ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

ゲーム理論

2002年4月04日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 100万円あったとする。別人とそれを分けなくてはいけない。分配率を決めるのはあなた。ただし、相手が拒絶すれば100万円は没収、二人とも一銭も受け取れない。相手との相談は不可。さて、あなたは分配率をどう提案する?
 ウィーン大学のシグムント教授らによると、こうしたゲームをした場合、おおむね3人に2人までが相手に40%から50%を与える提案をする。これならフェアだ。しかし、考えてほしい。相手にとっては、提示された金額がどうあれ、拒否すれば何も手に入らない。仮に相手に1%、自分が99%でも、相手にとっては受け入れるのが得になるはず。
 このような人間関係を分析する学問を、ゲーム理論という。人間が利己的で合理的に行動することを前提にするが、実際には、そうはいかない。前述の例の場合だと、自分の取り分が20%未満になる提案の場合、およそ半数の人が拒絶する。
 相手があると人間は完全に自己中心的になることは無い。たとえ自分が損をしてでも、相手の自己中心主義を通すまいとする。人間関係のバランスを保ち、社会全体を進展させていく知恵なのかもしれない。
 名前から遊びの学問のように勘違いされがちなゲーム理論だけど、実際はノーベル賞受賞者も複数生んでいる大きな学問。いまでは数学だけではなく、経済や政治、あるいは生物学などでも取り入れられている。
 新聞一面に相手の拠点を威圧する強国の戦車の写真。なぜ家を壊しているのと尋ねる3歳の子に、怖い車なんだと答える。そんな車つぶしたらいいのにという言葉に、そうすれば平和になるねと言いかけて、「でも車を壊すということは、自分もいじわるしているよね、それじゃあいっしょじゃないかな」と続ける。じゃあ、どうすれば怖くなくなるの、と彼。
 ぼくには答えられない。しかし、3歳の子を納得させられる理論と行動を、人類はきっと見出せるはず。それを考えようね、と息子に伝える。彼には重い宿題と知りつつも。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

9 comments to...
“ゲーム理論”
Avatar
小橋昭彦

さすがに大学関連の関係ページは多いです。次のサイトなどがわかりやすいです。「ゲーム理論」「ゲーム理論入門」「An Introduction to Game Theory」「進化ゲーム理論研究会」。


Avatar
小橋昭彦

えーと、念のために付け加えておくと、「相手があると人間は完全に自己中心的になることは無い。」に続く段落は、人間は自己の利益ばかりを考えるわけじゃない、という結論ではありません。

確かにそう見えるけど、実際には人間関係を保つことで自己の利益を守っているということなのだと。社会が進展する中でそうした姿勢が伝わったのだと。進化ゲーム理論という分野の話になります。

なんだか難しいですね。日経サイエンス4月号、78ページをご参照ください。


Avatar
小橋昭彦

もうすこし補足します。

人類の進化の上で、交渉が1回だけということはまずなかったわけで、仮に今回1%の取り分をのんでしまえば、その後ずっと少ない取り分が定着する可能性がある。でも、今回は損をしても拒絶すれば、次回からは高い取り分を提案される可能性が芽生える。自然淘汰の上では、拒絶したほうが有利になるはずだと。

こんな風に考えれば、説明がつくということですね。「人は自己の利益を追求する」という前提をはずしてしまうと、ゲームにならないので、そこの部分は疑いをはさみません。ゲーム理論では。(O先生、つっこみありがとうございます!)


Avatar
井浦ムツオ

「日本語になぜ謙譲語あるんだろう?」と素朴な疑問
をもっていました。譲るんですからね。でも、よく考
えると、譲った変わりに平穏とかストレスの回避など
の利益を手に入れているとも言えるのでしょうね。


Avatar
井浦ムツオ

また、欧米(どこが発祥か忘れましたが)のモノポリ
というゲーム、一人が勝ち占めるまで終わらないで
しょう?性格なのでしょうか?

まあ、二人の交渉の場合、それぞれが何を利得と考え
るかで、またお互いの関係上、ずいぶん交渉模様が変
わるはず。商売敵、師弟、夫婦、、、などなど。
先読み型ゲーム理論を勉強して交渉にあたろうかな。


Avatar
幸福論

人間は完全に自己中心的であると仮定しても説明できるのではないでしょうか?
「自分が得られるお金」と、「相手が交渉不成立で受けるダメージの大きさ(それを見る楽しさ)」の天秤ということでも説明つきませんか?
本当にお金に困っている人は取り分1%でも受け入れる可能性は高いし、大金持ちは99%でも受け入れないこともあるでしょう。ゲームとして考えるならこちらの方が理屈にあっているようにも思います。


Avatar
僕は青い鳥

果たして車(戦車)を壊すことは意地悪なのだろうか
家を破壊する行為と同列に扱う話とも思えないです
(戦車ごと中の人間も殺すというなら別ですが)
戦車を潰しても平和になるとも思えません・・・


Avatar
小橋昭彦

幸福論さん、その通りです。一見矛盾する結果が出ても、「人間は完全に自己中心的である」という前提で説明するのがゲーム理論です。コラムでは触れきれなかったので補足説明していますが、ここでは「進化」という視点が用いられています。

僕は青い鳥さん、そうですね、いろいろ難しいですね。どうすればいいんでしょうねえ。


Avatar
ロケット

「人間は完全に自己中心的である」という前提で説明
するのであれば、日本では、ゲーム理論ってのは、成
立しないかもしれませんね。

以前、子供が産まれたばかりの先輩と話していたと
き、「戦争が始まって招集かかった時どうする?」の
問いに、その先輩は、「子供の為にも国が無くなる事
は、避けなければならない。家族の為にも戦争に行
く。」っと、しかし、独身の僕は、「難民になっても
死にたくない。生き延びたい。国なんか関係な
い。」っと。
特に今の日本人は、僕の様な考え方が多い様な気がす
るのですが、どうでしょうか?

「国を譲る変わりに命だけでも助けてくれ」っての
が、また、自己中心的なのかな(^^)




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 一般的になった仮想現実と似たような言葉で、研究が進められているのに強化現実という技術がある。仮想現実が現実を模倣した世界を構築するものなら、強化現実は、現実の風景に仮想情報を付加する。 東京大学デジタルミュージアムでは、ヘッドマウントディスプレイをかけて館内を見て回ると、展示に関する説明が展示物ちかくの空間に浮かび上がる。強化現実を利用し、人に出会うと顔をスキャンしてデータベースを参照、プロフィールが自分にだけポップアップされると便利かもしれない。 いまひとつ、限定現実なんて技術もある。こちらは、看板や広告など不必要な情報がカットされて視界に入る。仮想、強化、限定といった現実が世の中に出回ると、いったい他の人が何を見ているのか、共通した土台が無くなってしまうことだろう。ただ、そもそも感覚なんてそんなものかもしれない。 共感覚という現象がある。共感覚者は、言葉を見て色を感じたり、音に色を感じたりする。2000人にひとりとも、2万5000人にひとりとも言われるけれど、「甘いマスク」「黄色い声」「くさい話」といった表現が一般的に使われるところをみると、共感覚的な感性は、もっと一般的にあるものともいえる。 米バンダービルト大学のトマス・パルメリ博士が、ある共感覚者にテストした結果によると、「2」だとオレンジだけど「two」だと青といったように、意味より言葉そのものによって色が違ったという。本を開いて、内容ではなく美しい色彩にしばし見とれることもあるのだとか。 あなたの隣の人が、あなたと同じ光景を見ているとは限らない。現実なんて、前提が違えばまったく違って見えるものでもある。たとえばこれから、ぼくはひとつの魔法の言葉を書きとめる。その言葉を目にしたあとでは、あなたの、このコラムへの視点だって、がらりと変わることだろう。 その、ひとこと。今日は、エイプリル・フールだ。

前の記事

 この世には動物と植物がいる。そう信じられていたのは、もう昔の話。ダーウィンの進化論を受けて生物の系統樹を構想したドイツの動物学者ヘッケルが先鞭をつけたのが植物・動物の二界説だけど、この二つの王国は1969年に崩壊する。 その年、生物を動物界、植物界、菌界、原生生物界、モネラ界の五つに分けたのがホイタッカー。以後、広く受け入れられるようになった。この五界説を補強したのがマーガリスで、『五つの王国』という書籍にまとめている。 マーガリスが提唱する共生説は、真核生物の起源が共生だったとする、素人が聞くとSFのような話なんだけど、有力な説なのだとか。つまり、モネラ界に属する、はっきりした核をもたない原核生物がまず地球に生まれ、これらが共生することで真核生物が誕生し原生生物界を形作る。原生生物界が多様化することで、菌界、植物界、動物界が生まれる。こうして現在の五つの王国が生まれたと説明する。 地球上にはさまざまな生命がいる。ひと昔前までは生物なんていないとされていた地下にも、生物がいることがいまでは常識。太陽光も酸素も無い、だからこれらの生物は硝酸や硫酸などを酸化に利用してエネルギーを得る。いわば硝酸呼吸や硫酸呼吸をしているわけ。地下数百メートルから見つかった細菌が、採取されたあと、2億5000万年の眠りから覚めたなんて報告もある。ほんの少し前までは誰も信じていなかった、マントル生物圏の可能性さえ、指摘され始めている。生物圏はいったいどこまで広がるのか。 マーガリスは、最近では古細菌を分離し、六つめの王国としている。またウィルスは、生物としての分類におさまらない、しかし生物的な存在として五界とは別に位置づけている。広大ないのちの王国のなかでは、ヒトなんて動物界脊索動物門、哺乳綱獣亜綱、さらには霊長目ヒト科云々に属する小さな存在だ。知識を求め、人を愛し、自らの存在意義を問う、小さな奇跡ではあるにしても。

次の記事