ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

幸運の確率

2002年12月29日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 米国の宝くじ「パワーボール」の抽選で、3億1490万ドルがあたったという。一等の累積賞金が高額になっていたもので、個人の獲得額としては米史上最高だとか。自分で数字を選ぶこのくじの当選確率はおよそ8000万分の1。累積の高額賞金がときに話題になる。
 この種のくじは、しばらく当選が無かったからといって当選確率が高くなるわけではない。しかし、たとえばコイン投げで裏裏裏裏裏と出たとき、次は表に賭けたくなるように、ぼくたちの心はときに理性を裏切る。実際は次に出るのは、表も裏も同じ確率。
 2002年のノーベル経済学賞をとったカーネマン教授の「プロスペクト理論」は、人は合理的な判断をするとは限らないことを示したものだった。たとえば、80万円をもらえるか、もらえるのは100万円だが15%の確率でもらえない、のどちらかを選ぶとする。多くの人は、80万円をもらえる方をとる。では、80万円を支払うか、100万円支払うが15%の確率で支払わなくていい、では。たぶん、後者。得する場合には目先の確実な方を、損する場合には不確実な方を選ぶのが人間なのだ。ちなみに合理的に考えるなら、最初の質問では100万円×85%で期待値は85万円だから、相場に関わる人なら後者を選ぶ。
 なんとなく気になって、賭けごとの還元率を調べてみる。競輪や競馬、競艇などの公営賭博は、ほぼ75%。宝くじは意外に低く、約40%。パチンコはギャンブルとはされないので公的な数字はないけれど、おおむね9割ぐらいのようだ。米国の大手カジノでは85%から93%くらいの間で調整しているという。
 ちなみに、冒頭のパワーボール当選者は会社経営者なのだけど、賞金で事業をてこ入れし、解雇した人材を再雇用するのだとか。2001年にもあった高額当選者の場合は、慈善財団を設立して図書館や養護施設などに寄付しているという。個人的には賭けごとに手を出す余裕は無いが、夢が、ほかの人たちの夢を育むなら、それも悪くない。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

5 comments to...
“幸運の確率”
Avatar
小橋昭彦

プロスペクト理論については、「≪プロスペクト理論≫を読み解く!」がわかりやすいです。「消費者の問題認識と購買意思決定」もご参考に。「An Introduction to Game Theory」もどうぞ。日本のギャンブル市場については「日本の”ギャンブル型レジャー”の市場分析」が充実。


Avatar
小橋昭彦

本年はこれが最後です。新年は2日から。それではみなさま、よいお年を!


Avatar
白波瀬 零兒 シラハセ レイジ

知人に紹介されて読ませて頂いております。
有難うございます。
時間に追われて熟読は出来かねており、失礼しておりますが、広範囲なご勉強感服の至りです。
来年もよろしくご指導のほどお願い申し上げます。


Avatar
NISHINE

インターを始め(5年位)てから見ていますが、ご苦労様です。色々なものがあり勉強になります、今後も拝見しますので頑張ってください。


Avatar
松本秀人

「“日本一宝くじの当たりの出る売り場”とは、“日本一はずれくじの多い売り場”でもあろう」という話を聞いて、ナルホドと思った記憶があります。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 高知の桂浜には何度か訪れたが、闘犬は見る機会のないままでいる。なんでも土佐闘犬は幕末に在来の四国犬と外来種をかけあわせてできたものという。日本の犬は、ことに明治以降、このように外来種と交配されたものが多く、純粋の日本犬は、四国犬のほか柴、北海道、紀州、秋田など数少なく、これらは天然記念物に指定されている。 日本人と犬は縄文時代からの付き合いで、ずいぶん古い。動物学者のローレンツは、人とイヌの共同生活は5万年前からと述べているが、少なくとも旧石器時代から親しい仲にあることは間違いない。最近のDNA研究によれば、イヌが家畜化されたのはおよそ1万5000年前の東アジアでのことだという。起源はオオカミだ。 化石からは、その後数千年という短い間に、世界の各地にイヌが広まったことがわかっている。中東やエジプト、ヨーロッパ。ベーリング海峡を横切ってアメリカ大陸にも渡っている。それだけイヌが重宝されたわけだが、番犬や荷役、狩猟と、活躍する場面は確かに多い。 ちなみに、高知県仁淀村の民家にニホンオオカミのものとして伝わる骨から採取したDNAを、帯広畜産大の石黒直隆助教授らが調べたところ、在来のイヌとも大陸系のオオカミとも違う、固有の遺伝子配列だったという。オオカミとイヌは交配が可能だが、ニホンオオカミはいったいどういう経緯で誕生し、そして絶滅への道を歩んだのか。 オオカミとイヌは、頭骨の形が違う。額から鼻にかけてのラインが、オオカミはなだらかなのに対して、イヌではくぼんでいるのだ。前頭葉が発達したためと考えられている。ヒトに気をつかってのことなのかどうか。花咲か爺さんのイヌと赤ずきんちゃんのオオカミの役割の差を思えば、1万5000年前の分岐がどんなに大きな分岐だったかと感慨深く、これほどの関係をヒトとイヌが築けたことの奇跡を感じもするのである。

前の記事

 映画館で子どもは笑い大人は涙していたと話題になったクレヨンしんちゃん『嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』をDVDで観る。始まりは1970年万博のシーン。ぼくも行ったが、まだ幼なく行ったという記憶しかない。それでも「月の石」を話題にした思い出は残っている。見れなかったに違いないのに心に残る、特別な展示だった。今のように月着陸に疑問が出される世の中じゃなく、みんな純粋に科学の力を信じていたなあ、と、これではすっかり映画の手の内。 その月の石、記録によると大人のこぶし大の大きさで約1kgとある。持つにはちょっと重いだろうか。そんなことを考えたのは、人間は500グラム程度の重さを本能的に選ぶという論文を目にしていたから。ブラジルのアラン・チャネル氏によるその研究によると、若い男性に、目標に投げたときに最大の損害を与えるような石を選んでくれと頼んだところ、並んだ180グラムから1900グラムまでの石の中から、全員が480グラムの石を選んだという。腕の長さや振りなどから力学的に考えると、確かにその重さが、最大のエネルギーを石に伝えられるという。 同じ研究によれば、地質学者が収集して各地の博物館に納められている試料も、平均500グラムだったとか。男性用のハンドボールの重さもほぼそれに近いし、1ポンドはほぼ500グラム。われわれは最適の重さを選ぶ力を先天的に持っているのではないかと推論されている。もちろん、重力の違う月では仮にそんな本能があったとしても働かなかったろうけれど。 それにしても500グラムってどのくらいなのだろう。気になって、台所の秤に手近なものをのせて量ってみた。ぼくの茶碗に伴侶のそれを重ねる。まだ軽い。4歳になった長男にようやく与えた瀬戸物を重ね、離乳食を始めた次男の食器を重ねる。これで500グラム。重なった4つの食器。なるほどなあ、ぼくたちにはほどよい重さの幸福や暮らしがあるのだろうと、ふとそんなことを思った。

次の記事