ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

長い名前

2001年7月05日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 タイの首都バンコクが、正式名称を観光資源にしようと計画中という記事に目がとまる。バンコクは西洋的な呼び名で、地元の人はもっぱらクルンテープと呼んでいる。しかしそれもまた略称。正式名称は、krungthep mahanakhon amorn rattanakosin mahintara yudthaya mahadilok pohp noparat rajathanee bureerom udomrajniwes mahasatarn amorn pimarn avaltarnsatit sakatattiya visanukram prasit。確かに長い。天使の町、偉大にして最高の、永遠かつ不屈、云々と賛辞が続く。
 長い名前の前で観光客が写真を撮る光景はウェールズでも見られるから、看板を作って観光名所にというのもうなづける。ちなみにウェールズのそれは世界でいちばん長い駅名で、Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwyll – llantysiliogogogoch。
 長いついでに日本でいちばん長い駅名はこれまで「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」とされていたけれど、新しく「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅」が名乗りをあげた。港では「尼崎西宮芦屋港」とこちらはほどほど。インターチェンジでは「大分農業文化公園IC」だそうで、こちらは長すぎると運転中に読めなくなるからほどほどがいい。神社の名前なら「久麻加夫都阿良加志比古神社」。
 最後はありきたりになるけれど、長い名前といえば触れざるを得ない、じゅげむ。そのオチは、寿限無とけんかしてこぶをつくった子が、母親にいいつけようと名前を告げるうちにこぶがひっこんでしまったというもので、めでたしめでたしだ。観光もいいけど、平和に役立つなら長い名前も大歓迎。せっかくだから、寿限無の名を呼びながら終わろうか。お経のリズムでどうぞ。
 寿限無寿限無、五劫(ごこう)のすり切れ、海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)の水行末(すいぎょうまつ)、雲行末(うんぎょうまつ)、風来末(ふうらいまつ)、食う寝るところに住むところ、やぶら小路(こうじ)ぶら小路、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーの、ポンポコナーの、長久命(ちようきゆうめい)の、長助。
 苦しいこと、悲しいこと。寿限無寿限無にのせて、風に流す。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

9 comments to...
“長い名前”
Avatar
小橋昭彦

長い名前の「インターチェンジ」「神社」バンコクの首都が「正式名を観光資源に」。そして知名については「The World” s Longest Place Name」の解説がわかりやすいです。寿限無については「落語検索エンジン『ご隠居』」でどうぞ。


Avatar
パー子

私が以前聞いた寿限無の話は、悲劇でしたよ。

誤って井戸に落ちた寿限無くん。友達が急いで母親を呼びに行きました。
「寿限無寿限無、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・くんが、井戸に落ちたよ!」

しかし、あまりに長い名前のせいで、「井戸に落ちた」という事実を伝えるまでに
かなりの時間を要したため、あわれ寿限無くんは命を落としてしまいました、
という話でした。

「過ぎたるは及ばざるが如し」ですね。


Avatar
みも

ちなみに一番日本で短い駅名は我が三重県の県庁所在地「津」


Avatar

昨日あるセミナーに行ったら
講師がつれあいにそっくりでビックリ!!
耳の形やヒゲの影の出方など細かいところも似ていたのです。
遠く離れていて年に数回しか会えない彼だから、
なおのこと、ついついお顔を見てしまいました。
今日は名前の話だけど、そっくりさんの話もいつか取り上げてください。
「世の中自分に似た人が3人いる」って本当?


Avatar
けんじ

子供の頃から「けんちゃん」「けんじくん」「けんじ」と
上の名前は呼んでもらったことがありません。最近じゃ
これに「おじさん」がくっついて「けんじおじさん」だと。
(;_;)とほほ


Avatar
わさび

以前勤めていた会社での話です。
営業部の大炊御門(おおいのみかど)部長と研究所の地主(じぬし)先生が、得意先を訪問しました。応対に出た得意先担当者はなぜか恐縮した様子。名刺交換してみてびっくり。担当者の名前は小作(こさく)さんでしたとさ。


Avatar
健太郎

日本で一番長い駅名
「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅」

とありますけど、通勤定期に書かれる名前って、とんでもなく小さくなりそうですね。

長すぎて改行・・・なんて可笑しいですね。
そんなことを考えてしまいました。


Avatar
marumi

私の名前は「まるみ(満留美)」です。
常に「まゆみさん」はクラスに203人居ました。
小学生の頃は
「なんで私はまるみなの。。。(?_?)
 まゆみのほうが良かったのに000(T.T)」と思いつつ過ごしましたが。。。
中学生になり、
苗字はともかく「まるみ」という名前は少ないがゆえに即行覚えて貰えるという利点に気付きました。(^o^)v
高校生、
ある方(成人)が私の名前を見て
「満たす、留める、美しいですか0♪素晴らしい名前ですね」
この一言で(>_そう思春期でしたから000
おばさんになった今は、
やっぱり、初対面。。。自己紹介直後から「まるみさん」と呼んでもらえる事に感謝!!


Avatar
九連

あまり長い名前も考え物ですね。
それにしても「じゅげむ」の「パイポ」とか「ポンポコピー」とかってどんな意味なんでしょう?




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 おとぎ話の起源をたどっていて、舌切雀伝説発祥の地として売り出している群馬県の磯部温泉が、温泉記号の起源であることを知る。1661年のこと、付近の農民の土地争いに決着をつけるために江戸幕府から出された評決文の添付図に、磯部温泉を記した温泉マークがふたつ描かれていたという。地図記号の中でも起源が古いもののひとつだろう。 さらに古いといえば、寺院を表す卍(まんじ)だろうか。そのルーツは古代インドにさかのぼる。インドの神ビシュヌの胸にある旋毛が起源という説もあるけれど、実際にはさらに古いらしい。 地図記号の多くは現物のものを抽象化し、わかりやすい工夫をされている。それでも、そろばんの玉の形をもとにした税務署や、火消しが使った「さすまた」を表している消防署、天秤計りの分銅の形の銀行などは、そのうち起源が忘れられていくかもしれない。 地図記号に限らず、ぼくたちは長い歴史の中でさまざまな記号を創造し、伝えてきた。あるものは忘れられ、あるものは形を残す。遺跡に遺された絵や記号を見ては、それを描いた人について思いをめぐらす。そこに確かに、誰かに何かを伝えようとした人が、いたのだと。

前の記事

 立ち寄った土産物屋に万華鏡が並んでいた。さっそく3歳の息子に覗かせる。「きれいやろ」「きれい」。言いながら、すぐ棚に返している。あんがい感動が少ない。 万華鏡はイギリスが発祥地。イギリスの物理学者ブルースターが1816年に発明、特許を申請している。なんでも灯台の光を遠くまで届かせる構造を考えているうちに作ってしまったとか。 カレイドスコープという名前も、このときブルースターが考えたもので、ギリシア語をもとにした「美しい形を見るもの」という意味の造語だ。確かに、その美しい模様は見るものの息をのませる。 土産物屋に並ぶのは3枚鏡の万華鏡が一般的だが、鏡の構造としてはほかにも2枚鏡や4枚鏡などもある。2枚鏡の場合、あと一辺は黒紙などで反射をおさえておく。鏡の角度を45度であわせれば四芒星、30度なら六芒星と、あわせ方で形が決まる。どんな「具」を入れるか、それをどのような鏡の組み合わせで見せるかが、万華鏡作家の腕の見せ所だ。 日本で万華鏡が最初のブームを迎えたのは1891(明治24)年から翌年にかけてのこと。製作そのものは1819年には日本でもなされていたと記述に残っており、発明からはや3年で日本にも伝わっていた様子がわかる。それほど、世界の人の心をとらえたのだろう。 土産物屋から食事をしての帰り道、すっかり日は落ち、空には月と火星が並んで輝いている。ときにそれを見上げ、ゆっくり歩いて帰るひととき、家のそばで、息子がひとこと「お月さん、ここまでついてきたねえ。ぼくのこと好きなのかなあ」。そうか、彼にとっては手にして覗き込む小さな空間ではなく、この世界そのものが万華鏡なのだ。

次の記事