ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

彗星との出会い

2002年3月10日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 日没後の西の空に、新しく発見された池谷・張彗星が輝いている。発見されたといっても、どうやらこれまで何度か地球を訪れていたらしい。軌道計算からは、この前訪れたのが1661年と推測されている。だとすれば、341年ぶりのこと。かつてこれほど長い周期で彗星の回帰が確認された例はない。
 1661年。イギリスではニュートンがケンブリッジ大学に入学し、パリでオペラ座バレエ団が結成され、日本は江戸初期、はじめての藩札が発行されている。さらに軌道を計算すると、877年に見られた彗星と同一ではないかともされる。日本では「元慶元年正月25日(877年2月11日)、酉刻客星壁ニ見ハル」との記録が残っているとか。
 ぼくたち生命は、彗星が運んできたのかもしれないという説がある。自然界のアミノ酸には右型も左型もあるけれど、生物のアミノ酸には左型しかない。これは宇宙で中性子星の出す円偏向という特殊な光を浴びて左型が多数派になった結果ではないかというのだ。提唱者は米国のウィリアム・ボナー博士ら。
 約46億年前の太陽系誕生の頃できたといわれ、1969年にオーストラリアへ落ちたマーチソン隕石に含まれるアミノ酸の研究では、確かに左型が多いと報告されている。宇宙で左型優勢となったアミノ酸が、彗星などで地球に運ばれて生命の素となったのか。
 池谷・張彗星は今後アンドロメダ座からカシオペア座の方向へ北上しつつ、4等級くらいの明るさになるそうだ。西空を眺め、877年の平安貴族を思う。後に大宰府に流された菅原道真が、頭角を現し始めた頃。そして、ぼくたちが左型の生命として銀河の片隅にいるのは、小さな偶然かと問う。宇宙のどこかに、右型の世界があるのだろうか。ぼくたちは、遠く流されてきただけだったのか。
 東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ。北野天満宮の梅は、もう散り始めているだろうか。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“彗星との出会い”
Avatar
小橋昭彦

池谷・張彗星については「池谷・張彗星観測ガイド」がおすすめ。アミノ酸の偏りについては、神戸大学の「中川和道教授」そして大阪大学の「井上佳久教授」(「井上光不斉反応プロジェクト」も)らの研究が進められています。生命起源については、NHKの「宇宙」で放映されて話題になりましたね。「中性子星が生物のアミノ酸を左手系にしたのか?」もご参照に。「生命の左利きの謎」のコラムも参考になります。不斉反応といえば、野依良治名古屋大学教授を思い出しますが、「2001年度ノーベル化学賞/不斉触媒合成」がていねいです。なお、北野天満宮は、「北野天満宮 梅ニュース」をどうぞ。


Avatar
小橋昭彦

菅原公が大宰府に流されたとき、嫡子「右少弁高視朝巨(たかみあそん)」も、土佐権守として土佐国潮江に左遷せられたんですね。

妻の実家が高知なのですが、3月24日から30日まで潮江天満宮で1100年祭が行われるのだとか。


Avatar
中村浩明

> ご飯のとき、くだものから先に食べるくせをなおしている。
食事の悪い癖を直すのは、本当に小さいときにやらないと
大変ですよ。
本人にはつらいかもしれませんが、将来のためです。
がんばってください。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 世間。もともと仏教用語で、命あるものが生きている世界を指すという。うつり変わりゆくことを意味する「世」と、空間を意味する「間」。万葉の時代からある言葉で、客観的な対象を示すというより、自らと世の中の関係性を含んだ言葉だ。 政治家が辞職するときの理由はたいてい「世間にご迷惑」をかけたからだし、親が子をしかるときには「世間体が悪い」からということが多い。もっとも、近年では世間の役割が薄れてきて、変わって強調されるようになったのが「個人」の責任と「社会」的な判断基準だ。 世間についての研究を進めている共立女子大学の阿部謹也大学長によると、個人という言葉が日本で生まれたのは1884(明治17)年のことだという。それ以前に個人はなく、人は世間の中で生きる存在ととらえられ、独立した個としては意識されていなかった。米国に比べて日本で個人による訴訟が少ないのは、紛争解決の手段として、社会的な判断基準より、世間が機能してきたことと無関係ではないだろう。 出世という言葉も、もとは「出世間」の略。俗世間の煩悩を解脱し、悟りをひらくことだ。現代の経済的社会においては、人は出世すると責任が重くなり、それにつぶされたり、ときに権威をふりかざし煩悩の権化と化すこともある。本来の出世のココロを忘れないでいられればいいのだけれど。 田舎に暮らすようになって思うのは、ここでは今も世間が機能しているということ。自分たちの集落は自分たちで守るという意識も色濃い。いや、意識というより伝統といったほうがいいか、ときにわずらわしいこともあるにせよ、世間に身を任せられる安心感は格別。子どもだって世間に守られて育つ。個人とその自由に立脚する社会もいいけれど、合理性を理由に薄れつつある世間を惜しみもしている。

前の記事

 よろしければお手もとの練り歯磨きの成分のご確認を。「酸化チタン」が利用されている商品も多いことと思う。この酸化チタン、このところ熱い注目を浴びている。というのも、太陽光や蛍光灯などの力を借りて、匂いや汚れを分解することができるのだ。 光によって作用を起こす、光触媒と呼ばれる能力がそれ。植物の葉緑素は太陽光の力で二酸化炭素を酸素に変えるけれど、いわばそれと同様の能力といえる。もっとも、練り歯磨きに使われている二酸化チタン結晶は大きすぎて、光触媒としては働かない。実際に用いられるのは一桁以上小さいスケールの結晶。 二酸化チタンを建設資材にコーティングすると、建物の壁は太陽光をあびるだけで、活性酸素が放出され、これが汚染物質の窒素酸化物を硝酸イオンに分解する。硝酸イオンはコンクリートによって中和されるので、雨が降れば流れていく。同じように窓ガラスに酸化チタンの薄膜をはっておけば、ガラス拭きが必要なくなる。 トイレの消臭にも利用されている。匂いのもととなる、ぬめりを分解するのだ。さらには、繊維にして汚れを分解するフィルターを作ることもできる。 光触媒研究をリードしているのは、日本の化学者たち。生みの親は東京大学の藤嶋昭教授だ。日本だけでも2000社が応用分野を手がけているというから、他国を圧倒している。大手メーカーもこぞって光触媒の応用商品を競う。脱臭機能を持ちホコリがつきにくい観葉植物など、身近なところにも製品はある。 窓から外を見ると、青い空に山々が映えている。あれら緑と同じく、太陽の光を利用して化学反応を起こし、汚染を浄化していく光触媒。ぼくたちもほんの少し、自然の営みに近づいていくことができたのだろうか。そんなことを感じさせてくれる技術だった。

次の記事