ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

都会暮らしの鳥は脳が大きい

2011年4月28日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カラスなどのように都市部の暮らしに適応した鳥は、脳のサイズが大きくなっているそうです。

Brains and the city: big-brained passerine birds succeed in urban environments

Urban regions are among the most human-altered environments on Earth and they are poised for rapid expansion following population growth and migration. Identifying the biological traits that determine which species are likely to succeed in urbanized habitats is important for predicting global trends in biodiversity. We provide the first evidence for the intuitive yet untested hypothesis that relative brain size is a key factor predisposing animals to successful establishment in cities. We apply phylogenetic mixed modelling in a Bayesian framework to show that passerine species that succeed in colonizing at least one of 12 European cities are more likely to belong to big-brained lineages than species avoiding these urban areas. These data support findings linking relative brain size with the ability to persist in novel and changing environments in vertebrate populations, and have important implications for our understanding of recent trends in biodiversity.(Biology Letters April 27, 2011)

これは要するに、それまで暮らしていた環境から、都市部の環境に適応するに伴って変化したということですね。生物が環境に適応するにあたって、脳のサイズが重要という一般的な仮説を補強する報告ということになります。

ちなみに、ツバメなどは小さいままですが、これはたまたま自分がそれまで生きていた環境と同じような状況を都市部に見つけることができたからだそうで。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn



required



required - won't be displayed


Your Comment:

国際比較で、幸福度が高い国で自殺率が高い傾向が知られていたけれど、米国の洲の間で比較しても同様の結果が出たという報告が出ている。幸福なハワイは自殺率が高く、それほど幸福でないニューヨークは自殺率が低い。
Happiest places have highest suicide rates says new research
幸福度という指標、ここ何年か気になってきた。なぜ幸福度が高くなると自殺率が高くなるパラドックスが生まれるのか。研究者らの推論では、周囲の人びとの状況と比較して、自分の状況を悲観するからではないかと。この推論を支えるのは、人間は自分の幸福度を、周囲との比較で測るという先行研究。貧困国で自殺率が低いのは、周囲と比べる余裕がない、あるいは比べるほど差が生まれないといった状況にあるからということか。この推論を敷衍すれば、日本の自殺率が高いのは、あるいは、「周囲との比較」を強いる世間構造があるからとも考えられるのだが、どうか。

ところで、一定程度経済的に恵まれた後は、経済的な問題は幸福度に相関しないことが知られている。では、その後の幸福度の向上は何によってもたらされるのか。消費社会が熟成すると、ぼくたちは「差異化」を目指す。そうした思考が、周囲との比較をそそのかす。とすると、経済的な豊かさの後に生まれる幸福度の上昇は、差異の拡がりにすぎないということなのかもしれない。だとすればそれは不幸な人を生むことと表裏一体だ。

しかし、ほんとうに「幸福」な社会とは、人が周囲と比較して疎外感を感じるとき、そっと手を差し伸べる社会だろう。幸福度の指標が、あらためて問われているということか。

論文は下記。
Dark Contrasts:next term The Paradox of High Rates of Suicide in Happy Places

Suicide kills more Americans than die in motor accidents. Its causes remain poorly understood. We suggest in this paper that the level of others’ happiness may be a risk factor for suicide (although one’s own […]

前の記事

男と女では「愛しているよ」というひと言を求めるタイミングが違う。一般的に、男は「行為」の前に言われるのを好むけれど、女は後に言われた方が嬉しい。そしてそれは、進化のうえで自然なことだという。
Let’s get serious: Communicating commitment in romantic relationships.

Are men or women more likely to confess love first in romantic relationships? And how do men and women feel when their partners say “I love you”? An evolutionary economics perspective contends that women and men incur different potential costs and gain different potential benefits from confessing love. […]

次の記事