ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

数を数える

2002年11月07日 【コラム

 法事に来てもらった和尚さんから、数珠は計算機だと聞く。珠は煩悩の数である108つ。念仏を唱えるとき、ひとつづつ繰りながら唱える。ひとまわりすれば、二連になったもうひとつの輪の珠をひとつ繰る。こうして1万回唱えるときも、数を間違えなくて済む。
 小学館の百科事典にあたってみると、数珠の原語はサンスクリット語「ジャパ・マーラ」で、念じる輪の意味。後に「ジャパ」が「ジャパー」と誤って伝えられ、これがサンスクリット語でバラを意味することから、西洋で直訳されてバラの輪、つまりロザリオとなったともいう。確かに形が似ているが、ラテン語でバラの花冠を意味するロザリウムが原語だとする異論もある。
 数と起源つながりで、漢数字のルーツを調べる。なんと殷の甲骨文字。一は一だし、二は二。以下、現代の漢数字にとても似ている。3000年以上昔の文字をいまも使っているわけだ。ただし、読みはもう少し新しい。ひとつ、ふたつという和の読み方は別にして、いち、に、は呉の時代の読み方が入ってきたもの。
 おもしろいのは、兆(ちょう)から上は韓式の読み方であること。中国の国が代わったとき、読みを新しい国に合わせようとして、ふだん使う桁は定着しなかったけれど、大きな桁は漢式にできたともいう。ただ、ややこしいけれど、桓河沙(ごうがしゃ)から上、より大きな数はまた呉音。これはサンスクリット語がルーツで、とすると仏教で用いられていたことから変えるにしのびなかったということだろうか。
 ところで、現代の医学専門誌5誌を調べたところ、絶対的なリスクが4%から1%に減ったという事実を、「相対的なリスク軽減率75%」と説明するなど、強い印象を与える数字の使い方をしている論文が大半だったという。数字は、客観的に見えつつ、使い方によって読み手の心を左右する。操作されないためにも、数珠の珠でも数えて心を澄ませるか。


5 comments to...
“数を数える”
Avatar
小橋昭彦

数珠については「数珠は計算機?」、ロザリオについては「バラの名前・ロザリオの名前」、甲骨文字の数字については「殷の数字」がわかりやすく説明されています。また、医学論文での数字の魔術についてはJournal of the American Medical Association 2002年6月5日号の「Reporting Number Needed to Treat and Absolute Risk Reduction in Randomized Controlled Trials」をどうぞ。


Avatar
けんじ

まるで関係はないんですが、私は法事で数珠を持つと必ず眠くなります。お坊様のお経の声、線香の香り、畳の床、い、いかん考えただけで眠く・・・・・。
条件付けにしては気持ちよすぎる。なんなんでしょうね?


Avatar
MAX

最近「数珠みたいなアクセサリ」をつけた若い方がいますね。
それもピンクとか優しい色というより、茶色や黒っぽい色だったりして、
こちらがどきっとしています。

アジアブームのひとつ?かとも取れますが、
ちゃんとした数珠はもたないけど数百円の数珠アクセサリはおしゃれ、という
あの感覚、ちょっと私にはわかりません。

ところで数を数えるわけではないんですが、
確かに数珠みたいな玉が連なったものを手にとると、まさぐってしまいます。
電話のコードもしかり。
人間はあの手の規則性に惹かれるようにできている??


Avatar
樋口和則

私は反対に歴史を意識しているのはアメリカでは
ないかとおもいます。アメリカにはわずかな歴史しか
ありません
そのため、伝統(トラディッショナル)が大好きで
す。伝統を
大事にすることにより自分が歴史に参加しているとい
う意識に
浸る事が出来るのです。今回のイラクについても自分
たちが
民主主義の新しい歴史を、文明の発祥の地のひとつに
持ち込み
民族を解放するのだと興奮しているのではないので
しょうか。
私がこの事を学んだのは、江藤淳の『批評家の気儘な
散歩』新
潮選書からでした。絶版になっていますが、大変平易
で分かり
やすい人間の意識の歴史です。

ひとつの例証になるかと思いますが、マッキントッ
シュが傾いた
とき、一番説得を持っていたのは、マックはアメリカ
が発祥の
ものだから絶対に潰れない、アメリカの伝統(心)を
持っている
からだというものでした。誰かが手をさしのべる。そ
のとうり、
マイクロソフトのゲイツが援助しました。名前を残し
たいと言う
のがその理由です。

青臭い正義感が国を動かす、本当に怖いおもいがしま
す。


Avatar
藤井真理

ちょっと文章が長いです。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 文章は、手を入れれば1割か2割は短くなる。ほとんどの接続詞は削除可能だし、同じことを繰り返していたり不要な説明だったりする箇所も必ずある。オッカムがざりっざりっと削ってくれるわけだ。 オッカムというのは14世紀のスコラ哲学者で、「不必要に実体の数を増やしてはならない」という言葉で知られている。これがオッカムのかみそり。やさしい文なのに頭に入ってこないのは、「実体」という訳語がわからないからか。科学方面でよく使われる表現になおせば、「もっとも単純な説明が最良であることが多い」。ふたつの理論が同じことを言っているときには、単純な理論の方がよいというわけだ。 伝えられるところによれば、教皇に異を唱えたオッカムは、バイエルンの皇帝に庇護を求めたとき、「陛下が剣で私を守ってくださるなら、私はペンで陛下をお守りします」と述べたという。その決意ゆえか、彼はいまでも、実在するのは個物だけで普遍は名称にのみあるとする『唯名論』の代表的論者として伝わる。ちなみに、彼の言葉から連想する「ペンは剣より強し」ということわざは、19世紀イギリスの作家リットンの戯曲『リシュリュー』によって知られるようになったもの。 オッカムの時代からすでに700年近く経つ。いまでも彼のかみそりは鋭さを保っているが、ときには「悪か正義か」みたいなむちゃなそぎ落とし方をして戦いに突っ走る政治家がいたりもして、「普遍的な悪なんて無く、個々の人や民族があるだけじゃないの」なんて問いたくもなるが、深入りしないでおく。 ともあれ、こういう時代だからこそ、ペンは剣よりも強いと信じたいけれど、残念ながら理想にすぎないことが多い。調べてみると、この一文の前にはひとつの前提があったのだった。「Beneath the rule of men entirely great」つまり「完全に偉大な人物の統治のもとでは」。なるほど、そういうことか。

前の記事

 手術をした父が言っていたが、麻酔の注射はとても痛いのだとか。痛みを感じさせなくする注射が痛いとはさて、痛くない注射はないものか。 あるのである。蚊の針だ。蚊が血を吸うときに送り込む唾液には、血が固まらないようにする成分のほか、痛みを感じさせない成分が入っている。加えて、蚊の針は刺した瞬間も痛みを感じない。細いから、痛覚神経に触れる確率が低いのだ。蚊の針は全部で6本あるけれど、束にしても細い。この針を蚊は、突き刺すのではなく、のこぎりのような刃で、皮膚に切り目を入れるようにすき間を開けてさし入れる。 蚊に習えと、痛みの少ない注射針の開発が進んでいる。大阪工業大学で開発された注射針は外径60マイクロメートルと蚊の口とほぼ同じ太さ。関西大学のチームではノコギリの歯のようにぎざぎざの針を開発中。 蚊といえば、以前から気になっていたことがあった。蚊の主食は花の蜜などで、血を吸うのはメスだけ。産卵のための栄養を得るためだ。必要量はおよそ1mgと、体重の半分ぐらい。一度吸えば産卵までの数日は吸わない。そうと知ったのはいいのだが、それにしては一部屋に一匹しかいないらしいのに、何箇所も刺されたりする。どういうことなのか。 今回調べてわかったのは、それは人間が動くからだということ。吸っている途中で逃げる羽目になり、1mg吸うのに4、5回は吸わなくてはいけなくなるのだ。うむむ、とすれば、自ら犠牲になりたっぷり吸わせてやれば、他の人が吸われることはないわけか。さて、他人を蚊の被害から守るため、自らの身を蚊に託すことができるだろうか。 たっぷり血を吸った蚊は重みで動きが鈍くなるから叩きやすい。他人の血をたっぷり吸わせて、すかさず叩く戦略もある。いやはや、妙なところで自己犠牲精神を問われることとなった。

次の記事