ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

ハヤシライス

2000年12月29日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 はやしさんが作ったからハヤシライス。冗談のようだが、こればかりはどうやら本当らしい。このはやしさん、丸善の創業者として知られる早矢仕有的(はやしゆうてき)。牛肉が大好物で、友人が訪問するとありあわせの肉と野菜のごった煮にトマトケチャップで味をつけ、ご飯に添えて出していたという。
 いまひとつ、ハッシュドビーフ語源説もある。確かにハヤシライスのソースはハッシュドビーフにルーでとろみをつけたもの。ちなみにハッシュドビーフらしき料理は、1885(明治18)年、米国人ホイットニーによる『手軽西洋料理』にビーフハッシと称して登場している(日経12月2日)。
 ハヤシライスが一般に広まったのは明治30年代。1906(明治39)年には「ハヤシライスのたね」まで登場している。東京・一貫堂が売り出したもので、ルーと肉を乾燥させた固形食品、熱湯で溶いて食べる一種の即席食品だ。
 西洋料理にご飯をあわせ、即席食品にまでしてしまう。ハヤシライスの歩みは日本の食文化の深みを感じさせる。で、語源の真相はというと、残念ながら藪の中。林さんという人の大好物だった説まである。あんがい早矢仕さんがハッシュと自分の名前をもじって命名し、気に入った林さんが毎日食べに来ていた、なんてところかもしれない。あいまいな結論も日本的でいいんじゃないかな。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“ハヤシライス”
Avatar
濱田逸郎

日本郵船のコックだった林さんが作ったという説もありますね。


Avatar
折井信郎

ハヤシライスのルーとビーフシチューの正確な違いの分かる人いませんか?




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 わが家の息子に絵本を最初に与えたのはいつのことだったか。父親が子どもを口実に好きな絵本を買っている面もあり、生まれたとき、いや生まれる前からか。いまでは書棚ひとつが埋まっていて、2歳8カ月になる子どもも毎晩きょうはどれにしよかなあ、といいつつ絵本を選び、親と床に入る。今夜はひさびさの『かいじゅうたちのいるところ』と『100万回生きたねこ』。 英国のバーミンガムで1992年に始まったのが「ブックスタート」と呼ばれる運動。赤ちゃんの定期健診時に絵本をプレゼントして本に親しむきっかけをつくろうというもの。現在では90%の自治体が導入しているのだとか(朝日12月3日)。 バーミンガム大教育学部によるその後の調査では、子どもの小学校入学時の基礎テストに差が見られたほか、なにより親子でのコミュニケーションに本が関わる比率がブックスタート経験組の方が圧倒的に高かった。 ブックスタート、今年から日本の一部自治体でも試験的に始まった。絵本に興味を持ち始めるのは通常7カ月目くらいからだが、身近にあるという環境を整えるため、4カ月健診で配布したという。 かいじゅうたちの時間を共有しつつ、子どもの横顔を盗み見る。かいじゅうたちの絵を、食い入るように見るきらきらした目。かいじゅうたちがダンスを始めるところでは、自分も足で布団を蹴り上げている。その姿にこちらもわくわくしながら読み進む。早期教育だとかそんなことはどうだっていい、このひとときは、なにより親へのすてきなプレゼントだ。

前の記事

 道すがら「くさめくさめ」と繰り返す老尼がいたので何ごとかと問うと、「かくまじなはねば死ぬなりと申せば」と答える。徒然草に出てくる光景。とすると鎌倉時代にはすでにくしゃみをしたとき「くさめくさめ」と唱える風習が広まっていたわけだ。 くしゃみの語源は、このまじない言葉「くさめ」にある。糞食め(くそはめ)の略とも休息万命(くそくまんみょう)の略とも言う。くしゃみそのもののことは「はなひる」と呼んでいた。 くしゃみの際のまじないはほかの国でもよく見られるようで、古代ローマでも「Absitomen!(凶兆よ去れ)」と唱えたというし、アメリカ原住民にもあったという。イタリアの「サルーテ」や英語の「ブレス・ユー」なども同様の意図からだろう(日経12月6日)。そもそも「休息万命」じたい、もともとは長寿を意味する梵語で、あるとき釈迦がくしゃみをしたので弟子たちがいっせいに「クサンメ」と唱えたという話も伝わる。イスラム教においても、ムハンマドが説いた教徒6つの義務のうちのひとつは「相手がくしゃみをしたらその人のために神に救いを求めてやれ」だ。キリスト教に関する逸話では、西欧でのペスト流行時に、聖グレゴリウスがくしゃみの呪文を作ったともいう。くしゃみは宗教を問わない。 そもそもくしゃみはせきと違って意識して起こすことができない。どこか遠いところからやってくるようでもあり、それが各種の俗信を生む背景ともなったのだろう。ちなみに俗信の中でも有名なひとつ、くしゃみをすると誰かがうわさをしているというのは『詩経』にも登場するというから、ずいぶん古い。 この時期くしゃみをする人が多いけれど、うわさよりまずは風邪にご用心。はっくしょん。

次の記事