ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

鏡のなぞ

2001年6月22日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 鏡は人を惑わせる。左右は逆になるのに上下が逆にならないのはなぜという疑問は古来から多くの人を悩ました。プラトンも悩んだしカントも考察している。
 言葉のあいまいさと認識の問題が重なって、なんだかややこしい。少なくとも、鏡の中では奥行きは逆になっているようだ。鏡に向かって手を遠ざけると、鏡に映った手は遠くからこちらに近づいてくる。
 本の表紙を鏡に映してみよう。鏡にいま自分が見ている表紙を映そうとすると、それを自分には見えないように、つまりは鏡に向かうように回転させなくてはいけない。このとき、まずは本の右を左にするやり方で、つまり垂直軸にそって回転させる。鏡に表紙が映る。文字は左右が逆になっている。回転は水平軸にそってでもいい。やはり鏡に表紙が映る。こんどは上下が逆の文字が映る。とすると、鏡に映すためには、左右でなくてもいい、上下が逆でもいいということではないか。
 オーケー。姿見を床に置いてその上に横向けに寝転んでみる。上になった手を動かそう。鏡の中のぼくは下の手を動かしている。鏡は上下を逆にしたのではないか。
 頭が痛くなってきたね。左右が逆の像がいやなら、2枚の鏡を90度の角度で書籍のページを開いたようにあわせてのぞくといい。よけいに頭が痛くなるかな。
 もうひとつ実験。鏡に近づいて顔を映す。次に遠ざかる。さて、鏡に映った顔はどちらが大きいだろう。もちろん近いとき、と考える。では、クレヨンや口紅などで、近づいたときの顔の輪郭をなぞって鏡に描く。片目を閉じて描くとやりやすい。さて、次に遠ざかってみて。いかがでしょう。
 鏡と人は紀元前からのつきあい。古代エジプト人も鏡に向かって化粧をしていたし、今を生きる女性もそう。そんな女性にひかれる男の姿はクレオパトラの時代もいまも変わらない。鏡が人を、というより、やはり人が人を惑わせているのかしらん。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

7 comments to...
“鏡のなぞ”
Avatar
小橋昭彦

鏡については、書籍『鏡という謎』から多くの示唆を得ました。


Avatar
こま

コラムを読んでいて、幼い頃を思い出しました。
母の三面鏡を見て不思議な世界にトリップするのが好きでした。
横の2面で自分の顔をはさんで無限後退を作り出したりしていました。
目に近づければ近づけるほど、無限後退になるのです。

ところで、化粧に鏡は必須と書かれていますが、
化粧文化の研究が本職の私から補足させてください。
鏡を見た化粧の歴史は案外新しいのです。
三角縁神獣鏡に顔を映そうとしたら
どれほど努力のいることか!
日本では江戸時代まで銅鏡でしたが、
あまり実用的ではなかったです。
身分の高い人は自分では化粧しないし
(自分では服も着ないし体も洗わない)
鏡磨きが商売になっていたくらいです。
いまでもアフリカなどに鏡を使わず互いに化粧し合う風習が残っています。

それから、不思議さゆえに、鏡には神秘的な力があると世界中でとらえられています。
ご神体が鏡という神社も多いでしょう?
三種の神器にも鏡があるし。
中村潤子さんの『鏡の力・鏡の思い』という本が
鏡の象徴性をよくまとめています。


Avatar
小橋昭彦

じつはコラムを書きつつ、盲目の方でも髭はそるし、必ずしも鏡が必須ではない、という思いがありました。それで「必須」という表現は避けたのですが、なるほど、クレオパトラは自分でしたのではなく、従者にさせたかもしれないといった考えは浮かびませんでした。

化粧を自分でする、ということ自体が新しい文化なのですね。最終段落、下記のように修正します。

 鏡と人は紀元前からのつきあい。古代エジプトにも鏡はあったし、中世の貴族の館には鏡の間が作られたりもしていた。日本でも権力の象徴になったり、ご神体としておさめられたり。人の世をうつしてきた鏡。いまはそこにあるのはどんな風景か。


Avatar
tan

いつも楽しく読ませて頂いています。

東大の教授で、高野陽太郎という人が、
鏡の認知的なメカニズムを解明したそうです。
『鏡の中のミステリー』という本で、
岩波科学ライブラリーから出ていて、読みやすいし、
学問的にも納得させられます。

基本的に、
・人の鏡像を見て左右が逆だと感じる
のと、
・文字の鏡像を見て左右が逆だと感じる
のは、
まったく異質の原理からなる現象だそうです。
詳しい説明は、僕なんかが説明するよりも読んでいただければ。

東大の学生で、彼の講義も受けているのですが、
先日の講義でちょうど鏡映反転の話をしたばかりだったので、
ちょっとこの話題が嬉しくて、投稿してしまいました。


Avatar
つみき

こんばんは。
鏡で、何月だったかの読売新聞1面をおもいだしまし
た。
左右逆にみえない鏡を発明した方がいらっしゃった
話。
構造は、鏡を二枚となにかを一枚あわせて、三角形の
つつにして、なかに水を流し込む……だったような。
ああ、記事とっておけばよかった。

そんな鏡をつくってなににつかうのか、といわれて
その自称発明家のおじいさま(日本人)は
「女優さんとか顔をきにする方に……」と答えてらっ
しゃいました。

たしかに、左右逆にみえてもあんまり不便じゃない
な、素人の私は……とおもいました。
あの鏡、だれかに使ってもらえるのかなあ。


Avatar
さくらもち

職場のトイレの鏡なんですが、『禁煙』って書かれた透明のテプラが貼ってあるんです。数ミリ奥に像が写っているんだけど、それはひっくり返っていないそのままの文字なんですよね。確かにそうなるのは理解できるのですが、不思議な感じがします。


Avatar
ハイジ

三種の神器の中で鏡はいろいろな意味を表していると思います。
自分の顔を映して自覚を促したり、相手の顔を映して自覚を促したり。上下反対ではなく左右反対であるのも、何かの意味があるのかもしれません。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 庭を歩いていると、梅の古木になにやらぶら下がっている。ミノムシなのだった。中に卵があるのか、あるいは主のいなくなった抜け殻か。風に揺れている。 細かく切った色紙で実験された方もいらっしゃるだろう、ミノムシは糸を出して葉などをまとい、枝にぶら下がって冬を越す。糸を出す虫といえばほかにカイコやクモがいるけれど、ミノムシはカイコほどは糸を作れず、さすがに産業化はできないけれど、糸の強度はこれまでもっとも強いとされていたクモ以上という。 奈良県立医大の大崎茂芳教授らの実験によると、ミノの部分を含め16から60ミリグラムのミノムシの糸は、体重の約3倍まで持ちこたえられたとか。糸を一定の長さまで伸ばして強度を測定し、単位断面積あたりの強さを比較すると、クモの約2.5倍。命綱としては充分だろう。 ミノムシはミノガの幼虫だが、成虫となって飛んでいるのをぼくたちが目にするのはオスだけ。メスには羽がなかったり、ときには脚さえないものもいる。じっとミノの中で、あるいはせいぜいミノのすぐ側でオスが来るのを待ち、交尾をするとミノの中に産卵する。あとはひからびてミノから落ちていく。1年だけの、ミノのまわりの一生。 こんな生態を知ると、ふと個体は自らのコピーを増やそうとする遺伝子の乗り物に過ぎないという言葉を思い出す。もっとも、その点では人間も大差ないのかもしれない。ただ、人間はこうしてコラムを書いたり、文化を生み出したりする存在ではある。せめてそれが、ミノムシの糸以上に強く、ミノに負けないぬくもりのあることを願う。

前の記事

 1973年の12月8日。卒業を間近に控えた女子高生3人が自分たちの就職先についておしゃべりをしていた。そのうちひとりの就職先を、別のひとりが「信用金庫なんてあぶないよ」とからかう。朝の通学途中の、たあいもないおしゃべり。しかしこれが、その後13日から17日にかけて、健全な信用金庫から20億円もの預金が引き出されるという取り付け騒ぎに発展する。うわさ研究史上有名な豊川信用金庫の流言。 この流言は発生源が特定されたことで有名だが、通常、風説なんて言葉もあるように、流言の発生源や広がりは風のように定かでない。流言の広まりは状況のあいまいさと内容の重要度に比例するという公式がある。もっとも、各種の研究では重要度についてはあまり実証されていない。むしろ、あいまいさと不安感のかけあわせではないかという説もある。豊川信用金庫の場合も、オイルショックでトイレットペーパー買占め騒動が起こった直後という不安な世情があった。 流言はしゃべらないと広がらない。確かに人は、あいまいな状況、不安な状況にあるとしゃべりたくなる。確認したいし、安心したいから。そんなわけで、相手の様子を見つつ、確認できそうならちょっと話を脚色して、相手の同意をうながしたりもするわけだ。こうしてうわさに尾ひれがついていく。 うわさには流言のほかゴシップや都市伝説なども含まれる。ぼくたちがコミュニケーションを求める人である以上、それらがなくなることはきっと、無いのだろうな。

次の記事