ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

タスマニアタイガーとテングシデ

2002年5月30日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 背中のしま模様からタイガーと呼ばれるけれど、姿は犬のようでフクロオオカミとも。有袋類、カンガルーのようにお腹にポケットがついている。タスマニア島に住んでいたが、19世紀以降、入植してきた白人が続々と殺害。最後に捕獲されたのは1933年、すでに絶滅したと考えられている。
 このタスマニアタイガーのDNA複製に成功したと、シドニーのオーストラリア博物館が発表した。遺伝子技術を用いれば、10年ほどで復活が可能ではないかという。高いハードルが残るにせよ、人類は、自分の手で滅ぼした生命を再生することができるようになるのかもしれない。
 とはいえ、たとえ再生してもそれはすでに野生のタスマニアタイガーではなく、いわば恐竜公園、ジュラシックパークの住民ではあろう。そんなことを考え、ふと、テングシデについての話を思い出す。
 テングシデは、広島県大朝町にある国指定の天然記念物。幹や枝がくねくねと蛇のように曲がっている。地元には、木を傷つけると天狗にさらわれるなどの言い伝えがある。テングシデをくねらせる正体は、突然変異。ねじれる形質を持つ遺伝子が代々伝わったものという。ただ、こうした遺伝子は本来、劣勢で競争力が弱い。それが生き残ってきたのは、地元の人々がねじれた木を恐れてまっすぐの木ばかりを切り倒した結果だとされている。
 人が自然を変える。そんな共通性からタスマニアタイガーの再生とテングシデを連想したものの、両者は大きく違う。テングシデを生んだのは伝説であり、自然に対する人のおそれだ。タスマニアタイガーを生もうとしているのは、自然への敬意か、あるいは技術的な挑戦心か。ふたつの間の違いを見つめ、われわれ自身が天狗にならないようにしなければと思ったことだった。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

5 comments to...
“タスマニアタイガーとテングシデ”
Avatar
小橋昭彦

Avatar
ハマ

昨日5/29NHK午後3時のTV番組で、柳生博さんと横浜の動物園園長さんの話の中で豊岡町のコウノトリの復活に50年前から取り組んで、やっと100羽目の雛が誕生したそうですが、まだゲージの中での飼育とのこと
将来の目標は、昔のように田植え時などにはすぐ近くで人と共存していたようにしたいとのこと
そのためには農薬を使わない、カルガモを利用して除草するとか、昔の環境を復活させなければできないようです。
昔から目出度いとされている鶴とはコウノトリを指しているそうです。


Avatar
tanaka hiroyuki

人の存在形態が遺伝情報の一つだとすれば、テングシデは賢いですね、でも偶然とは簡単に決められないことが生命の不思議だと思いいますね。
遼太郎君も元気ですか。
・・・
ひろたん。


Avatar
らば

テングシデのお話を見て平家ガニのことを想いました.
自然の一部であるはずの人間が故意ではないにせよありのままのものを枉げる、ということはとても興味深いです.


Avatar
小橋昭彦

そうそう、平家ガニ。ぼくも思い出し、一稿目では触れていたのですが、人間がどの程度関係したかの資料が見つからず、確証がなかったので、コラムからは削りました。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 しばらく前から、カンブリア紀の大爆発のことが気にかかっており、コラムにまとめようとしてはとまっていた。そんな矢先、スティーブン・ジェイ・グールドが死去したとの報が入る。バージェス頁岩に光をあて、カンブリア大爆発に注目を集めた立役者だ。 話が前後した。カンブリア大爆発とは、それまで単純な形態しかなかった生命が、5億年あまり遡るカンブリア紀になって、よく利用されるたとえだけれど、神様が粘土遊びでもしたようにさまざまな形態となって一気に現れたことを指していう。カナダのバージェス頁岩には、この時期の化石が、硬い骨格だけじゃなく、軟体性のものも含め奇跡のように数多く残っている。 グールドは、こうした大爆発の事例を紹介しつつ、進化というのは、これまで考えられているように自然淘汰によって漸進的に行われるのではなく、偶発性も盛り込みつつ、断続的に進化するのでは、と説く。仮に生命の歴史をリプレイしたら、同じ偶然が起こる保証がない以上、人類にたどり着くことができるかどうかと。 これに対して、漸進的進化論の主たる論客は利己的な遺伝子説を唱えるリチャード・ドーキンス。近作『虹の解体』でもグールドの説に手厳しい批判を加えている。グールドに対する反論は、バージェス頁岩研究の中心となっていたサイモン・コンウェイ・モリスも述べている。同じ環境化にある動物と植物が似た形態になる収斂(しゅうれん)と呼ばれる事例があるように、生命のテープをリプレイしたとしても、環境に応じて生命は進化し、人類のようなものが生まれるには違いない、と。 かようにさまざまな意見があり、ひとつの視点に定まらない。それがコラムとして触れることの難しさにつながっていた。だけど、こうしてさまざまな見解がやりとりされる、その多様性こそ人間の豊かさなのだ。グールドの書名にいわく、まさにワンダフル・ライフ、素晴らしき哉(かな)、人生! である。 さようなら、グールド教授。

前の記事

 映画『A.I.』に登場する歓楽の都ルージュシティの入口は、大きく開いた女性の口だった。今日はぼくたちもトンネルに入り、喉を滑り降りていこう。ただしこちらはリアルな人体の。 最初に到達するのは、もちろん胃袋。順天堂大学の坂井建雄教授の著書に、胃の役割は消化ではないとあって、長年の勘違いを正された。それじゃあ胃液の役割はなんだというと、殺菌と消毒。体温の37度という快適な環境のなかで細菌が増殖して腐敗が進まないようにしているのだ。胃を切除した人でも栄養の吸収に問題は無いわけで、つまるところ胃袋の役割は貯蔵所なのだという。 人間の場合、貯蔵所はひとつだ。いや、甘いもの用にもうひとつ持っているという人もいるだろう。好物を見ると脳の視床下部が刺激され、胃が収縮し腸に食べたものを送り出し、胃の上部に空間ができる。これがその「もうひとつ」の正体だ。牛じゃあるまいし、4つも胃袋があったりはしない。 送り出された食べ物と一緒に小腸に行ってみよう。ここは長い。およそ6メートル。小学生のころ読んだ科学書で「ぼくたちの身長よりずっと長い」とイラストがあって、こんなものが身体の中に納まっているのかとびっくりした。本当にびっくりした。だから、30年経った今になっても覚えている。どうやって納まっているかというと、ウェストを締めれば移動するように、あんがい適当なのだけれど、隙間なくみごとに納まっている。 小腸の次はおよそ1.5メートルの大腸。大腸には1日1.5リットルほどの水が流れ込むというけれど、これを吸収して形のあるウンコを作る。で、肛門から出て水洗で流されたり、最近は珍しいけど肥つぼに落ちてはね返りをお尻にかけたりする。 それはともかく、あなた自身が、トンネルを抜けてどこへ行くかは自由。このところ科学というと少し息づまりなニュアンスがあり、そうじゃなくあの、子どもの頃の「本当にびっくりした」感覚を思い出したいと、今日はトンネルの旅に出てみたのでした。

次の記事