ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

イヌ、1万5000年

2002年12月26日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 高知の桂浜には何度か訪れたが、闘犬は見る機会のないままでいる。なんでも土佐闘犬は幕末に在来の四国犬と外来種をかけあわせてできたものという。日本の犬は、ことに明治以降、このように外来種と交配されたものが多く、純粋の日本犬は、四国犬のほか柴、北海道、紀州、秋田など数少なく、これらは天然記念物に指定されている。
 日本人と犬は縄文時代からの付き合いで、ずいぶん古い。動物学者のローレンツは、人とイヌの共同生活は5万年前からと述べているが、少なくとも旧石器時代から親しい仲にあることは間違いない。最近のDNA研究によれば、イヌが家畜化されたのはおよそ1万5000年前の東アジアでのことだという。起源はオオカミだ。
 化石からは、その後数千年という短い間に、世界の各地にイヌが広まったことがわかっている。中東やエジプト、ヨーロッパ。ベーリング海峡を横切ってアメリカ大陸にも渡っている。それだけイヌが重宝されたわけだが、番犬や荷役、狩猟と、活躍する場面は確かに多い。
 ちなみに、高知県仁淀村の民家にニホンオオカミのものとして伝わる骨から採取したDNAを、帯広畜産大の石黒直隆助教授らが調べたところ、在来のイヌとも大陸系のオオカミとも違う、固有の遺伝子配列だったという。オオカミとイヌは交配が可能だが、ニホンオオカミはいったいどういう経緯で誕生し、そして絶滅への道を歩んだのか。
 オオカミとイヌは、頭骨の形が違う。額から鼻にかけてのラインが、オオカミはなだらかなのに対して、イヌではくぼんでいるのだ。前頭葉が発達したためと考えられている。ヒトに気をつかってのことなのかどうか。花咲か爺さんのイヌと赤ずきんちゃんのオオカミの役割の差を思えば、1万5000年前の分岐がどんなに大きな分岐だったかと感慨深く、これほどの関係をヒトとイヌが築けたことの奇跡を感じもするのである。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

4 comments to...
“イヌ、1万5000年”
Avatar
小橋昭彦

土佐闘犬センター」、こんどは一度行ってみようかなあ。犬については「わんにゃんカレッジ:犬学部」でお勉強ください。古代DNAの研究については、日本でも「DNA考古学研究会」が立ち上がったところですが、「古代DNAデータベース」などどうぞ。イヌの起源についての研究は、米Science誌298号の「A Shaggy Dog History」をどうぞ。また、「ニホンオオカミは固有の遺伝子配列 骨をDNA鑑定」もご参考に。


Avatar
ハマ

大台ケ原の開山者、古川嵩(かさめ)に関する本を読みますと開山当時、狼夫婦と暮らしていたとあります。その後日本狼は絶滅、日本一の降雨量を誇る大台ケ原の気象観測にも貢献し、その情報をすぐに知らせる電話線も設置させたとのこと。


Avatar
kbhakt

コバシさん初めまして。
いつも楽しみに読んでおります。

「土佐闘犬センター」ですが、私も3年前くらいに行きました。

・・・行かない方がいいと思われます(笑)

本当の闘犬はすごいかもしれませんが、あそこで見ることができるのは「観光客用」でしたよ。
よく考えれば一日に何回も本気で戦ったら犬も足りないですよね。
血が飛び散るような激しいものを想像していたのですが、片方の犬が、パクッと相手の腹に噛みついて(それで勝負アリ)、でも時間がもったいないからかそのまま試合は時間切れまで続行・・・という内容でした。 

年に何回か「横綱決定戦」のようなものがあるようで、その日に見ればいいのかもしれませんが。

一応西武の松坂投手も訪れた事があるようで、壁に彼が闘犬を見物している写真が飾ってありました。

コバシさんがネタ用にどうしても!というのなら止めません。 まあ人間、最終的には人に語れる経験があるかどうかですから(笑)

それではまた。


Avatar
MAX

 ジャック・ロンドンの「白い牙(ホワイト・ファング)」「野生の呼び声」という小説で、
人間に服従したオオカミと、野生に戻った犬の話がありました。
私自身は子供の頃に読んだのですが、最初はエサに釣られて人間に近寄ったオオカミが
服従することに喜びを感じるようになるくだり、印象的でした。

ただしオオカミといっても純正種ではなく、ちょっとだけ犬の血も混じっている・・という設定だったと思います。

例えば鳥でも、オカメインコは人慣れします、とか、スズメは飼っても野生が抜けない、とか、
いろいろ言いますよね? あれって本能でしょうか?
たまに犬のように尻尾を振っているネコを見ると、「お前は自分のこと犬だと思ってるだろ?」とか聞きたくなります(笑)。

PS.私も闘犬センターには行ったことがあります。
噛まれた傷だらけの、最初から服従を表している闘犬が、同じところをまた噛まれてました。
kbhakt さんと同じで私もあまりお勧めはしません・・・。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 鳥類の一夫一妻について、9割は浮気・不倫をすると聞いたと指摘をいただく。調べてみると、出典は米サイエンス誌98年9月25日号。鳥類の子のDNAを調べたところ、一夫一妻制とされる約180種のうち、夫婦だけのDNAを引き継いでいたのは10%とある。一瞬、鳥類の一夫一妻制が否定されたかと思ったが、冷静に読み返せば、一夫一妻制のなかでも9割の種で逸脱が見られるという話だ。 ぼくたちは、ときに数字に目を奪われて正しい方向を見誤りがちだ。単純な例、返信をくれるのは3回に1回という表現と、返信をくれるのは3.1回に1回という表現を比べてほしい。おそらく、小数点のある後者のほうが信頼性が高くとられる。 続いて、これはちょっと知られた事例だが、あなたが勤め人とすれば、一年間のうち3カ月しか働いていないことを示す。まず、1日の睡眠時間を8時間として、365倍して年間122日は仕事をしていない。食事に1日3時間かかるとして、同じく年間46日が省かれる。週休2日なら年104日が休日。ということで、365日からこれらの合計をひくと、残り93日。ほら、あなたの仕事時間は3カ月しか残っていない。手順の誤りに気づかれたろうか。 冒頭の例もそうだが、たとえ誤りがなくても勘違いしがちなのがぼくたち。たとえば日本の家庭のうちサンタクロースが訪れた家が去年より倍増した、と言われたらどうか。サンタが大盤振る舞いするようになったと感じるが、去年が1軒だったなら今年はわずか2軒。サンタの気まぐれの範疇だ。 統計を読んだり扱うときの心がけを紹介した定番の書籍に、ハフによる『統計でウソをつく法』がある。原著の出版は1954年で、今も人気が高いロングセラーだ。現代でも、マウスや少人数のサンプルでの結論による健康情報に振り回されることが少なくない。半世紀を経ても、数字の魔力は健在らしい。

前の記事

 米国の宝くじ「パワーボール」の抽選で、3億1490万ドルがあたったという。一等の累積賞金が高額になっていたもので、個人の獲得額としては米史上最高だとか。自分で数字を選ぶこのくじの当選確率はおよそ8000万分の1。累積の高額賞金がときに話題になる。 この種のくじは、しばらく当選が無かったからといって当選確率が高くなるわけではない。しかし、たとえばコイン投げで裏裏裏裏裏と出たとき、次は表に賭けたくなるように、ぼくたちの心はときに理性を裏切る。実際は次に出るのは、表も裏も同じ確率。 2002年のノーベル経済学賞をとったカーネマン教授の「プロスペクト理論」は、人は合理的な判断をするとは限らないことを示したものだった。たとえば、80万円をもらえるか、もらえるのは100万円だが15%の確率でもらえない、のどちらかを選ぶとする。多くの人は、80万円をもらえる方をとる。では、80万円を支払うか、100万円支払うが15%の確率で支払わなくていい、では。たぶん、後者。得する場合には目先の確実な方を、損する場合には不確実な方を選ぶのが人間なのだ。ちなみに合理的に考えるなら、最初の質問では100万円×85%で期待値は85万円だから、相場に関わる人なら後者を選ぶ。 なんとなく気になって、賭けごとの還元率を調べてみる。競輪や競馬、競艇などの公営賭博は、ほぼ75%。宝くじは意外に低く、約40%。パチンコはギャンブルとはされないので公的な数字はないけれど、おおむね9割ぐらいのようだ。米国の大手カジノでは85%から93%くらいの間で調整しているという。 ちなみに、冒頭のパワーボール当選者は会社経営者なのだけど、賞金で事業をてこ入れし、解雇した人材を再雇用するのだとか。2001年にもあった高額当選者の場合は、慈善財団を設立して図書館や養護施設などに寄付しているという。個人的には賭けごとに手を出す余裕は無いが、夢が、ほかの人たちの夢を育むなら、それも悪くない。

次の記事