ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

飛蝗

2001年6月19日 【コラム

 空が黒くなるほどの大群をなして移動し、通過する土地の青い草を食べ尽くす。飛蝗(ひこう)と呼ばれるバッタの群れ。ワタリバッタあるいはトビバッタなどとも呼ばれる。
 道端で見かける緑色をしたトノサマバッタなどと比べて、飛蝗の色は黒い。そのため、当初は別の種類のバッタと思われていたけれど、じつは、同じ種類のバッタだという。この理論を提唱したのは1921年、イギリスの研究者ウバロフ。
 緑色を帯びているのは草原などで単独で生活する孤独相のバッタ。これがしだいに群がってすむようになり、ついには群生相に変わる。バッタの脳にあるコラゾニンというホルモンが体色変化を調節しているという。農業生物資源研究所によると、同様の物質は甲虫目をのぞくほかの昆虫も持っているとかで、そうした昆虫の脳を白いバッタに移植すると、移植されたバッタの体色が黒化する。
 飛蝗は現在もアフリカなどで被害をもたらしているけれど、中国でも、紀元前2世紀から19世紀にかけて1330回以上の大発生が記録されているという。日本ではそれほど多くは見られない。日本人は群れるのが好きそうなのに、バッタはそうでもなかったか。
 ともあれ、どうも群れというのは苦手で、渋谷の駅前なんて歩くだけでひどく疲れる。ぼくがバッタなら飛蝗にならず、できればみなとは違う方向に向かってみたいけれど、さてどうか。誘われると赤くなったり青くなったり、じたばたするばかりで断りきれず、けっきょく黒くなって同行するか。なんだかよわっちい自分ではある。


4 comments to...
“飛蝗”
Avatar
小橋昭彦

バッタと体色については、まず研究を行っている農業生物資源研究所の「トノサマバッタの生息密度に応じて変わる体色を制御するホルモン機構の解明」を。虫関係、「奥本大三郎の虫眼鏡サイト」をどうぞ。


Avatar
ながさわ

今回のコラムを読んで、真っ先に思い浮かんだのが三國志というゲームでした。このゲームの中のイベントに、イナゴの大群ってのがあったと思います。
三国時代が西暦203世紀なので、小橋さんがかかれている時代の範疇ですし、やっぱり被害はあったんでしょうね。


Avatar
ばっしー君

中国で周王朝の末期に、墨子という思想家のもとに「墨家」という教団があったそうです。 当時の中国は、乱れに乱れ国中で戦が絶えなかったとか。 そんな中で墨家は「兼愛」と「非攻」と唱え、民を守るための自衛的特殊戦闘集団となっていったそうです。

そんな中には、蝗を養殖して飛蝗を起こす「蟲使い」という人たちがいたと聞いた事があります。 これは、意図的に群生相のイナゴを作り出し、敵に向かって飛蝗を放ち、糧食を奪って敵を蹴散らしてしまう戦術だったようです。
この時の群生相の蝗は、黒いばかりでなく、体型も飛行に都合のいいように、やや細長く変わってしまうとか。

自らは、決して攻撃をしかけないとされていたことから、墨家の戦術は「墨攻」とも呼ばれていたそうですが、この飛蝗の攻めを見る限り、いくら中国が広大だとは言え、その影響は敵ばかりでなく、近在の村々にまで及んだのではないでしょうか。

墨家もそこまでは、思い至らずといった所か、それほど必死だったのか。いずれにしろ、人間が制御しきれるものでない事は確かで、我々が自然の摂理をいじくりまわすのは、まだまだ早いのではないかと思われます。


Avatar
小橋昭彦

ながさわさん、ばっしーさん、ありがとうございます!
ぼくも調べているとき、三國志関連などひっかかってきたのですが、じつはそのあたりについては詳しくなく、触れるのをやめたのでした。勉強になりました。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 いやあ、暑い。汗も流れる。うっとうしいけれど、体温調節のためとあればしかたない。ただ、湿気が高いと汗はなかなか蒸発してくれない。流れ落ちる汗は、じつは体温調節にはそれほど役立たず、無効発汗なんて呼ばれたりもしている。汗は蒸発してこそ、気化熱で体温を下げる。 人間の身体はよくしたもので、試みにサウナでワキをしめてみるといいけれど、密着して汗が蒸発しにくい肌からは汗はあまり流れず、外気に露出したところからよく流れる。日本人の汗腺は平均350万個。そのうちおよそ220万個が実際に汗を出す能動汗腺。額や手のひら、足の裏にもっとも多い。 汗腺の数は1平方センチあたり250個以上とか。ひとつひとつは小さいけれど、数が多いゆえ、合計するとばかにならない。成人の1日あたりの発汗量は、約0.5リットルから2リットルだとか。 能動汗腺の数は、生まれ育った土地によっても違う。寒冷地なら200万個たらず、熱帯地方なら300万。汗腺の数はおよそ2歳半までにどれだけの暑さのなかにいたかで決まる。 そんなわけで、去年まではほとんどクーラーをつけなかったわが家も、子どもが3歳になった今年は解禁である。もっとも、類焼からの仮住まいの身、まだ部屋には取り付けていない。しばらくは心頭滅却すれば火もまた涼しでいくけれど、そろそろつけなくっちゃなあ。いやあ、暑くるっしいコラムで失礼。

前の記事

 ビールがおいしい季節。白い泡が浮かんだ生ビールを傾ける至福のひととき。考えてみれば、ビールに限らず、ぼくらの日常で泡に出会わないことはまずない。パン、清涼飲料、石鹸から発泡スチロールまで。 物理学者のドナルド・グレイザーがノーベル賞を得た素粒子の振る舞いを記録する「泡箱」は、ビールの泡を見て思いついたという逸話も残る。日常生活から科学の最先端まで、泡の謎はつきない。 この宇宙も、直径1億光年あまりの泡がたくさんくっつき、その表面に銀河が集中し、内部には少ないといった様子だという。泡宇宙ともいわれる構造。 泡が球形になるのは、それがもっとも表面積が小さく、エネルギーが小さくてすむからだ。ビールに割り箸を入れるとそのまわりに泡ができるのも、割り箸のくぼみに接していれば泡の界面が少なくてすみ、エネルギーが小さくていいからできやすいことによっている。 そういえば、辛いことが少なくなかった若いころ、部屋の片隅で身体を丸めて耐えた日もあったっけ。あれは、自分の身体を泡のようにして、世の中との接点を小さくしようという努力だったのかも、と空想する。あのとき、そんな泡が世の中にはたくさんあって、この宇宙もまた泡のつらなりと知っていれば、少しは自分を救えたろうか。 ベランダで遊ぶ子どものシャボン玉が風に流されて部屋に入ってきた。梅雨のあいまの、晴れた一日。しばし、この虹色の泡と風を感じていよう。

次の記事