ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

カップの中で

2002年8月26日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 東の端からもたらされたお茶に西の端の砂糖を入れる。国力を誇示するようなこの表現が見られた18世紀、イギリスは世界貿易の主導権を握るようになり、紅茶はインドなどの東洋から、砂糖はカリブ海の島々で行っていたプランテーションから手にするようになっていた。
 当初は高価だった紅茶や砂糖も安くなり、大量に消費されるようになった。1650年にオックスフォードではじめて生まれたというコーヒー・ハウスがにぎわい、イギリス各地に広がった。政治から経済まで、さまざまな情報が交換され、政党を生み、ジャーナリズムを生み、科学者のあこがれ王立協会を生み、おまけにバブルまで生んでいる。
 バブルというのは、いまのバブル経済の語源ともされる南海泡沫事件。1720年に起こった南海会社の株価暴落をきっかけにした大恐慌で、もともと利益をあげられるはずのないバブルのような会社だったのでこう呼ばれるようになった。そんな会社の株がやりとりされたのも、コーヒー・ハウスでの情報交換があってこそ。
 アメリカ独立運動の決定的なきっかけともされる1773年の「ボストン・ティー・パーティ事件」は、ボストン港に入ったイギリス船の積荷だった紅茶を海中に捨てたもの。高価な紅茶と砂糖をあわせるのは、いわば究極のステイタス・シンボルでもあったから、イギリス上流階級のシンボルを捨てたところにアメリカがはじまったともいえるわけだ。
 サトウキビ畑のプランテーションにアフリカからの黒人奴隷が働かされていたことなども思うと、砂糖は決して甘いだけではない。砂糖で世界を記述することもできるという百科事典のひとことにひかれて調べ始めた砂糖。なるほど、一杯のお茶にも、世界の歴史が香っているのである。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“カップの中で”
Avatar
小橋昭彦

お茶については「茶の伝播」、砂糖については「砂糖をめぐって」など、過去のコラムもご参考に。砂糖が歴史にもたらした影響については『砂糖の世界史』がおもしろいです。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 オンラインショップの店長さんたちを対象に文章を書くときに気をつけていることを話してくれという依頼があった。当日までの宿題として、好きな食べ物について800字で書くことをお願いする。好きなものについてなら書きやすいし、自分と対象の距離を測る練習にもなるだろうと思ったわけである。なんのことはない、『翻訳夜話』で村上春樹氏のいう「カキフライ理論」の受け売りだが。 自分も同じ宿題をこなそうと考えていて、最初に思いついたのがシュークリームだった。特売でよく見かける、パックに入ったプチシュー。味は大きいシュークリームが勝るのに、なぜなのか。 いっしょに布団と水枕が思い浮かんだから理由はわかっている。しばしば高熱にふせった幼い頃、病床のぼくに祖母がよく買ってきてくれたのがプチシューだったのだ。田舎育ちのぼくにとっては、ふだん口にすることのない、ちょっと高級感のあるお菓子。元気をなくしている孫にという祖母の優しさだったのだろう。 熱が下がった上体を布団から起こして、そっと口を開く、その大きさにプチシューはほどよく合った。かしゅっとここちよい歯ざわりとともに、甘いクリームが口の中に広がる、そこにしあわせが凝縮しているような気持ちになった。 シューというのはフランス語でキャベツの意という。アンリ二世に嫁いだイタリア・メディチ家のカトリーヌ・ド・メディシスおつきの菓子職人がフランスに持ち込んだとされる。彼女がフランスに伝えたとされるものは他にも多く、フォークなどの食器も彼女が持ち込んだといわれるから、食文化そのまま、嫁いだわけだ。 調べてみるとこのプチシュー、婦人方が食べるときに口元を汚さないために小さく作られたという。エクレア、スワンシュー、サントノーレ、クロカンブッシュ。工夫を加えられ、シュークリームにはさまざまな変形が生まれている。最近は大きくてしっかりした味が人気だが、あの大きすぎも小さすぎもしない、一口サイズのプチシューこそ自分のしあわせ感にあっている、そんな気がする。

前の記事

 保育園から帰ってくるなり、祖母のところにかけていって、ダイコンとハクサイの種をください、とお願いしている。園内菜園で育てるのだろう。この夏もトマトやキュウリなど、自分たちで収穫した野菜が給食の食卓をにぎわしていたと聞く。小さな手で摘みとられる野菜を想像し、それらの来歴について思いをはせる。 ニンジンやナス、キャベツなどはアジアやヨーロッパでも昔から知られていたが、トマトやジャガイモ、カボチャやトウモロコシは南北のアメリカ大陸が原産だから、コロンブス以前は知られていなかったことになる。トウモロコシやジャガイモが人類を飢餓から救うのにどれほど役立ったかを考えると、新大陸「発見」は食卓にとっても大きなできごとだった。 ジャガイモは地下茎を食べることから、はじめは奇異な目で見られていた。もっぱら花や枝葉の観賞用だったのは有名な話。17世紀ごろから食用に栽培されるようになり、やせた土地でもできることから飛躍的に拡大する。そうなると、戦争にあたっては敵国のジャガイモ畑を荒らすことが重要戦略。1778年のプロイセンとオーストリアの戦争は「ジャガイモ戦争」と呼ばれもしているほどだ。 いまでこそぼくたちは野菜をはじめとした植物の恵みをあたりまえのように消費しているけれど、本来は、食べるものはもちろん、着るものから日用品まで植物に大きく依存していたわけで、むしろ植物に生かされてきたといえる。「だいこんとはくさいのたね」を育てつつ、子どもは、店頭に並ぶ消費するものとしての野菜ではなく、そんな、生きている仲間としての野菜について知ることになるのだろう。そう思いつつ、ふと、そもそもダイコンやハクサイの種ってどんなだったけと振り返る。あわてて保育園かばんを開けて確かめた今朝だった。

次の記事