ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

見つめられると善意が高まる

2006年7月07日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

A team from Newcastle University found people put nearly three times as much money into an ‘honesty box’ when they were being watched by a pair of eyes on a poster, compared with a poster that featured an image of flowers.

料金箱の前に見つめる眼のポスターを貼っておいたら、お金を入れる人が3倍になった。「自分の評判を落としたくない」と無意識に思うからだとか。
鏡を置いておくといいなど、こうした心理的効果を利用する犯罪抑止策って、もっといろいろ工夫していいね。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Comments are closed.

ボルネオ島には、カメレオンのように体の色を変化させるヘビがいる赤褐色のヘビを黒っぽい色のバケツに入れたんです。数分後にそのヘビを取り出そうとしたら、その時には、その体の色がほとんど白色になっていたんです
ボルネオには白砂があるのかな。鳥に見つからないための保護色とすれば、この地だけより切実に鳥から隠れる必要があったのかどうか。
変色そのものはカエルもするし、まあ、カメレオンだけじゃないわけだけど。

前の記事

NASA – Landing of Space Shuttle Discovery: STS-121Landing of Space Shuttle Discovery: STS-121
はじめてのシャトルが日本に帰って来たとき、テレビにかじりついていた身としては、あれ、シャトルってこんなに汚れていたっけ、なんて感じてしまい、なんだか悲哀感を抱きもしたのだけど、そもそも経年的な汚れというより、1回ごとのミッションによる汚れかな、これ。
むしろはじめての飛行を見ていたとき、シャトルを白く輝く船体と目に映った、その感性を懐かしく思うべきか。

次の記事