ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

木簡の一生

2001年11月06日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 聖徳太子の笏について調べていて、ひとつ連想したのが木簡だった。古来、さまざまなメモを書きつけた木片。かつての人が自分で書きとめたものを今読むことができるのだから、過去から未来への伝言といってもいい。
 地中から掘り出された木簡は樹脂が洗い流されて水を含んでいるから、とてももろくなっている。けっきょく水につけたまま保存するほかなかったりするのだが、最近では乾燥しつつ強化するような保存方法も開発されている。
 で、その木簡だが、利用方法はさまざまだったらしい。もちろん事務連絡や記録などにも使われたけれど、落書きなど筆ならしにも使われている。荷札としても用いられていて、この利用法は戦後しばらくまであったそうだから、年配の方にとっては懐かしいかもしれない。
 木簡は削って消せばまた利用できるけれど、再利用法としておもしろいのが、福岡市の平和台球場の下で見つかったもの。8世紀頃の迎賓館があったところで、さすがに各地から多くの物品が送られてきたらしく、荷札の木簡も多く見つかった。で、それがあったのが、縦約4メートル、横約1メートル、深さ4メートルという深い穴。さて、なんの穴だったか。発掘に携わった人に聞けばはやい。というのも、やたらと「におい」がした。そう、トイレだったのだ。
 紙が貴重品だったころ、日本人はワラやふきの葉など、さまざまなものでお尻を拭いていた。使い古した木簡も、最後はトイレで利用されていたわけだ。先を丸めたり削ったり、尻をけがしないようにしてあったというから、念が入っている。木簡も、それなりに納得して一生を終えたのではないかな。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

4 comments to...
“木簡の一生”
Avatar
小橋昭彦

古代語る地下からの伝言」に発掘ベスト5などもあっておもしろいです。「奈良文化財研究所 木簡データベース」は有益。


Avatar
kenwinning

やたらと「におい」がした。そう、トイレだったのだ。
…とありますが1000年以上前の臭いが残っているとは
信じがたいです。
どういうことなのですか?


Avatar
小橋昭彦

土中で分解されなかったのでしょうね。条件によってはそんなこともあるようです。


Avatar
第三市民

似たような話は三大都市文明の遺跡でも聞いたことがありました。

その排泄物の残滓からDNAを取り出して、近世以前の人のクローンを作り出して、万葉言葉をリアルに発音させる研究なんてやっている訳ないか・・・。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 泊まったホテルでなにげなくつけたテレビで、近々放映するという聖徳太子番組の宣伝をしていた。荷物を片付けながら見ていて、ふと、彼が手にしていた長い木片は何といったか気になる。 調べてみると、それは「笏(しゃく)」という。飯田蛇笏のよみがそうだが、本来は「こつ」と呼ぶのが正解。日本では「骨」と同じよみかただったことから避けられた。「しゃく」になったのは、木片の長さが1尺だったことから。 笏は貴族階級が威厳を示すために儀式のときに持った。しかし、そもそもの用途は、備忘録だったそうだ。儀式のとき忘れないよう、式次第を書いた紙をはって持っておいたわけだ。聖徳太子といえば才気のある聖人のイメージだが、さて彼の笏はアンチョコとしても役立っていたのかどうか。 笏の材料は、もとは象牙が求められたものの入手しにくいので、その後は、イチイの木で作ったものを最上とするようになった。最上、一位がイチイか、と笑ってしまうが、どうやらことは逆で、位階が正一位の人の笏を作ったからその木がイチイと呼ばれるようになったらしい。 すこし気分を味わってみるかと紙で小さな笏を作って手にしてみる。不思議なもので、それだけで背筋が伸びる。まあ、中身が伴わないのでひとがみたら、こしゃくな奴と思うのがオチだろうけれど。あ、こちらのしゃくは笏ではないので念のため。

前の記事

 木簡(もっかん)の利用法としておもしろいもののひとつに、奈良市の長屋王邸宅跡から見つかった例がある。中央に人名、横の端に三つの点。割れて文字が残ったというわけでもない。はじめは不明だったが、やがて画指(かくし)木簡だと判明する。 指を画(か)く。木簡の端に人差し指のつけ根をあて、指の先とそれぞれの関節ごとに印をつけたわけだ。人によって長さや関節の位置が違うから、本人かどうか識別できる。つまり、署名ができない人向けのIDカードだったわけ。 もっとも、当時出入りチェックに実用的に利用されていたかどうか、確かなところはわからない。子どもの奴婢(ぬひ)管理のためだったとも言われている。ま、少なくとも顔パスだけでは通じないほどの人数を抱えていたことは事実なのだろう。 誰何(すいか)の方法としていまひとつ思い浮かぶのは、合言葉だ。日本書紀に、天武天皇の時代に用いられた様子が記されているから、これが記録に残るもっとも初期の例のひとつだろう。有名なのは赤穂義士が使った「山」「川」だが、もともと浄瑠璃では、討入りの装束を調えた商人天河屋義平の屋号をとって、「天」「川」となっている。タイムスリップしたとき、お間違いの無いように。 ちなみに、小学館の日本大百科には、第二次大戦中に米国軍が「lollapaloosa(驚くべきこと)」を合言葉にした例が紹介されている。日本人はどうしたって「rorraparoosa」になっちゃうから、ばれてしまう。LとRの発音が苦手なのはいまの日本人もそうだけど、いやはや、運命をわけるとなれば、しっかり発音練習しなくちゃなあ。

次の記事