ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

自分を信じる

2002年7月25日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 フランセス・アッシュクロフトによる『人間はどこまで耐えられるのか』は、全米オープンで優勝したプロゴルファー、ペイン・スチュワートの飛行機事故を紹介するところから始まっている。高度1万1300メートル、なんらかの原因で機内が急速に減圧、そのまま自動操縦で飛び続けた。住宅地に墜落する危険性を考えて米軍機がスクランブル発進。けっきょく燃料が尽きて墜落したが、乗員ははるか以前に命を失っていたはず。
 高度1万1300メートルにもなると、人間は生きていられない。無酸素で耐えられる限界は標高9キロ弱。世界最高峰の高さとほぼ同じというのは単なる偶然か。同書にはほかにも、月面で放置されても生きのびていた細菌の話、腕相撲大会に参加して、自分の筋力で骨が折れた男の話など、印象的なエピソードが紹介されている。高さや深さ、寒暖、あるいは宇宙という極限への挑戦。
 それらを読みつつ、自分を信じることの力を思っていた。腕相撲の男に見られるように、全身の筋繊維が同時に収縮すれば、骨を折るほどの筋力が可能になる。アスリートは、トレーニングによって筋繊維を同調させることを学ぶ。それでもすべてを同調させることはできない。素人ではなおのことだが、火事場のばか力という現象もある。ぼくたちはふだん、自分の潜在的な力を信じていないだけなのだろう。清水の舞台から飛び降りた気になれば、限界に迫ることができる。
 清水の舞台といえば、同寺学芸員の横山正幸さんの調査によれば、江戸時代、実際に234人の飛び降りの記録があったそうだ。最年少は12歳、最年長は80歳代。かつては飛び落ちと呼んでいたが、自殺ではない。多くは「心願」ゆえ。引き留めや未遂も含め、助かったのは85%。彼らの願いはかなったか。
 困難な課題ほど、自分を高めてくれる気がする。もうだめだと思う瞬間にこそ、予想しなかった発想が芽生えたり、力が生じたりする。日々の小さな挑戦。生活の中にも、清水の舞台は、たくさんある。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“自分を信じる”
Avatar
小橋昭彦

アッシュクロフトの書籍『人間はどこまで耐えられるのか』に感謝。「清水の舞台」は修学旅行の定番ですね。


Avatar
松本秀人

「人間の許容限界ハンドブック」(朝倉書店、1993、18540円)という本もありますよ。


Avatar
野崎 宏

この不況下、銀行の貸し渋りにどれだけ耐えられるか?なんて考える暇があったら、緊張のなかから思いもよらないビジネスの糸口を掴み取るために、ぼくも脳味噌をしぼることにします。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 4歳になって経験から覚えたけれど、半年ほど前まで、右と左をどう教えるか迷ったものだ。上と下、前と後ろは教えやすい。しかし右と左はどう教えるのか。「お箸を持つ手が右」というのは、左利きの人だっているし、場あたり的で避けたい。「心臓の無い方」というのは難しすぎ、それとて1万人に1人は右に心臓のある人がいる。 動物には左右がある。ヒラメやカレイの眼が生後移動して左あるいは右に偏る話は以前した。巻貝は右巻きが大多数だが、そのしくみは謎。モノアラガイの交配実験によると、左巻きの殻は右巻きの殻に比べて大きいということで、左右を決める遺伝子が大きさにも影響を与えているらしい。 ケニアの天然森林でツグミの一種の足の大きさを測ったのは、アントワープ大学の研究者たち。環境が悪化している地域の鳥の足ほど、左右の大きさが違ったそうで、左右が非対称ということは絶滅の危機に向かっているしるしではないかと説いている。ただ、統計上の誤差ではないかという指摘もあり、論争に決着はついていない。 人間の内臓も非対称の典型。心臓だけじゃなく、対称に見える肺だって左は2つ、右は3つのブロックに分かれているし、肝臓は右で、胃は傾いている。マウスには体の左側を決める「レフティー」という遺伝子も知られているが、それで納得してはいけない。そもそも遺伝子はどうやって右と左を知るのか。 科学技術振興事業団の発表によると、マウスの左右を決めるのに、胚の中心部で流れている液体の流れが影響していることがわかったという。通常は時計回りに流れている方向を人工的に変えると、左右逆の個体に成長するのだ。とはいえ、なぜ液体が時計回りになっているかと問うとそれは謎で、発見がさらなる謎をよんでいる。 ぼくの左手を、きみの右手とつなごう。きみの左手は、次の人の右手へ。右と左、深い謎の世界。それでも、右と左があるおかげで、ぼくたちは手をとり、輪となることができる。

前の記事

 夏の朝、子どもとラジオ体操に向かう途上、道の両脇にたくさんのミミズが群れているのに出会う。多くは陽光に干からびかけている。まるで集団自殺。なにがミミズを路上に迷わせたのか。 ミミズは日中は土の中で静かにしている。夜になると穴から体を出して地上の餌を採るようだが、体の後半まで出すことはない。一説に、夜の雨が穴を満たして追い出され、戻る前に太陽の紫外線で麻痺するのではとあった。さて、夜のうちに雨があったろうか。ミミズの生態には謎が多い。 謎といえば「ミミズにおしっこをかけると陰部がはれる」という言い伝えもそうだ。土を育ててくれるミミズを大切にするための迷信とも言われるが、ネット上を検索すると、実際に腫れたという経験談が複数ある。ミミズと出会うときはたいてい手が汚れていて、その手で局部を触るからだ、という説もある。いや、驚いたミミズが体腔液を発し、それがたまたま局部にかかるのだともいう。体腔液が脊椎動物に毒性を示すというのは確からしいので、ありえない話ではない気もする。 ミミズは環形動物門貧毛綱に属するが、言い換えれば貧毛とはいえ確かに毛を持っているわけで、これは恥ずかしながら意外だった。種によってちがうが、腹部、ないし全周に剛毛がはえていて、移動のときすべり止めとして役立っているのだ。 あのチャールズ・ダーウィンがミミズの研究をしていたというのも驚きだった。ミミズが動かす土の量を最初に測定したのも彼で、いまもしばしば引用される。累計すれば、地表の厚さ10センチの土は10年あまりですべてミミズの腸の中を通過した計算になるという。一般に1日に体重の半分の量の糞を出すというから、土作りの名人であるには違いない。 ミミズを利用して有機肥料を作るなど、ミミズは環境教育の格好の教材ともなっている。ダーウィンは28歳のときにミミズ研究を始め、死の前年、書籍『ミミズと土』を発表した。進化論で知られた彼は、生涯をミミズに捧げてもいたのだ。こんどミミズを見かけたら、しゃがみこんで子どもとじっくり、ダーウィンの話でもするか。

次の記事