ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

終わり、始まる。

2002年6月13日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 恐竜絶滅と隕石衝突の関連がこれほど注目を集めているのは、恐竜というたぐいまれな存在があってこそだろう。実際のところ、それに匹敵する、あるいは上回る絶滅なら、これまで何度か地球に訪れている。
 その中で最大のものは、2億5000万年前、当時の生物種の90%が死に絶えたペルム期末の大量絶滅。これを地球上にもたらしたのも、隕石の衝突ではなかったかという説がこのところ熱い論争を呼んでいる。証拠のひとつが隣町・兵庫県篠山市で発見されたこともあって、論争の行方がずっと気になっていた。仮に隕石衝突が原因とすれば、そのために地球の生態系が変わり、恐竜の登場につながったわけで、恐竜は幕開きも終幕も、隕石とともにあったことになる。もっとも、この時代には超大陸パンゲアの形成と分裂という一大イベントもあった。絶滅の原因は、地球内部の変化にあるとする学者も多い。
 それにしても、直径5キロメートル以上の隕石に絞っても、過去6億年間で約60個が地球に衝突しているという。5回の大量絶滅はすべて隕石に関係している、とする説さえある。ファンタスティックなのは、なぜこのように定期的に隕石が落ちてくるのか、という理由をさぐるところだ。恐竜時代へ、さらに過去へむかっていた思考は、ここで一気に宇宙に広がる。
 ぼくたちの太陽系は、銀河系の端に位置し、銀河とともにゆっくり回転している。回転しつつ、銀河面をおよそ6000万年周期で上へ、下へ往復しているのだという。隕石が多くなるのは、この銀河面を横切ることが影響しているのではないか、という説。あるいは、ネメシスと仮称する、遠く離れた太陽の伴星があって、その軌道との関連を指摘する説。
 定まった説はない。ともあれ、われわれは銀河の片隅の、小さな生命に満ちた星で暮らし、そしてまたいつか、隕石でか、あるいはほかの理由でか、絶滅する運命にある。何百年か、何千年か、あるいは何億年か先。それゆえに、今日という日は、はかなく、しかし慈しい。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

4 comments to...
“終わり、始まる。”
Avatar
小橋昭彦

最大の絶滅と隕石衝突について、関連論文は、「Did an Impact Trigger the Dinosaurs” Rise?(Science17 May 2002)」や「Impact Event at the Permian-Triassic Boundary(Science23 February 2001)」をどうぞ。また、反論としては「An Extraterrestrial Impact at the Permian-Triassic Boundary?(Science28 September 2001)」があります。このあたりは朝日新聞記事「史上最大の絶滅に新データ」に詳しいです。なお、地球の生命とその周期性について、日本発の壮大な説として、以前のコラム「10億年後の大渇水」をご参照ください。


Avatar
青山憲太郎

恐竜絶滅と隕石衝突との因果関係がほぼ確実だとは言うが、何故人類だけが生き延びたのか不思議でならない。隕石衝突は、恐竜絶滅の理由の1つには違いないが、全てではない様な気がする。いやもっと外の原因があり、隕石衝突は、人間の盲腸のようなもので、存在はするが、”あつたとして なかつたとしても”恐竜絶滅の理由は、もっと外にあると言う説の方が人類の偉大さが描かれて、面白い推論ができないか?昼寝をしながら考えた。


Avatar
小橋昭彦

そうなんですね、なぜ恐竜は滅び、人類、というか哺乳類が生き延びたか。このあたりが、隕石衝突説で、今後補強すべき点であるようです。


Avatar
じる

ともあれ、われわれは銀河の片隅の、小さな
生命に満ちた星で暮らし、そしてまたいつか、隕石でか、あるいは
ほかの理由でか、絶滅する運命にある。何百年か、何千年か、ある
いは何億年か先。それゆえに、今日という日は、はかなく、しかし
慈しい。

仕事関係の先輩が「心配しなくても今世紀中には皆いなくなっちゃうんだ」と私が悩み事を相談するたびに言います。私はなんだか肩の力が抜けるのです。そのことばを思い出しました。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 1980年、アルバレス親子が隕石の衝突が恐竜を滅ぼしたと発表したとき、信じる人は多くはなかった。最後に現れてものごとを解決するギリシャ悲劇の神よろしく、デウス・エクス・マキーナだと言われたりもした。数々の反論が隕石衝突説の裏づけを磨き、定説とされるようになったのはようやく90年代のこと。まだ10年になっていない。 隕石が落ちた場所はユカタン半島。隕石の直径は10キロメートル以上。秒速20キロから70キロで移動していたと推測されている。衝突は少なくとも直径170キロメートルのクレーターを作り、1000キロ離れた地点でさえ、地表が高さ数百メートル波打ったという。発生した津波の高さは100メートル、秒速500メートルで伝わっていった。 隕石衝突説の登場とその波紋を描いた書籍を読んでいて、アルバレス親子の父、ルイス・アルバレスが、原子爆弾開発チームのひとりであったことを知る。ノーベル賞も受賞した物理学者だ。広島への原爆投下を、上空の観測機から観測した人でもあった。 隕石衝突説が受け入れられるにあたっては、ふたつの論点が証明されなくてはなかった。ひとつは、6500万年前に実際に巨大隕石の衝突があったこと。こちらは、イリジウム調査を中心に確証が得られている。もうひとつは、隕石衝突が恐竜の絶滅に影響したこと。影響がなかったはずはないが、絶滅しなかった種もあることでもあり、こちらは論じる余地が残っている。 ルイス・アルバレスは、自説を補強するのに、核の威力を援用して隕石衝突の影響を説明することもできたはずだった。その後カール・セーガンが、核爆発が地球環境に影響を及ぼす「核の冬」という概念を訴えもしている。だが、彼はセーガンの論をひくこともなかったし、自分の経験に触れることもなかった。軽々しく口にできることではなかったのだろう。大量殺戮を上空から見るという稀有な経験。彼は、恐竜を滅亡させた巨大隕石を、どんな思いで重ねたか。1988年、論争が続くなか、彼はこの世を去った。

前の記事

 イヴの七人の娘たち。英オクスフォード大学ブライアン・サイクス教授の命名だ。ミトコンドリアDNAをたどることで、現代ヨーロッパの人々が、わずか7人の女性から分かれた子孫ばかりであることを明らかにした。 教授は、この7人に名前をつけている。4万5000万年前のギリシャに住んでいたアースラ。2万5000年前、マンモスとともに暮らしていたジニア。2万年前の地中海で暮らしていたヘレナ。1万7000年前のヴェルダとタラ。1万5000年前のカトリン、1万年前の終わりのジャスミン。もちろん、それぞれの時代に、彼女たちしか生きていなかったわけではない。ただ、なんらかの理由で他の女性の系列は途絶え、彼女たちの遺伝子だけが現代まで伝えられることになった。彼女たちがことさら特別だったわけではない。ただ、そうなった。 それは、人類の共通の母、ミトコンドリア・イヴについても同じこと。彼女がアフリカでひとりあったわけではなく、おそらくは1000人か2000人という人口のなかで生きていて、ただたまたま、彼女の子孫だけが、現在の60億という人類につながったということ。 それにもちろん、彼女から人類が始まったわけではない。彼女にも母はあり、その母にも母がある。ミトコンドリア・イヴとは、2人以上に共通のミトコンドリアDNAをだどったら、最初にたどりついた共通のルーツということだ。分岐の原点を探すわけだから、逆に言うと、ミトコンドリア・イヴには2人の娘が最低必要になる。 だから、あなたが女性で、ふたりの娘がいるなら、あなたが新しいアースラやジニアになる可能性は、ある。これから何万年かあとに、ほかの系列はとぎれ、あなたの持つ遺伝子だけが人類に広がったとしたら。 この時代を生きる中で、だれか特別なひとりなんて結局はいないのだし、それゆえに、一方では、あなたこそが特別なひとりになる可能性もあるのだ。

次の記事