ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

自然のいたずら

2001年11月27日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 星の並びに神々の姿を見たり、火星に運河を見たり、ときには鯉の模様に人の顔を見たり。人は自然に作られたパターンに意味を見出しがちなもの。
 たいていは勘違いで終わってしまうのだけれど、案外、そのうちいくつかはほんとうにそうとしか受けとれない模様になっていたりする。ポーランド科学アカデミーのカチンスキー、レガウィックというふたりの研究者が、実験によって、こうした自然のいたずらが実在することを確認した。
 これは化学物質の混合物を利用して行ったもの。反応拡散系といって、皿の中に入れたゲル中を、異なる速度で拡散しつつ化学反応をおこす現象を利用した。皿の寸法を変えたり、特定の化学物質を加えたりしてさまざまに実験したところ、AからZまですべての文字ができたという。発表論文のスケッチを見ると、確かに、アルファベットにしか見えない文字が並ぶ。GやQのようなつきぬけるところがないのは愛敬だが、それも書体デザインの範囲内。新しいフォントとして提供してもいいんじゃないか。
 もちろん、この実験がそのまま人面魚を説明するものではないけれど、自然はいたずらをするということが確かめられたのではある。世の中には、蝶の羽模様で数字やアルファベットすべて集めることも可能だそうで、宮古島の蝶園などで見かけることができる。
 子どものころ、風邪をひいて寝込んだ午後、天井の木目にヒーローの顔を見たり動物の姿をたどったりしたものだった。団地の白い天井にそれは無い。実験レポートに目を通しつつ、子どもは天然木の天井の下で寝かせたいと、そんなことを思ったのだった。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“自然のいたずら”
Avatar
小橋昭彦

Kawczynski教授とLegawiec教授の研究については、Physical Review E誌の「Volume 64 Issue 5」に発表されています。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 秋も深まった一日、京都六角堂に遊ぶ。裏手の池に白鳥が泳いでいて、子どもが飽きず眺めている。そばの案内板を読んでいると、そこはいけばな発祥の地、つまり池坊。代々寺の経営管理にあたっていたのが池坊だったのだ。名前は池のかたわらに住んでいたことに由来している。 いけばなは、立てた枝を神とみる依代(よりしろ)など古代からの習慣に、仏教伝来とともに供花(くげ)が伝わって始まったとされる。着物姿で座敷に座る様子を連想するが、初期のいけばなはそんなものじゃない。のこぎりで枝を切ったり、背丈ほどの木を扱ったり。巨大な盆栽とでも表現しようか、そんなものを床(とこ)に飾っていた。立花(たてはな)とよばれたもの。 こうした取り組みを最初に理論化したのが『池坊専応口伝』で、これが池坊の歴史がいけばなの歴史に重なるとされるゆえんでもある。「野山水辺おのづからなる姿を居上にあらはし」、つまり表面上の美しさを求めるのではなく、自然にある宇宙観をひきだすものと。 いけばなはその後茶の湯のなげいれなどを経て徐々に庶民に親しみやすい形となっていき、江戸時代になって現在につながる「生花(せいか)」が広まる。明治維新で一時衰退したが、その後復興、戦後はさまざまな流派が登場、池坊や小原、草月などよく知られたもののほかに現在全国で2000ほどの流派があるともいう。花にいろいろあるように、花の美しさを引き出す流儀にもさまざまあるわけだ。「おかあさん、あっちだよう」 子どもが白鳥に声をかけている。くちばしの白い白鳥に、黄色いくちばしのいる方向を指さして。彼もまた、彼なりの流儀で自然の楽しさ、美しさを感じているのだろう。

前の記事

 厚生労働省の「保健福祉動向調査」によると、日本人の睡眠時間は6時間台の人と7時間台の人がそれぞれ約3割となっており、8時間台が約2割で続いている。アインシュタインは10時間眠っていたといわれる一方、エジソンは3、4時間しか眠らなかったともいう。どちらがいいというものではなく、生まれつきそなわった素質らしい。 ヒトにとって重要な睡眠時間は眠りはじめから3時間ほどだそうだから、その後のいわばおまけのような睡眠がどれだけあるかは人それぞれでいいのだろう。ただ、眠らなくていい人はない。水さえあれば断食はある程度続けられるけれど、断眠はそれほど長くは続けられない。眠らない世界記録は264時間。かなり辛かったことだろう。 じゃあなんのために睡眠が必要かというと、これは主に脳のため。眠ったといっても人間のからだはあまり省エネにならないし、筋肉の疲れをとるのに意識をなくす必要はない。もっともたいせつなのは、脳をオーバーホールすること。魚類や両生類のように大脳が発達していない生物ではヒトのようなノンレム睡眠はない。ノンレム睡眠による深い眠りの間に、ヒトは脳細胞を修復しているわけだ。 もっとも、脳全体が眠ってしまうと危機対応できないから、一部は起きている部分もある。イルカは極端で、眠り込むと呼吸をしに水面に上がれず窒息するから、脳を半分ずつ眠らせる。だから目を閉じるのも交互。起きている半分の脳で、泳ぎつづけるわけだ。 ヒトもこれだったら、眠りこむことなく24時間が有効に使えそうだが、ヒトの脳はイルカのように左右が同じでなく、言語機能は主に左半球というように差があるから、そううまくはいかない。言葉が理解できない右半球だけ起きていても、できることってそう無いような。 むしろ、窒息に悩むことなく、ゆったりと眠れることのしあわせを満喫しよう。

次の記事