ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

埋もれていく

2001年6月04日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 病で亡くなった会社時代の若い先輩を夢に見て、夜明けに目覚める。先日通知を受け取ったときには思い出せなかった、表情の細部。ひきづられるようにして、先年亡くなった上司や、事故死した同期の顔が浮かんでくる。どこか砂の中に埋まっていた記憶が、掘り出されるように。記憶は、埋もれていくものなのか。
 遺跡の多くは土の中にある。なぜ埋まっているのかは、現地説明会でもよく出る質問だという。自分の手で埋めたなんていうのは論外として、地球が太っているわけでもあるまいに、ときには何メートルもの地中から掘り出される。
 そこに魔法があるわけではない。日々風で運ばれる砂に埋もれたり、河川のはんらんで土砂が積もったり、火山の噴火で埋まるなど、自然のはたらきが、遺跡を地中深く隠していく。
 部屋の片隅のテーブルを指でなぞってみるといい、日常生活でさえ、チリはつもる。毎年数ミリ積もるだけで、単純計算で千年もたてば数十センチになる計算。もちろん、中には大阪城の例が知られているように、人為的に埋めたものもある。
 ところで、あなたの家の庭を掘っていて土器などが出てきたらどうすればいいのだろう。本来的には落し物として警察の管轄だけれど、落とし主が現れるはずもないので、その必要はない。教育委員会の考古学担当の人に連絡するとよい。
 遺跡の保存方法は、土に埋め戻すのがいちばんともいう。遺跡は土に、思い出は、心の砂浜に。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

8 comments to...
“埋もれていく”
Avatar
小橋昭彦

考古学関連の入門として、「古代アングル」「たのしい考古学へようこそ」をどうぞ。リンク集としては「閼伽出甕」が充実。


Avatar
小橋昭彦

今日の没ネタ。メソポタミアの大湿地昨年までの9年で9割消失(朝日5月19日)。ポケモンはキャラクターが進化論に基づくとして湾岸イスラム諸国で禁止(朝日5月8日)。


Avatar
第三市民

小橋様、毎日楽しみに拝読させて頂いております。

思い出は心の砂浜に・・・・・
確かにそうですね、いろいろな思いが積み重なって、ある日ひょんなことから鮮やかにその当時のことが、鈍い心の痛みや、若やいだときめきとなって蘇る。
多分記憶も変質し、美化したり、誇張されてはいるのであろうし、もう誰にも確認をしようがない「遠い日」の心の奥底のざわめき・・・・
あなたを含み、文才のある方が羨ましい。
自分が生きた証を残したい、人生の黄昏に向かって、落日を押し戻そうとする虚しい努力、あがきにも何か意味があるのだろうかとちょっぴり自省の一時でした。
有難うございます。


Avatar
いるか工房

いつも楽しませていただいています。
いろんなことを知ることができて勉強になります。

お願いしたいことなんですけど、聴覚障害者についてのなにか情報があったら読んでみたいです・・・。


Avatar
小橋昭彦

見つけた土器をどうするかですが、少々補足させていただきます。

教育委員会に届けるというのは、「文化財保護法」第57条の5によっています。条文によれば文化庁長官に「届け出なければならない」ということになっています。

文化財保護法は「改正文化財保護法の全文」で目を通すことができます。この文書を提供している「日本の考古学リソースのデジタル化」もいいサイトですね。なぜ教育委員会になのかは、「埋蔵文化財の鑑査等の事務の委任について」あたりが参考になりそうです。ちなみに、この文書を提供している「縄文学研究室」も良いサイトです。

で、警察に届ける必要がないという部分は、「歴史博士の考古学なんでも質問箱」を参考にして記述しましたが、やはり落し物は落し物なので、届け出たほうがいいとは思います。この部分、訂正させていただきます。


Avatar
小橋昭彦

ということで、該当段落、
「 ところで、あなたの家の庭を掘っていて土器などが出てきたらどうすればいいのだろう。本来的には落し物として警察の管轄だけれど、落とし主が現れるはずもない。まずは地元の教育委員会に連絡しよう。」
と訂正させていただきます。


Avatar
くまのぱぱ

>本来的には落し物として警察の管轄だけれど、落とし主>が現れるはずもない。

 とすると、半年経てばジブンのもの?


Avatar
小橋昭彦

>とすると、半年経てばジブンのもの?

はい、基本的にはそのようです。ただし、遺失物法と、上記した文化財保護法との関係で、どちらが優先するかなどいろいろ定められています。国庫に帰属する場合もあります。そのときは報奨金が出るようですが。詳細は文化財保護法60条以降に触れられています。

実際の運用上どのようになされているかは、いま手元に情報がないので不明です。ごめんなさい。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 現代の女性は、10万年から20万年前のアフリカに住んでいた単一の集団に起源があるとした「ミトコンドリア・イブ」仮説が発表されたのが1987年。その後、男性についてもY染色体の研究から、約19万年前のアフリカに起源があると発表されもした。 世界の人類はアフリカに単一の起源があるとする説がこのところ有力になっている。つまり、それまで世界各地にいた北京原人やネアンデルタール人といった原人は数万年前までに絶滅し、その後アフリカから広がった新しい人類がとって代わったということだ。 それに対するのが、北京原人などがそのまま進化して現代人につながっているという多地域進化説。こちらはこのところ旗色が悪い。このほどイランからニューギニア、カムチャッカ半島にわたる地域の男性1万人強のY染色体を調べた結果でも、3万5000年から9万0000年前にアフリカにいた人から分かれたことが確かめられた。 仮に現代人のルーツはアフリカにあるとしても、そこにいたる人類進化のシナリオにはまだ不明な点が多い。人類とチンパンジーが分かれたのが約500万年前と推定されているけれど、それに対しても、約600万年前の猿人化石を発見し、それを現代人の直系祖先と考えるフランス国立自然博物館のセヌ博士らから、900万年から700万年くらい前ではないかという説が出されている。 ともあれ、ただ今日明日のことを考えるばかりではなく、たまにはそんな数百万年前のことに思いをはせるのもいいものだよなあ。

前の記事

 何年か前、子どもたちと遊んでいて「おじさん」と呼ばれ、それからすぐ「あれ、おにいさんかな」と訂正されたことがある。30歳になったころ。確かに、ぼく自身が10代だったころの30歳の印象って「中年」だったな、なんて思い返す。いまこのコラムを読んでいる若い人たちも、おじさんの書いた文章として読んでいるのかなあ。 それにしても、おじさんって何歳からなんだ。日本言語研究所が日本語教師らにアンケートした結果によると、「おにいさん・おねえさん」は20歳から32歳で、39歳から57歳が「おじさん・おばさん」なのだそうだ。うむむ、とするとぼくは、すでにおにいさんは卒業し、おじさんに足を踏み入れる前の、微妙な年代にいるなあ。 大人になると記憶力が鈍くなるといわれる。実感しないでもないけれど、実はこのところ、脳細胞は大人でも成長しているという観察報告がしばしば見られるようになった。従来は大人になると神経細胞は新たに生まれないとされてきたので、定説がゆらいでいるわけ。記憶力はいざ知らず、新しい用途を考えたり改善したりといった能力は70歳くらいまで25歳のころと同じ程度に保たれるともいわれる。おじさんにもまだまだ可能性はあるのだ。 そんなこんなで、日々少しでも進歩すればとメールマガジンの発行を続けている。同じどうしようもない人間ではあれ、20の頃のどうしようもない自分よりは、ちょっとだけましなどうしようもない奴になったんじゃないかと願ってもいる。 おじさんかどうかはどうだっていいや、青春は心にあるっていうのが真実じゃないかと、オジサンは思うのだよ。

次の記事