ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

星の王子さまの星空

2000年12月29日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 日が暮れたら東を向いて空を見上げてみよう。明るい星が目に入るだろう。右上にあるのが土星、左下は木星。その隣が、おうし座のアルデバラン。60年前、サンテグジュペリもこの星空を眺めていたかもしれない。『星の王子さま』の挿絵にある星の並びが、ちょうど同じなのだ(朝日12月3日)。
 3つの星がこの並びになるのは60年に1度。サンテグジュペリが『星の王子さま』を書いたとされるのは1942年から43年のことだから、ちょうど時期はあう。そういえば天文少年だったぼく自身、絵本の背景の星空にもつい星座を探してしまう。星座に造詣が深かったサンテグジュペリが星空の絵にこだわったとしてもなんだか納得できるのだ。
 サンテグジュペリといえば、彼の飛行機の残骸が見つかったと報道されたのが今年の5月。1944年に連合軍の偵察飛行士としてコルシカ島を出発後、消息を絶っていた。マルセイユ沖、深さ100メートルの海底で発見された残骸は、そのとき搭乗していたライトニングP38改造機と同型。もっとも引き揚げて確認することには遺族が反対したともあった。
 なんだかね、遺族の気持ちもわかるんだ。残骸を確認したってしかたない、夜空に、星の王子さまを想像するほうがいいよね。そう、いちばんかんじんなものは、目では見えないんだから。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

5 comments to...
“星の王子さまの星空”
Avatar
小橋昭彦

さっそく星空を眺めてみたくなった方、「星座早見盤」をお伴にどうぞ。


Avatar
小橋

書籍はもちろん『星の王子さま』(サン=テグジュペリ)を。当時の星空をパソコン上で再現するには、『ステラ・ナビゲーター5』がおすすめです。


Avatar
なお

頑張ります!!!


Avatar
クヨクヨイーヨ

あ・・機体の型番照合結果出たみたいです。やはりサンテックスのP-38だったそうです。
・・・サンテックス。不時着してしばらく漂流していたのだとしたら、なに考えてたのだろう。


Avatar
JANK

今も、この世界を見つめているなら何を思っているだろう。戦争は相変わらず、人もまた相変わらず。私は残骸が見つかってほしくなかった。見つからなければ、サンテックスが今もどこかにいる、そう思えるからだ。今もまた、世界を飛んでいるのだろうか。魂となって。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 世界での食用缶詰の生産量は年間約800億缶(2300万トン)という。種類は1200種類、日本では800種類ほど。製造原理が発見されたのが1804年、フランス人のニコラ・アペールによってなので、およそ200年でここまで育ったわけだ。 そもそも缶詰の原理は、ナポレオンが政府に懸賞金付で募集するよう命じたのがきっかけで生み出された。ヨーロッパ戦線を拡大するにあたって、兵士の戦闘力を維持するために、豊富で新鮮美味な食糧を大量供給する必要性を感じていたのだ。アペールが受け取った賞金は1万2000フラン。 アペールの作ったのはびん詰だが、ブリキ缶は1810年、イギリスのピーター・デュランが発明している。日本では、1871(明治4)年に長崎の通訳だった松田雅典がフランス人の手ほどきで試作したのがはじまり(日経11月30日)。イワシの油漬だった。 缶詰をはじめて意識して食べたのは小学校低学年のころ、学校での宿泊のとき。缶詰持参とあったので、そのために買ってもらって荷物に詰めた。確かマグロだったか、ずいぶんおいしいものだと感じた記憶がある。 いま、缶詰は国民ひとりあたり年間約40缶を消費している計算。わが家でもときにお世話になるが、四半世紀以上前のあの一缶のおいしさに匹敵するものには、ついぞ出会わない。

前の記事

 わが家の息子に絵本を最初に与えたのはいつのことだったか。父親が子どもを口実に好きな絵本を買っている面もあり、生まれたとき、いや生まれる前からか。いまでは書棚ひとつが埋まっていて、2歳8カ月になる子どもも毎晩きょうはどれにしよかなあ、といいつつ絵本を選び、親と床に入る。今夜はひさびさの『かいじゅうたちのいるところ』と『100万回生きたねこ』。 英国のバーミンガムで1992年に始まったのが「ブックスタート」と呼ばれる運動。赤ちゃんの定期健診時に絵本をプレゼントして本に親しむきっかけをつくろうというもの。現在では90%の自治体が導入しているのだとか(朝日12月3日)。 バーミンガム大教育学部によるその後の調査では、子どもの小学校入学時の基礎テストに差が見られたほか、なにより親子でのコミュニケーションに本が関わる比率がブックスタート経験組の方が圧倒的に高かった。 ブックスタート、今年から日本の一部自治体でも試験的に始まった。絵本に興味を持ち始めるのは通常7カ月目くらいからだが、身近にあるという環境を整えるため、4カ月健診で配布したという。 かいじゅうたちの時間を共有しつつ、子どもの横顔を盗み見る。かいじゅうたちの絵を、食い入るように見るきらきらした目。かいじゅうたちがダンスを始めるところでは、自分も足で布団を蹴り上げている。その姿にこちらもわくわくしながら読み進む。早期教育だとかそんなことはどうだっていい、このひとときは、なにより親へのすてきなプレゼントだ。

次の記事