ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

白亜紀の終わり

2002年6月10日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 1980年、アルバレス親子が隕石の衝突が恐竜を滅ぼしたと発表したとき、信じる人は多くはなかった。最後に現れてものごとを解決するギリシャ悲劇の神よろしく、デウス・エクス・マキーナだと言われたりもした。数々の反論が隕石衝突説の裏づけを磨き、定説とされるようになったのはようやく90年代のこと。まだ10年になっていない。
 隕石が落ちた場所はユカタン半島。隕石の直径は10キロメートル以上。秒速20キロから70キロで移動していたと推測されている。衝突は少なくとも直径170キロメートルのクレーターを作り、1000キロ離れた地点でさえ、地表が高さ数百メートル波打ったという。発生した津波の高さは100メートル、秒速500メートルで伝わっていった。
 隕石衝突説の登場とその波紋を描いた書籍を読んでいて、アルバレス親子の父、ルイス・アルバレスが、原子爆弾開発チームのひとりであったことを知る。ノーベル賞も受賞した物理学者だ。広島への原爆投下を、上空の観測機から観測した人でもあった。
 隕石衝突説が受け入れられるにあたっては、ふたつの論点が証明されなくてはなかった。ひとつは、6500万年前に実際に巨大隕石の衝突があったこと。こちらは、イリジウム調査を中心に確証が得られている。もうひとつは、隕石衝突が恐竜の絶滅に影響したこと。影響がなかったはずはないが、絶滅しなかった種もあることでもあり、こちらは論じる余地が残っている。
 ルイス・アルバレスは、自説を補強するのに、核の威力を援用して隕石衝突の影響を説明することもできたはずだった。その後カール・セーガンが、核爆発が地球環境に影響を及ぼす「核の冬」という概念を訴えもしている。だが、彼はセーガンの論をひくこともなかったし、自分の経験に触れることもなかった。軽々しく口にできることではなかったのだろう。大量殺戮を上空から見るという稀有な経験。彼は、恐竜を滅亡させた巨大隕石を、どんな思いで重ねたか。1988年、論争が続くなか、彼はこの世を去った。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“白亜紀の終わり”
Avatar
小橋昭彦

書籍『白亜紀に夜がくる』をご参照ください。コロンビア大学の「LABORATORY FOR DINOSAURS AND THE HISTORY OF LIFE」、日本語の「Dino Club」「衝突と気候変動、及び絶滅と文明盛衰」もご参考に。


Avatar
たけお@沖縄

楽しく読ませていただきました。

ルイス・アルバレス氏の胸中は、ホントどのようなも

のであったのでしょうか。

おそらく、父から子へとその思いは伝えられたので

しょうね。

それにしても、ユカタン半島に落ちたとされる隕石。

これだけの大きさが地球に衝突する確率たるやどれく

らいのモノなんでしょう。そのあたりも気になってし

まいました。


Avatar
小橋昭彦

>これだけの大きさが地球に衝突する確率

たけおさん、ありがとうございます。そのあたり、今回触れ切れなかったので、次回コラムでフォローします。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 いま、どこでコラムを読まれていますか。オフィスの机? だとすれば、少々覚悟のほどを。オフィスには予想以上に多くの細菌がいるそうだから。アリゾナ大学などの調査によると、1平方インチあたりの細菌数で、キーボードにはおよそ3300、マウスに1676、電話の受話器にいたっては2万5000の細菌が見つかったという。トイレの便座にはわずか49だから、オフィスはいわば細菌にとって楽園のようなもの。 オフィスに衛生管理基準はないのか。大丈夫、日本では「事務所衛生基準規則」というのが定められており、気流や室温、照度や給水などの基準が示されている。これには男性用大便所は60人以内ごとに1個、小便所は30人以内ごとに1個、女性用便所は20人以内ごとに1個なんて決まりまである。 とはいえ、各自の机をどこまで清潔に保つかまでは規定されておらず、利用者が気をつけるほかない。どうすればいいか。1日1回消毒シートで拭けば効き目抜群、と調査結果を発表しているサイトにある。調査のスポンサーは殺菌用品会社。やれやれ。 それにしても抗菌・除菌ブーム。われわれはいつからこれほど清潔に気をつかうようになったのだろう。調べてみると、19世紀、ウールがドイツでブームになった背景に衛生志向があるという。グスタフ・イエーガー博士が1870年に発表した「健康文化」という論文が火付け役で、ウールは病原菌を防ぐ高機能繊維であると論じていた。のちにロンドンでイエーガー商会なる会社が設立され、衛生下着を売り出しているから、衛生志向が商売になるというのもこの頃からだったようだ。 ともあれ、食事前にこのコラムを読んでいるみなさん、衛生下着や抗菌マウスもいいけど、食事に行く前に手を洗うくせをつけておきましょう。それが何より。

前の記事

 恐竜絶滅と隕石衝突の関連がこれほど注目を集めているのは、恐竜というたぐいまれな存在があってこそだろう。実際のところ、それに匹敵する、あるいは上回る絶滅なら、これまで何度か地球に訪れている。 その中で最大のものは、2億5000万年前、当時の生物種の90%が死に絶えたペルム期末の大量絶滅。これを地球上にもたらしたのも、隕石の衝突ではなかったかという説がこのところ熱い論争を呼んでいる。証拠のひとつが隣町・兵庫県篠山市で発見されたこともあって、論争の行方がずっと気になっていた。仮に隕石衝突が原因とすれば、そのために地球の生態系が変わり、恐竜の登場につながったわけで、恐竜は幕開きも終幕も、隕石とともにあったことになる。もっとも、この時代には超大陸パンゲアの形成と分裂という一大イベントもあった。絶滅の原因は、地球内部の変化にあるとする学者も多い。 それにしても、直径5キロメートル以上の隕石に絞っても、過去6億年間で約60個が地球に衝突しているという。5回の大量絶滅はすべて隕石に関係している、とする説さえある。ファンタスティックなのは、なぜこのように定期的に隕石が落ちてくるのか、という理由をさぐるところだ。恐竜時代へ、さらに過去へむかっていた思考は、ここで一気に宇宙に広がる。 ぼくたちの太陽系は、銀河系の端に位置し、銀河とともにゆっくり回転している。回転しつつ、銀河面をおよそ6000万年周期で上へ、下へ往復しているのだという。隕石が多くなるのは、この銀河面を横切ることが影響しているのではないか、という説。あるいは、ネメシスと仮称する、遠く離れた太陽の伴星があって、その軌道との関連を指摘する説。 定まった説はない。ともあれ、われわれは銀河の片隅の、小さな生命に満ちた星で暮らし、そしてまたいつか、隕石でか、あるいはほかの理由でか、絶滅する運命にある。何百年か、何千年か、あるいは何億年か先。それゆえに、今日という日は、はかなく、しかし慈しい。

次の記事