ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

潮干狩り

2002年4月29日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 春の1日、浜辺で潮干狩りを楽しむ連休の一こまが新聞に掲載されていて、この風景はいつから続いてきたのだろうと考える。青柳の泥にしだるる汐干かな、句にしたのは松尾芭蕉。品川あたりは潮干狩りの名所として知られており、浮世絵としても残っている。
 百科事典にあたってみると、潮干狩りはレジャーとしてではなく、信仰行事として始まったと記されていた。旧暦3月3日、家族揃って重箱を手に海浜に出かけ、みんなで飲食をする。ひなを水に流す風習があるけれど、自らも潮水でけがれを払い、魚介類をとって遊ぶというわけ。節句の日に浜辺で遊ぶ行事は、磯遊びとして今も行われているところがあるという。
 この季節、磯遊びと同じように山に行って共同飲食する山遊びも行われており、こちらは花見のルーツと考えられている。潮干狩りと花見。浜へ、山へ、同じような信仰を背景にしているということになる。
 野遊びといえばピクニックが思い出されるが、こちらはイギリスが起源で、1800年ごろに始まっている。産業革命で都市化が進むなか、家族揃って自然のなかに出かける1日が求められるようになったということであったか。
 ふるさとの町でもっとも高い山の頂上までは1時間弱。ちょうどいい山歩きとなり、都市部からやってくる人たちも多い。ぼく自身、その頂上に何度立ったろう。さわやかな風を受け、町を見おろすときの達成感。蛇行する川沿いの竹やぶや、小さく走る車。鳥の目を得て、どきどきした子ども時代を思い出す。
 先日、久しぶりに友人たちとこの山に登った。約束をして頂上から家に携帯で連絡。庭に出てきた子どもらを見おろし、豆粒のような姿をみやりつつ「見えるよ」と会話する。新しい機器が生んだ新しい山登りの楽しみ。と同時に、電話を切ったあと、鳥の目を得たときまで地上とつながらなくてもいいのになと、自分たちを笑い合ったりもしたのだった。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“潮干狩り”
Avatar
小橋昭彦

今日の没ネタ。ペリーの土産はバラの香水(朝日3月16日)。最古の玉ちょう、西安で発見(朝日3月10日)。太陽系をつくった材料にすくなくとも3つの超新星由来のもの(朝日3月9日)。低タールたばこでも銘柄によっては表示の7倍(朝日3月10日)。6万年前のヒグマ、7000年前のペンギンの骨からDNA抽出(朝日3月22日)。兵庫県の銭湯、水着で混浴なども可(神戸3月8日)。筋肉が動くメカニズム、日本の「あいまい説」に脚光(朝日3月7日)。近親交配重ね弱る但馬牛(朝日3月21日)。


Avatar
サトル

沖縄では、旧暦の3月3日に浜下り(はまおり)という行事が行われるのだそうです。家族で浜に出て潮干狩りとかするらしいですよ。また清明祭という先祖供養の行事もするとか(詳しくはわからないのですが)…生活の中にいまでも行事として残っているのでしょうね。

(初めてのコメント投稿ですが,投稿ボタンいいですね0^^)




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 わきがや人糞などの匂いを研究して、もっとも悪臭と思われるものを爆弾として利用しようという「悪臭爆弾」構想。冗談かと思ったら、米モネル化学感覚センターの研究者たちが国防総省の助成金を受けて進めてきた研究の成果というから、まじめな話らしい。 ジェイ・イングラムの著した『天に梯子を架ける方法』には、これと似たような、ウソのようなまじめな話が多く紹介されている。100人分のオーダーを覚えられるウェイトレスの脳の研究、蛾が光に向かって飛ぶ理由、精神病院に正気の人を送り込んだとき医者は見破れるかなどなど。難しい顔をした科学がふと見せる、いたずらな笑み。 もっとも、ときには科学の顔をしたとんでもない話が生まれるのも人間社会で、米国の物理学者のロバート・L・パークはそれを「ブードゥー・サイエンス」と名づけて目を光らせている。昔から多いのは永久機関を発明したといった種類のホラだけれど、近年でいちばんのブードゥー・サイエンスは常温核融合だったと指摘する。 ぼくたちは、Aという出来事のあとにBという出来事が起こると、ふたつに関連性があるように思う。なにかを食べて気分が悪くなったなら、次回からはそれを食べないほうが無難だ。こうして人類は「信じたがる脳」を持つようになった。もっとも、パークにかかれば、宇宙ステーション計画だってブードゥーの範疇で、ロボットで充分な研究のために人間を宇宙に送り込む必要性はないと主張する。このあたりの判断基準は、ぼくたちと少し違うのかもしれない。 正しい道なのか迷い道なのかの判断は難しい。近畿大の先端技術総合研究所で生まれたホウレンソウブタだって、遺伝子組み換えでほうれん草の遺伝子を組み込んだ「ヘルシー」なブタだそうだけど、普通に聞けば冗談に聞こえてしまう。先端と冗談は紙一重なのか。 ちなみに冒頭の悪臭爆弾、実験の結果、一度は効いてみんなその付近から逃げ出すんだけれど、2度目からは慣れてしまって逃げないのだとか。くさい話にも免疫ができればいいが、こちらはそうもいかないらしい。

前の記事

 チンパンジーは、単語に相当するものを数百くらいなら覚えることができる。しかし、食事や危険を声にして仲間に知らせるなど「発声」に近く、文法までは持っていない。単語を超えた文のレベルを理解できるかについてははっきりしないのだ。 最初は単純な単語が生まれ、やがて単語と単語が結びつき、複雑な意味を表現する文法が生まれる。そんな言語の歴史をなんとなく信じていたので、ジュウシマツが文法を持っていると知って驚いた。千葉大学の岡ノ谷一夫助教授らの研究だ。 ジュウシマツの歌は、もって生まれたものではなく、親から子どもに伝えられる文化だという。だから、聴覚を失うなど学習する機会が無かったり他種に育てられたりすると、本来の歌を歌えなくなる。岡ノ谷助教授の研究しているジュウシマツでは、7つの要素を組み合わせて3つの「単語」を構成しており、それらを特定の文法で配列して歌っているという。ジュウシマツの原種であるコシジロキンパラでは歌はずっと単純で、進化するとともに文法が複雑になっている。 ハンディキャップ理論というのがある。ある個体が生存に不利なハンディキャップを持ちつつ生存競争に勝ち続けているなら、それを補うだけの優れた面があることを意味する。とするとハンディキャップが大きいほど、自分の優位性を示すことになり、異性にアピールするという説だ。 ジュウシマツで、歌うのはオス。歌で恋を語りかけているわけだ。メスは歌わず、じっくりと歌を聴いてオスを選ぶ。実際、複雑な歌をより好むことがわかっている。ところで、複雑な歌は天敵の注意を引き、危険性が増すことにつながる。そこでハンディキャップ理論。メスは、複雑な歌を持つオスの方が天敵から生き延びる術に長けていると判断して選ぶ。それが積み重なった結果、歌が複雑に進化してきたのではないかというわけだ。 人の言葉も、単語と文法が別に進化してきたのかもしれない。文法は、恋を伝えるためであったのか。いとしい人に伝えるためにいっそう、複雑な文法を手にしてきたのだったか。そう考えれば、学生時代のグラマーももっと楽しかったろうに。

次の記事