ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

幼児は絵本から行動を学ぶ

2006年11月07日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

“This research shows that very young children can learn to perform novel actions with novel objects from a brief picture-book reading interaction. This common form of interaction that takes place very early in children’s lives, may provide an important source of information to them about the world around them,” said lead author, Gabrielle Simcock.

おもちゃの作り方が描かれた絵本を幼児に読み聞かせた後、実際に作るように促すと、絵本に接した子の方がちゃんと作れたと。
幼いうちから、読書経験から学ぶことは多いっていうことか。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Comments are closed.

日本惑星協会1976年7月25日に探査機バイキング1号が撮影した画像の中から、人間の目、鼻や口に似た形が刻まれている地形が発見された。
で、マーズ・エクスプレスが7月に今年撮影した結果、丘のような地形が削り取られた結果によるものということで最終決着。自然にできたものだった。
人面魚などでもそうだけど、ヒトには何かをつい人間の顔に見てしまう認知上のクセがあるんだよね。

前の記事

Notices of the AMS December 2006A mathematical cake, as viewed by n persons participating in its division, is modeled by their n (covert) value functions on the unit interval. Each participant can cut the cake at a point by a vertical line at that point, and each is assumed to make their cut so as […]

次の記事