ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

台風の進路予報

2001年3月30日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 グローバル化の進む天気予報の世界。現在では、10の気象衛星、約4000の観測所、約7000隻の船などからの情報が、専用の通信システムを通して毎日配信され、各国で共有されている(朝日3月3日)。気象庁が1日に収集する情報量はおよそ50メガバイト。
 もっとも、それをもとにした予報の精度は各国の数値予報モデルやスーパーコンピュータの性能により差がある。数値予報というのは、大気をさいころ状に切り、それぞれの状態をもとに気象を予報するもの。サイコロの一辺が小さいほど正確な予報ができるのだが、その分計算量も膨大になり、明日の予報をする計算に一日かかり予報の意味をなさない、なんてことになってしまうので、おのずとコンピュータの性能に制限される。
 北半球全体の予想天気図の精度では、欧米諸国に遅れをとっている日本だけれど、台風の進路予報では、世界のトップに立ったという。国際比較したのは米国海軍研究所で、昨年北西太平洋で発生した23個の台風の予想中心位置と実際の進路との誤差を比べたもの。
 台風の予報は、いくらモデルの格子間隔が小さくなっても、初期にどのようなデータを与えるかで予測値が違ってくる。初期の台風の様子を正確に観測できる技術はまだなく、ボーガスと呼ばれる擬似データをあてはめるしかない。ボーガスは、過去の研究成果をもとにした典型的な数値があてられる。気象庁のそれが優秀だったということでもあるだろう。
 2001年3月から気象庁に新しいスーパーコンピュータシステムが導入され、台風の進路予報についてもさらなる改善が期待されている。大自然を前にした人とコンピュータのこんな共同作業を思うと、テクノロジーの可能性ってまだあるんだな、とあらためて気づかされる。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“台風の進路予報”
Avatar
小橋

天気予報については、まずは「気象庁」ですね。それから、予報に関して成績のいいのは「ヨーロッパ中期予報センター」です。あと、台風予報の精度ランキングは「米海軍研究所」が出所なのですが、サイトでは情報が見つかりませんでした。その他、「これからの台風数値予報」をご参考に。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 18世紀フランスの思想家、ジャン・ジャック・ルソー。『社会契約論』などの政治的著作でも、『告白録』などの文学的著作でも知られており、フランス語圏以外では日本でことに人気が高い。 代表作のひとつ『エミール』はどちらの系列とも言いがたい作品だけれど、その中に「よく注意して青年を見張っているがいい」に始まる一節がある。昼も夜もひとりにさせないなど、彼を「危険な補い」から守るための心得。自己の中の欲望とそれを監視する他者の視線。両者の葛藤をテーマとしていた彼は、その行為に反対する立場だった。 その行為の別の名が、バイブルからとられていることはご存知だろうか。旧約聖書の創世記第38章、ユダの子オナンの物語。かくも本質的な問題とされつつ、研究の対象になることはこれまで少なかった。 とはいえ、ルソーが絶賛したスイス人医師の著作『オナニスム』が刊行されたのが1758年。けっして無視されていたわけでもない。ただ、ことに19世紀、ヴィクトリア時代のピューリタニズムを背景にした論調などは、その行為をきびしく糾弾するもの(朝日3月3日)。 当時と比べて、現代はずいぶん明るくなった。偏見がはずれ、正しい知識が広がるのは歓迎。とはいえ、あまりにあっけらかんと語られてしまうと、さて、ルソーがおそれた「他者の視線」はどうなったのかと疑問を抱かないでもない。欲望ばかりでしあわせがあるはずもなく。 葛藤の克服と自己の統一を探求し、その外部化として統一された社会のあり方までも追求したルソー。「人間は幸福であるために生まれてきた」。彼の言葉である。

前の記事

 編集ソフトの説明にはカラムの調整なんて表現がされているから気づかなかったけれど、そう、縦列を意味するカラムと、この小文のようなものを指すコラムは、もともと同じcolumnだ。 コラムの歴史は古く、1751年に英国の新聞ロンドン・アドバイザリー・リテラリー・ガゼットが連載を開始したのが最初。その3月11日は現在もコラムの日とされている。新聞紙面上に縦の欄を利用して掲載されていたので、コラムと呼ばれていたわけだ。 ニュースではない、かといって堅い論調でもない、コラムはその後も一定した人気を得る。それが新聞の目玉商品として発達したのは、1920年代のアメリカ。タブロイド新聞の全盛期で、芸能界内幕のゴシップなどを書いたコラムがシンジケートを通じて各紙に配給・転載され、著名コラムニストを生みもした。その後30年代からは政治論評を展開するコラムニストが人気を得る。 そういえば、ギリシア建築に見られるような美しい円柱もやはりcolumn。インターネットを使って、誰もが文章を公表できる時代になった。天に向かってすっくと伸びる、そんな志をもったcolumnが建ち並ぶ世の中になるとすてきだと、自戒を込めて思う。

次の記事