ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

ミノムシ

2001年6月21日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 庭を歩いていると、梅の古木になにやらぶら下がっている。ミノムシなのだった。中に卵があるのか、あるいは主のいなくなった抜け殻か。風に揺れている。
 細かく切った色紙で実験された方もいらっしゃるだろう、ミノムシは糸を出して葉などをまとい、枝にぶら下がって冬を越す。糸を出す虫といえばほかにカイコやクモがいるけれど、ミノムシはカイコほどは糸を作れず、さすがに産業化はできないけれど、糸の強度はこれまでもっとも強いとされていたクモ以上という。
 奈良県立医大の大崎茂芳教授らの実験によると、ミノの部分を含め16から60ミリグラムのミノムシの糸は、体重の約3倍まで持ちこたえられたとか。糸を一定の長さまで伸ばして強度を測定し、単位断面積あたりの強さを比較すると、クモの約2.5倍。命綱としては充分だろう。
 ミノムシはミノガの幼虫だが、成虫となって飛んでいるのをぼくたちが目にするのはオスだけ。メスには羽がなかったり、ときには脚さえないものもいる。じっとミノの中で、あるいはせいぜいミノのすぐ側でオスが来るのを待ち、交尾をするとミノの中に産卵する。あとはひからびてミノから落ちていく。1年だけの、ミノのまわりの一生。
 こんな生態を知ると、ふと個体は自らのコピーを増やそうとする遺伝子の乗り物に過ぎないという言葉を思い出す。もっとも、その点では人間も大差ないのかもしれない。ただ、人間はこうしてコラムを書いたり、文化を生み出したりする存在ではある。せめてそれが、ミノムシの糸以上に強く、ミノに負けないぬくもりのあることを願う。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

5 comments to...
“ミノムシ”
Avatar
小橋昭彦

ミノムシは、自然観察の絶好の対象でもありますね。そんな案内も含め。「インターネット版【なるほどの森】Vol.25」「ミノムシ」「ミノムシはどうやってみのをつくるの?」「消えた!?秋のミノムシ」をどうぞ。あと、直接は関係ないけど、「日本蜘蛛学会」なんてのもあるんですね。


Avatar
小橋昭彦

個体は自らのコピーを増やそうとする遺伝子の乗り物に過ぎないという言葉についてですが、具体的には、リチャード・ドーキンスの『利己的な遺伝子』をお読みください。


Avatar
竹内英二

ドーキンスは、生物は遺伝子の乗り物にすぎないといっていますが、同時に人間だけは「利己的な遺伝子」の支配を受けないともいってます。その理由としてミームなる文化的遺伝子とでもいうべきものの存在を指摘しています。もっとも、ミームは動物にもあるような気がします。ちなみに、最新作の『虹の解体』もおもしろいですよ。


Avatar
小橋昭彦

ありがとうございます。そうですね、ミーム。それもふまえてコラムの締めとさせていただきました。『虹の解体』、いま読んでいます。機会があれば、またコラムでも紹介してみたいと考えています。


Avatar
堀池 周司

いつも、楽しく読んで賢くさせてもらってます。いつも最後の言葉が沁み込むんですが、今回は殊に効きました。そんな訳でメールさせてもらったんですが、ありきたりですが、これからも頑張って下さい。毎回楽しみにしてます。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 ビールがおいしい季節。白い泡が浮かんだ生ビールを傾ける至福のひととき。考えてみれば、ビールに限らず、ぼくらの日常で泡に出会わないことはまずない。パン、清涼飲料、石鹸から発泡スチロールまで。 物理学者のドナルド・グレイザーがノーベル賞を得た素粒子の振る舞いを記録する「泡箱」は、ビールの泡を見て思いついたという逸話も残る。日常生活から科学の最先端まで、泡の謎はつきない。 この宇宙も、直径1億光年あまりの泡がたくさんくっつき、その表面に銀河が集中し、内部には少ないといった様子だという。泡宇宙ともいわれる構造。 泡が球形になるのは、それがもっとも表面積が小さく、エネルギーが小さくてすむからだ。ビールに割り箸を入れるとそのまわりに泡ができるのも、割り箸のくぼみに接していれば泡の界面が少なくてすみ、エネルギーが小さくていいからできやすいことによっている。 そういえば、辛いことが少なくなかった若いころ、部屋の片隅で身体を丸めて耐えた日もあったっけ。あれは、自分の身体を泡のようにして、世の中との接点を小さくしようという努力だったのかも、と空想する。あのとき、そんな泡が世の中にはたくさんあって、この宇宙もまた泡のつらなりと知っていれば、少しは自分を救えたろうか。 ベランダで遊ぶ子どものシャボン玉が風に流されて部屋に入ってきた。梅雨のあいまの、晴れた一日。しばし、この虹色の泡と風を感じていよう。

前の記事

 鏡は人を惑わせる。左右は逆になるのに上下が逆にならないのはなぜという疑問は古来から多くの人を悩ました。プラトンも悩んだしカントも考察している。 言葉のあいまいさと認識の問題が重なって、なんだかややこしい。少なくとも、鏡の中では奥行きは逆になっているようだ。鏡に向かって手を遠ざけると、鏡に映った手は遠くからこちらに近づいてくる。 本の表紙を鏡に映してみよう。鏡にいま自分が見ている表紙を映そうとすると、それを自分には見えないように、つまりは鏡に向かうように回転させなくてはいけない。このとき、まずは本の右を左にするやり方で、つまり垂直軸にそって回転させる。鏡に表紙が映る。文字は左右が逆になっている。回転は水平軸にそってでもいい。やはり鏡に表紙が映る。こんどは上下が逆の文字が映る。とすると、鏡に映すためには、左右でなくてもいい、上下が逆でもいいということではないか。 オーケー。姿見を床に置いてその上に横向けに寝転んでみる。上になった手を動かそう。鏡の中のぼくは下の手を動かしている。鏡は上下を逆にしたのではないか。 頭が痛くなってきたね。左右が逆の像がいやなら、2枚の鏡を90度の角度で書籍のページを開いたようにあわせてのぞくといい。よけいに頭が痛くなるかな。 もうひとつ実験。鏡に近づいて顔を映す。次に遠ざかる。さて、鏡に映った顔はどちらが大きいだろう。もちろん近いとき、と考える。では、クレヨンや口紅などで、近づいたときの顔の輪郭をなぞって鏡に描く。片目を閉じて描くとやりやすい。さて、次に遠ざかってみて。いかがでしょう。 鏡と人は紀元前からのつきあい。古代エジプト人も鏡に向かって化粧をしていたし、今を生きる女性もそう。そんな女性にひかれる男の姿はクレオパトラの時代もいまも変わらない。鏡が人を、というより、やはり人が人を惑わせているのかしらん。

次の記事