ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

背と腹

2002年5月20日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 人間は口から排泄口まで続く穴、という考え方についてコラムで触れたところ、実際のところ消化管は穴であり、外部が入り込んだものといえるとコメントをもらった。自分の中を、まるでトンネルが貫くように、外部が貫通しているという見方は新鮮だ。
 調べてみると、なるほど、発生の初期段階で細胞分裂を繰り返すうちにくぼみができ、それが消化管になっていく。テニスボールを指でおして穴を開けていくイメージだ。最初のくぼみを原口というが、人間ではこちら側が肛門になる。もう一方の口の側は後にできる。だから、人間は後口動物。
 後口があれば先口動物というのもいる。原口がそのまま口になる。たとえば昆虫。昆虫の発生過程を追っていくと、おもしろいことに、人間とは裏返し。口と肛門、つまりは頭と尻が反対になるだけじゃなく、背と腹も逆だ。神経は人間のように背の側じゃなく、腹の側。背に腹は変えられないとことわざに言うが、もし背と腹を変えてしまったら人じゃなく昆虫になるってわけか。
 発生の初期段階で、頭と尻、あるいは背と腹の側がなぜ決まるか、というのは、いまも研究が続けられている重要なテーマ。躁鬱(そううつ)病の治療薬、リチウムを初期発生時に作用させると背側活性を持つことが知られている。
 背と腹、どちらが大切かといえば一般には内臓が多くある腹側で、身を守ろうとするとき、人は背中を丸めて身を縮める。子どもを守るときも抱きかかえる。ところが欧米人の多くは子どもを背後にして危険に立ち向かうと指摘して、精神構造の違いを指摘する学者もある。
 日本でも親の背を見て子は育つと言うではないかと思うが、岩波ことわざ辞典によれば、これは第二次大戦後、それもずいぶん経ってから生まれた表現だとか。日本ではやはり腹が優勢だったか。立ったり座ったり抱えたり割ったり探ったりくくったり、人とのつきあいに腹は欠かせない。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

7 comments to...
“背と腹”
Avatar
小橋昭彦

発生での穴の開き方は「ウニの発生の写真」あたりがよいかな。昆虫については「検査のわき道」がおもしろいです。また、発表されたばかり「生物の“腹”と“背”を分けるメカニズムの一端を解明」もご参考に。


Avatar
小橋昭彦

没ネタ。12億年前、最古の多細胞生物の化石(朝日5月10日)。八つ目ウナギの上唇部が哺乳類の鼻に進化(日経5月7日)。チノパンの起源は中国から来た生地だから(日経4月26日)。人類はむしろ森から追放された側(日経4月21日)? 妊娠した時期の喫煙が多いと女児の可能性が高くなる(神戸4月20日)。王子動物園のパンダ夫婦、同性だった(朝日5月15日)? フーリガン対策に敷石固め(朝日5月15日)。廃川、昨年は1件、500メートル(朝日5月1日)。日本史でも環境重視した見方(日経5月4日)。


Avatar
大谷

骨格を外側にもったのが昆虫・甲殻類で、内側に持ったのが脊椎動物だという哲学者の指摘があったと思います。
生物進化の歴史から言えば、甲殻類の方が先で、脊椎動物が後だったと思うので、我々が体の周りにあった「骨」を内側に取り込んだ生物、と言うことになるのでしょう。
(専門家ではありませんが、後口と前口の関連から)


Avatar
Yuki

小橋さん、私は落ち込んでいくほうが口だと何の疑問もなく思っていました。すぐ調べて確かめてみるのが大切なんですね、勉強になりました。ありがとうございました。


Avatar
Yuki

そして、それが背と腹の文化論につながるなんて、なんて素晴らしいことでしょう。感動的でさえあります。


Avatar
小橋昭彦

Yukiさん、ありがとうございます。ネットを中心に、百科事典や辞典を行き来して、さまざまな視点を検討していきます。だいたいコラムはそんな風に呻吟しつつ生むのですが、そうおっしゃっていただけると報われる思いです。

大谷さん、ありがとうございます。そうなんですよね。昆虫は骨のありどころも人間と逆。おもしろいです。


Avatar
ハマ

人を貫く穴の話、面白いと思いました。
毎日の通じがよくないとすっきりしないのは道理です。
モンゴルの鷹匠が、捉えた鷹を手なずけるために、麻玉を牛肉にくるんで食べさせるそうです。一定の時間がたつと
麻だまだけは消化されずに吐き出され、たっぷり脂肪を含んで出てきます。体内の脂肪を吸い取られた鷹は空腹感を覚え調教しやすくなるそうです。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 子どもと寄ったドーナツ店のトレイ敷に、ドーナツの穴の由来が書かれていた。いわく、米メイン州に住んでいたハンソン・グレゴリーという船乗りに起源があると。彼が子どもの頃、母親の揚げるドーナツの真ん中が生っぽいと文句を言ったことから、母親がドーナツの真ん中をくりぬいて作るようになったという。 ドーナツをかじりながらそれを読んでいて、映画『マルコヴィッチの穴』じゃないけど、「穴」が新しい発見、新しい可能性をもたらすことって、これまでもいろいろあったんだろうな、と想像していたのだった。 マカロニにも穴があるが、あれは乾燥させたり固ゆでしたりするのに便利なのと、ソースがからみやすいためだという。残念ながら起源はわからない。なにせスパゲティより古く、数百年以上の歴史がある。 ゴルフボールのディンプルはどうだろう。空気抵抗を減らして飛距離を伸ばすことが知られている。物資が少なかった時代、使い込んで傷ついたボールの方がよく飛ぶので、新品にもわざと傷をつけて発売するようになったのが起源という。 まて、そもそも人間のことを、口から排泄口まで続く穴だと言った人がいなかったか。それは極端にしても、壁と屋根に覆われた空間、つまりは穴に暮らすことを習慣としているとはいえそうだ。蛇口やガス管、コンセントの形状を思えば、ぼくたちは穴のおかげで生活できている気もする。 ことわざに、人を呪わば穴二つとある。あの穴は墓穴だという。呪いを受けて死んだものが入る穴ひとつ、呪ったもの自身が入る穴ひとつ。いやまったく、人を呪うものではない。 重力井戸という表現がある。重力がものをひきよせる穴とすれば、ぼくたちは地球という穴の底に住んでいる。同じ穴のむじなということか。 お父さん、行こうよ。子どもの声が思考を中断、ドーナツ穴をあとにする。子どもとのんびりできる、穴場だったかもしれない。見上げた空は広く、青い。

前の記事

 今でこそふくよかで丸い顔をした東大寺の大仏だが、作られた当時は細おもてだったらしい。東大生産技術研究所の池内克史教授らのグループによる研究結果だ。東大寺の大仏をコンピュータ・グラフィックスで再現、それに東大寺に伝わる文献から拾った顔や目、鼻、口などの大きさをあてはめたもの。 天平時代から座ったままで運動しなかったから太ったというわけでは、むろんない。大仏は、開眼の約100年後に地震で頭が落ちたり、源氏と平氏の戦いで大仏殿が炎上したり、戦国時代に焼き討ちにあったりしている。そのたびに修復されてきたわけだが、そのどこかで変わってきたらしい。 それで、修繕ということが気になって調べてみる。最初に思い出したのが、中国映画『初恋のきた道』に出てくる、陶磁器の修理屋だった。映画のように売り歩く風景こそ日本では見かけなくなったけれど、金継ぎとして成り立っている。映画では金属で縫うように直していたが、日本の金継ぎはご飯粒や漆を使う。継いだところに金粉を塗って、修理箇所が生み出す偶然の妙を楽しむ。西洋ではこうした考え方が通用せず、外観を元通りにすることが求められるのだとか。 油絵の修復はどうだろうと、東京芸術大学の歌田真介教授による『油絵を解剖する』を読んだ。そして、油絵が単に絵としての芸術性だけでなく、技法や材料も画家の能力ととらえられると知って目を開かれた。どんな画布に描くか、どんな油を利用するかで、保存性がまったく違ってきて、つまりは修繕のしやすさにつながるのだ。 著者は、黒田清輝以降の日本の洋画は、技法や材料がしっかりしておらず、信じられないようないたみ方をするものが多いという。それに先立つ高橋由一らが技法も正しく日本に広めようとしていたのに対して、黒田以降は表現ばかり輸入して技術を学ばなかったのではと指摘している。 金継ぎをして瀬戸物を使い続けたり、あて布をして衣服を着続けたり。貧乏なように見えて、その実、使い続けられるだけの素地を持っているということであり、今を未来へつなげる行為として、豊かで、深い。

次の記事