ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

男女で違う「愛しているよ」のタイミング

2011年4月28日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

男と女では「愛しているよ」というひと言を求めるタイミングが違う。一般的に、男は「行為」の前に言われるのを好むけれど、女は後に言われた方が嬉しい。そしてそれは、進化のうえで自然なことだという。

Let’s get serious: Communicating commitment in romantic relationships.

Are men or women more likely to confess love first in romantic relationships? And how do men and women feel when their partners say “I love you”? An evolutionary economics perspective contends that women and men incur different potential costs and gain different potential benefits from confessing love. Across 6 studies testing current and former romantic relationships, we found that although people think that women are the first to confess love and feel happier when they receive such confessions, it is actually men who confess love first and feel happier when receiving confessions. Consistent with predictions from our model, additional studies have shown that men’s and women’s reactions to love confessions differ in important ways depending on whether the couple has engaged in sexual activity. These studies have demonstrated that saying and hearing “I love you” has different meanings depending on who is doing the confessing and when the confession is being made. Beyond romantic relationships, an evolutionary economics perspective suggests that displays of commitment in other types of relationships and reactions to these displays will be influenced by specific, functional biases. (Journal of Personality and Social Psychology, Feb 14, 2011)

MITの研究者の論文です。

簡単に言えば、男の場合、自らの遺伝子を多く残すためには、できるだけ多くのチャンスを作った方が有利なので、行為の前に愛をばらまくことになる。一方、女の場合、自らの遺伝子を確実に残すためには、妊娠後子どもが生まれるまで大切に育てる必要がある。だから行為の後の愛が重要だというわけ。

「愛しているよ」まで進化心理学で説明するか。なるほどなあ。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn



required



required - won't be displayed


Your Comment:

カラスなどのように都市部の暮らしに適応した鳥は、脳のサイズが大きくなっているそうです。
Brains and the city: big-brained passerine birds succeed in urban environments

Urban regions are among the most human-altered environments on Earth and they are poised for rapid expansion following population growth and migration. Identifying the biological traits that determine which species are likely to succeed in urbanized habitats is important for predicting global trends in biodiversity. […]

前の記事

わずか32歳で生涯を閉じたインドの天才数学者ラマヌジャンが残した分割数に関する予想に、ほぼ1世紀ぶりに答えが見つかったという話を日経サイエンスで見かける(日経サイエンス2011年6月号p18「ついに解けた100年の謎」)。分割数という言葉は初めて知ったのだけど、単純な概念なのに、調べてみると奥が深い。

分割という名の通り、ある数字を分割するのがこの概念。たとえば3だと、「1+1+1」「2+1」「3」という3通りに分割できる。これを「p(3)=3」と表記する。p(4)だと5だ。同様に、p(5)=7、p(6)=11、p(7)=15、p(8)=22、p(9)=30……。このあたりまでなら、なんとか子どもの遊びのようなものだよね。

だけど、,p(10)=41、p(11)=56、p(12)=77、その後数字はどんどん大きくなる。ちなみに、p(100)の場合、190569292と、1億をかるく超えている。これらの関係性っていうのに、オイラーをはじめ、著名な数学者が取り付かれてきたのだと。Ken Onoさんは、大学近くの森林を散歩しているとき、そこに見られる木々と同じように、分割数にもフラクタル・パターンがあるのではないかと気づき、さっそく論文にまとめたという話。

先日、録画しておいた『博士の愛した数式』を見て、原作に劣らず素敵な話だなあと思ったのだけど、数学って、こういう単純さのすぐ側に奥深い世界があって、ぼくはそれを覗くツール(数学的素養)を持っていないのが残念なのだけど、やはり誌的でおもしろい。

それにしてもフラクタル(と、べき乗則)、あちらこちらで顔を出します。
photo credit: gadl

次の記事