ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

オーカーの文様

2002年1月31日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 7万7000年前、ヒトが抽象的な模様を描いていた。そんな記事が目に留まる。記事には、新人の起源が従来より古いという分子遺伝学の仮説にあう発見として、このことを報じている。
 はじめにことばありき。この有名な一説にあるように、ひととことばは切り離せない。と同時に、アメリカ自然史博物館のタッターソル教授は、言語の獲得と象徴的芸術の才能こそ、人間と他の動物をわける卓越的な認知能力の核心となったのだと述べている。言葉と、ものごとを抽象化する能力。だからこそ、抽象画の発見と人類の起源がつながる。
 7万7000年前のものという抽象的な模様は、オーカーと呼ばれる絵の具の原料となる石に線刻で描かれている。直線にはさまれて並ぶ三角形。ラスコーの壁画に描かれたバイソンや古代エジプトの遺跡に描かれている人々の姿、あるいは日本でも縄文期の器の文様。
 なにげなく見ていたそれら模様が、じつはヒトをヒトたらしめている源泉だったのだということ。ものごとをとらえ、切り取り名づける能力と、ものごとをとらえ、その本質を抽象化する能力。これらには共通したものがある。
 先日、妹が子づれで京都を訪れた。子どもの描いた絵がコンテストで入選し、美術館に掲げられているのだという。その絵を見せてもらった。父親が畑仕事をしている絵だ。長靴を履いた足が大地を踏みしめ、しゃがみこんで青菜を力強く引いている。画面の上部は、入りきらなくなった頭が、まるでろくろ首のように伸びて上端を這い、それでもしっかり大地を見下ろしている。
 圧倒された。これこそ絵だと思った。そこには、父親の強さがどこから芽生えているかを訴える力がある。上手に写し取ることばかり考えていた日々の自分を振り返り、6歳の子どもに、新しい知恵を授けられた。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“オーカーの文様”
Avatar
小橋昭彦

タッターソル教授の「ホームページ」もご参照ください。また、オーカーの文様は、「「全米科学財団のリリース」でご確認いただけます。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 久しぶりに「千年持続する」という言葉に出会った。東京農業大の長島孝行助教授のインタビューの中でのことだ。千年持続学会の設立準備委員とあり、納得する。 インタビューは、絹糸の研究についてのものだった。絹糸といえばカイコやシルク繊維というイメージが一般的だけれど、糸を作る昆虫は地球上に10万種以上ともいい、同じたんぱく質を成分とする糸であっても、アミノ酸の組成によって色や構造はさまざま。 シルクには紫外線をさえぎる性能があるし、菌を増殖させない性質もある。これを応用すれば、防腐剤を含まないUVカット化粧水が作れる。シルクは手術糸に使われるくらいだから、安全性も高い。ジャムに入れれば、口当たりがよく食感が増す。衣料だけではなく、さまざまな分野への応用が考えられている。 こうした、昆虫の持つ特性を利用する技術を、インセクト・テクノロジーという。シルクと並んで有名な例は、ミツバチが巣を作るために出す蜜蝋(みつろう)の利用。ワックスなどに利用され、安全性の面から注目を集めている。 古生代から地球に現れ、いまでは1千万種以上とも言われる昆虫。思い起こせば、子どもの頃の夏休みに虫網は欠かせなかった。トンボを糸にくくって飛ばすのも定番の遊び。間違えて首にあたる部分に糸を結ぶと、飛び立とうとして糸を引いたトンボは、そのまま頭がちぎれて地上に落ちた。苦い思いをした。たぶんそれは、生き物を殺めたことへの苦さだったろう。 昆虫を食べる文化もある。日本ではイナゴ、蜂の子、カイコが三大昆虫食だという。生きることの意味、食、千年持続技術まで。昆虫は多くのことをぼくたちに教えてくれる。そんな感謝の思いとともに、今年の夏は、子どもと昆虫採集をしようかと、はやから楽しみにしている。

前の記事

 抗生物質はバクテリアだけでなくウィルスも殺す。正解か誤りか。これが誤りと答えられた日本人は4人に1人もいないという。科学技術政策研究所の調査だ。同じ質問を米国人に問いかけた全米科学財団の調査では約半数の人が正解している。 全部で10問の質問を国際比較した結果、日本人は、科学の基礎知識に欠けている人が多いと指摘されている。米国でもっとも正答率が高かったのが「喫煙は肺ガンを引き起こす」で男女とも94%というのはお国柄かとも思うけれど、ここでは国別比較の話はさておき、米国の結果に見る男女差がおもしろい。 特に差が大きいのは、より基礎的な質問への回答。「地球が太陽の周りを回っているのか、太陽が地球の周りを回っているのか」には男性で84%、女性は68%の正答率。「光と音、どちらが速い」には男性90%、女性67%。その他の要因を除いてもこの差は残り、男女差としかとらえられないと研究者は指摘している。 そういえば『話を聞かない男、地図を読めない女』なんて本がベストセラーになってもいたけれど、脳とホルモンが男女差を作っているのかどうか。最近では、ノースウェスタン大学のデイナ・スモール教授の研究結果も目を引いた。これはチョコレートを喜んで食べているときと、飽きてまずいと感じ始めたときでは脳の別の場所が活発になっていることを発見したレポートなのだけど、ほかにも興味深い結果が出てきた。 男性がチョコレートを食べるのをやめたのは、おいしくないと感じ始めたからなのに対し、女性はお腹が膨れたからやめたという。確かに女性のほうが甘いものがすきかな、なんて納得しないでもない。こういう類型的な考え方こそ男性的で危なっかしいのではあるけれどね。

次の記事