ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

人は信じるものをネットに見る

2008年1月25日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
UNSW: The University of New South Wales – Sydney Australia – News – Why the web tells us what we already know
“Even if people read the right material, they are stubborn to changing their views,” said one of the authors, UNSW Professor Enrico Coiera, the Director of the Centre for Health Informatics. “This means that providing people with the right information on its own may not be enough.”

たとえば健康情報を探すとき、あらかじめ自分が持っている先入観にあった情報を探し、ただしい情報があっても見過ごしてしまう。
ぼくたちはいつもこのことを自覚してネットを利用しなくては。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn



required



required - won't be displayed


Your Comment:

神経回路を遮断し回復する技術を世界で初めて開発 | 独立行政法人 理化学研究所 研究成果
 研究グループは、海馬のCA1、CA3、歯状回といった亜領域と神経回路の相互作用がどのように記憶と学習に影響を与えるのか、その究明に取り組んでいます。研究グループは最先端の遺伝子工学を組み合わせ、マウスの海馬にある特定の神経回路のシナプス伝達を遮断し回復することに成功しました。
遺伝子工学により実現。なんというか、生物までスイッチみたいに操られる。なんとも不思議な、奇妙な時代なのかも。

前の記事

UCSB Press Release: "A Difficult Youth Is a Good Thing for a Fish, Report Scientists <br> at UC Santa Barbara</br> "
They discovered that fish larvae that survive a long, rough, offshore journey eventually arrive at a near shore reef in good condition, and that they thrive afterwards.
In contrast, locally produced young have a relatively easy […]

次の記事