ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

ベスト科学技術サイト2005

2005年10月13日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Science & Technology Web Awards 2005
The influence of “citizen journalist”-penned blogs has become a driving force behind the dissemination of information.

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Comments are closed.

 南アフリカのブロンボス洞窟内、7万5000年前の地層から発見された小さな巻貝がある。いずれも口と反対側に小さな孔が開いており、ビーズ飾りだったとされる。人類がそうした象徴表現を身につけたのは、ヨーロッパに進出した4万年前頃のこととされてきただけに、驚きをもって受けとめられた。
 それまでにも刻み目のある骨や顔料など、象徴表現を思わせる遺物は見つかっていた。ブロンボスの貝殻は、それらが例外的な事例ではなく、人類が象徴表現という現代的な思考を、古くアフリカ時代から持っていた可能性を示す。従来の見方は、ヨーロッパでの発見に偏っていたかもしれない。
 象徴表現が多くの人類によって日常的に行われるようになった背景には、それを利用した方が生存に有利な状況があったと考えられている。たとえば、人口の増加が集団間の対立を生み技術革新に拍車をかけた、飛び道具の革新が集団として協力する動機になったなど。貨幣へと続く歴史を思えば、交易にも大きな役割を果たしてきたことだろう。
 科学誌に紹介されていた、貝殻の発見者ヘンシルウッド博士らの言葉にはっとする。いわく、象徴表現とは、情報を脳ではなく、宝飾品や芸術、言語、あるいは道具として外部に保存することなのだと。再現実験をしたところ、貝殻に孔をあけるのはたいへんな作業で、細心の注意をはらわないと割れてしまったという。ヘンシルウッド博士は、こうした芸術的な洗練性も、まわりの集団と上手につきあうための贈答用だったと考えれば説明がつくという。
 まだおしゃべりする前の子と「どーぞ」「あんと」ごっこができたときの喜びを思い出す。自分の脳の外に、相手への思いやりという象徴をこめ、やりとりするときのぬくもり。なるほど象徴表現は武器も生んだ。しかしその根本には、こうした他者への思いがあったと信じたい。協力する心を育んだからこそ、人類は生き延びてきたのだ。

前の記事

How new words become part of a language
WHEN unwanted email first came along, people invented different words for it, such as unsolicited email and junk email. But eventually “spam” became the word of choice to describe the phenomenon.
It’s a process that happens each time a new thing needs a name, but language researchers have struggled […]

次の記事