなら、ポロックはまさに神の感性を身につけていた。いかにして、それは可能だったのか。答えはない。ポロックは1956年、交通事故で一生を終えた。44歳。マンデルブロがフラクタル幾何学を生んだのは、それからおよそ20年のちのことである。

次の記事