ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

浮気を防ぐドーパミン

2005年12月06日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

New Scientist Breaking News – Dopamine blockers lead faithful voles astray
The secret to everlasting love may lie in a specific region of the brain activated by the brain chemical dopamine, say researchers studying prairie voles.
ドーパミンをブロックしたら、貞節なハタネズミも浮気性に。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Comments are closed.

 関わりのある若手経営者塾がカップリング・パーティを企画している。農山漁村部の男性に出会いの機会を作る県の事業があり、その支援を受けつつである。会の進行計画に悩む様子を見つつ、米国でのある研究発表を思い出していた。出会いは最初の3分で決まる、という。意識しているしていないに関わらず、最初に見初めた相手にひかれる確率が高いのだと。
 そういえばヘレン・フィッシャーの『人はなぜ恋に落ちるのか?』に、ひと目惚れには必然性があるとあった。多くの生物のメスは生殖できる期間が限られているから、恋愛の前段階に時間やエネルギーをかけると子孫を残すチャンスを逸するのだ。彼女は、離婚も同様の視点から説明している。国連が発行する人口統計年鑑を調べたところ、多くの地域で4年目の離婚が多いという傾向を見出した。つがいで子育てをするほ乳類の多くは子どもが巣立つと離れるが、人類も同じように4年サイクルで子育てをしてきたのではないか、という。
 恋する人の脳をスキャンした結果も報告されている。それによると、パートナーの写真を見たときに活性化される脳の部分は、報酬システムの一部であるという。恋する人を思うことは、ご褒美をもらったときに喜び、またご褒美をほしいと願う、同じ機構によっているわけだ。こうした恋愛感情はある種の麻薬中毒状態に似ている。寝ても覚めてもその人のことを思うのも仕方のないところか。
 人は、遺伝子的に自分と適合していながら、少しだけ違っている人にひかれるという。自分の遺伝子を残しつつも、ある程度は多様性を確保して生き残りの可能性を高める戦略と考えれば、納得できる話ではある。ただ、それでもやはり多くの人にとって、自分が愛する人を前に、なぜ「その人」なのかは、疑問のまま残ることだろう。いまこの時、この地でこの人に出会えたことの不思議。その不思議こそ恋の、美しさでありはかなさでもある。

前の記事

Royal Society | Science news | Press releases | News
Members of the public and Royal Society scientists, both Fellows and Research Fellows, were asked to vote in two separate polls for who they thought had made the greater contribution out of Einstein and Newton. They were asked firstly to say who made the bigger overall […]

次の記事