ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

宇宙での暮らし

2002年9月30日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 宇宙飛行士への質問としてよくあるもののひとつは「トイレはどうするんですか」だという。サック状のものを局部にあて、出たものは宇宙空間に排出する。尿がきらきらと宇宙船の周りを漂うのはなにより美しいそうだ。アポロ宇宙船の記録を読むと、大のほうは、手袋付のポリ袋でかきだすそうで、不快この上ない。だからもっともよい対策は、便秘になること。
 とはいえ、尿の排出を失敗したり、吐いたり、下痢したりということもある。そうなると悲惨。ミッションの間は入浴もできない。アポロのカプセルが洋上に着水、ハッチを開けて出てくる飛行士を迎える映像を見るが、救援隊員はあのとき、独特の「宇宙の臭気」をかいだと回想している。さすがに最近の宇宙船では、トイレも着座式になるなど改善されてきているようだけれど。
 そうしたなかで対策が遅れている分野が、騒音だ。ファンやモーター、ポンプ、ギア。宇宙船内は音の発生源に満ちている。騒音問題についても予想されてはいたが、手が回らなかったのが実情らしい。
 月に立った最後の宇宙飛行士ジーン・サーナンの回想録に、月着陸船内で眠りつつ、外に広がる月面の静寂に思いをはせるシーンがある。アポロ宇宙船の騒音は、慣れることができる程度だったのかもしれない。進行中の国際宇宙ステーションの場合、さまざまな実験装置がつまれるため、深刻度が増してきたという事情もある。乗組員の報告によると、主作業区画で75dB。一般の掃除機並みの騒音だ。乗組員同士で、常に声をはりあげて意思疎通しなくてはいけない状況。
 騒音対策はようやくはじまったところで、まだ数年はこうした状況が続きそう。星見の対象ともなっている国際宇宙ステーション。もしその光をつかまえられたら、中で「何て言った?」と叫びあっているかもしれないと想像してみよう。星の世界が、ちょっと身近になる。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“宇宙での暮らし”
Avatar
小橋昭彦

アポロ関連の書籍としては『人類、月に立つ(上)』『人類、月に立つ(下)』が総合的かつ踏み込んだ内容でおすすめ。連続ドラマ『人類、月に立つ』としてDVDでも出ています。宇宙飛行士の視点から、ジーン・サーナンの『月面に立った男』、ひとつのミッションに関連して『アポロ13号 奇跡の生還』あたりをあわせて読むと理解が深まります。最近の宇宙でのトイレ関連事情は「宇宙での生活(2)洗顔・入浴」「宇宙での生活(3)トイレ」でどうぞ。国際宇宙ステーションの騒音については、「1999年のミッション」でも対策がとられていますが、近年の課題のひとつのようです。一般の騒音レベルについては、「目黒区」「騒音測定器」「騒音を伴う家庭内作業時の音の聞きとり」などを参考にしました。掃除機、最近は消音型が多く出ていますね。「掃除機」に一覧がありますが、70dBもないものが多くなっています。


Avatar
三好正直

先日NASDAの「宇宙へ好奇心!」というイベントを担当させていただいた中学校の教員です。国際宇宙ステーションと生徒がリアルタイムで交信を行っている瞬間を目の当たりにして、とても感動しました。
ちょうど地球の裏側にきているときに、交信を行っていたのですが、画像もとても鮮明で音声の後れもほとんどなく、科学の進歩につくづく感心しています。
宇宙への夢がまた一歩、近づいた事を実感したひとときでした。この感動を、多くの生徒に伝えたいです。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 兵庫県立人と自然の博物館の河合雅雄館長が、野生マウンテンゴリラの観察中、怒ったオスに突撃されて命を落としかけた経験を紹介していた。セットしてあったビデオをあとで確認すると、必死の形相だったかというとさにあらず、顔は笑っていたという。 それを読んでいて、桂枝雀の「緊張の緩和理論」を思い出していた。「くるぞくるぞ」「なんだなんだ」と緊張を高めて、「そんなアホな」と緩和する、そんなとき人は笑うと説く。ゴリラに襲われる瞬間を恐怖の到来と見るのではなく、「気をつけろ」というそれまでの緊張状態が「出た!」と一気に緩和されたと考えれば、なるほど、ここに笑いが生じるのが説明できると思った次第。 枝雀は、自らの理論をもとに落語のオチを4分類している。「合わせ」「へん」「ドンデン」「謎解き」だ。駄洒落でもいいのだけど、合いそうにないものが合う「合わせ」、話が極端な方向へずれる「へん」、どんでん返しの「ドンデン」、なるほどとひざを打つ「謎解き」。いずれも聴いている側の気持ちを高め、それから緩和させる手法。 ちなみに、古典的な理論では落語のオチは「しぐさ落ち」「とたん落ち」など10種類あまりに分類される。形式に注目したもの、しくみに注目したものなど分類の視点が一環していないと指摘し、観客の心理の動きに合わせて分類したのが枝雀理論だ。 ぼく自身、文章を書いていて、できればニヤリとくらい笑ってもらいたいと思うのだけれど、笑いは難しい。参考にとアメリカン・ジョークを眺めれば、「へん」に分類できそうな、おしゃれなものが多い。たとえば、飛行機内で騒ぐ子どもを叱っていた客室添乗員が、いつまでもきかないので、「外で遊んできなさい!」。レストランで「君、ハエが入っているじゃないか」「お客様、ご安心ください、ハエの代金は頂戴いたしません」。 考えてみると、緊張を高めるには自らの土俵に引き入れて語るだけの度量と魅力が必要なわけで、どうやらぼくにはそれがない。落とすには自らを高めねばならぬ。

前の記事

 次男が生まれ、4歳になったばかりの長男が顔を覗き込んで「おしめですかあ」と尋ねたり、それなりにお兄ちゃんぶっている。ふだんから高い子どもの声が、いっそう高くなるのがおかしい。母親の真似をしているのか、自然と口にするものなのか。 赤ちゃんに対するこうした語りかけを育児語と呼ぶ。名づけたのはアメリカのチャールズ・ファーガソン。母親の言葉だから、ジャパニーズならぬマザーリーズ。マンマ、でちゅか、といった幼児語とは区別され、声の調子が高くなること、抑揚が誇張されることに特徴がある。 母親が赤ちゃんに語りかけるとき、1回目より2回目、2回目より3回目と声の周波数は高くなる。聴覚の感度は、地声より高い帯域がよく聞こえるものなので、注意をひきつけようと高くなるのは理にかなっている。京都大学霊長類研究所の正高信男助教授によると、手話においても育児語的な現象があるそうで、耳の聞こえない乳幼児に対し、親は大きな身振りで手話を行う。赤ちゃんの側も、育児語や育児語風の手話を好む。 ちなみにサルの場合も、他のサルに声をかけるとき、1回目より2回目の方が周波数が高くなる傾向があるのだが、それ以上の回数については記録がない。そこまでしないのだ。3回、4回と繰り返して赤ちゃんと喜びを共有しようとするのは、人ならばこそ。 女子大生に幼児へ絵本を読んでもらった調査によると、育児語を使う人と使わない人がいた。育児語が自然に出るのは、年の近いきょうだいがいる人に多いという。このことから、きょうだいが少なくなった現代、育児語が身につかないまま母親になり、子がなつかないとストレスを感じる人が増えないか心配されてもいる。一方で、高齢者を介護するときまで育児語を使ってしまい、自尊心を傷つけているケースも指摘される。 父が手術をした。病室を出て12時間、無事すませて戻ってきた姿に、どんな調子で語りかけるか、頭をめぐらした昨夜だった。

次の記事