ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

グレイのパラドックス

2004年10月06日 【コラム

 子どもと見ていた番組にイルカが船と並んで進むシーンがあって、イルカって人なつこいなあとあらためて思いつつ、どのくらいの速度を出しているのかと気になってもいた。調べてみると約20ノット、時速にして35キロ程度は出せるという。普通に船が進む速度と遜色ない。いかにイルカのパワーがすごいかということだ。
 かつて動物学者のジェイムズ・グレイがイルカの速度を分析し、「グレイのパラドックス」として知られる問題を指摘した。イルカの体重あたりの動力は、ヒトやイヌのそれの数倍になる。筋肉の構造は違わないのに、これは生物学的に矛盾しているというわけだ。パラドックスは今も解けていない。
 謎を解く努力は続けられている。2000年のシドニーオリンピックで話題になった水着の新素材に応用された発見もそのひとつだ。イルカの肌は鮫肌と同じくざらざらしているそうだけれど、リブレットと呼ばれるこうした小さな突起が抵抗を軽減することがわかっている。さらに最近の研究では、イルカの皮膚が泳いでいるうちに薄片となって剥がれ落ちていることに注目した説もある。おおよそ2時間で脱ぎ変わる皮膚が、体のそばにできる乱流渦がもたらす抵抗を抑えているのだ。
 泳ぎに関しては、クジラからも教えられるところがある。クジラの前びれが水面から出ている写真をご覧になったことはあるだろうか。その前縁部にはこぶ状の出っ張りが並んでいて、きれいな流線型になっていない。じつはこれも、こぶによってできる渦の効果で、すばやい旋回を可能にするのに役立っているという。こぶにも意味があったのだ。
 将来、翼の前面がでこぼこした飛行機が登場するかもしれないし、脱ぎ変わる水着が出てくるかもしれない。グレイのパラドックスは謎のまま、いや謎であるがゆえに、今日もヒトに多くのアイデアをもたらしている。


9 comments to...
“グレイのパラドックス”
Avatar
小橋昭彦

脱ぎ変わるイルカの皮膚の研究は京都工芸繊維大の先生らによるもので、「Turbulence modification by compliant skin and strata-corneas desquamation of a swimming dolphin」として発表されています。それを伝える記事「Scientists discover secret of dolphin speed」もご参考に。魚の遊泳速度については魚ロボット研究ページの一環としてある「魚の遊泳速度」をどうぞ。

シドニーで採用された水着素材は「Speedoqualab」が本家ですが、「水着の変遷」がわかりやすいです。それから、クジラのコブの効果については、その名も「Frank Fish」教授らによる「Leading-edge tubercles delay stall on humpback whale (Megaptera novaeangliae) flippers」が研究発表です。「Mimicking Humpback Whale Flippers May Improve Airplane Wing Design」に詳しいです。


Avatar
ななし

イルカが船と併走して高速で泳げるのは、自動車のスリップストリームよろしく、船自身が前に進む力を利用できるからです。

イルカは非常に少ない力しか使わずに、高速に泳ぐことが可能になります。


Avatar
しゃあ

ななし様 それだとイルカが船体側に引っ張られませんか。いや あの 全くの素人考えですが・・・


Avatar
ななし

それが大丈夫らしいんですね。
船が引っ張る力だけで泳いでいる訳ではありませんので。

ちなみにイルカが船に併走して泳ぐのは、船や人に興味があるという事もあるかもしれませんが、船に引っ張られる事を遊びとして利用している節がある、との事。


Avatar
ななし

このサイトにはこんな事が書いてあります。

http://www.gem.hi-ho.ne.jp/aquaheart/episode01.shtml


Avatar
小太郎

「イルカが船についてくる→移動エネルギー節約」が載ってるサイトです。
知識の泉 Haru’s トリビア
個人的には人懐っこさでついてきてて欲しいですが・・・^^;


Avatar
しゃあ

う0ん なるほど 了解です。勉強になりました。


Avatar
小橋昭彦

どもども。こうして作者を離れて会話が進んでいくのは、コラムが何かを探ったり考えたりするきっかけになればと願っている者として、とても嬉しいです。

流体力学はこれまでも数度とりあげたことがありますが、奥が深いですね。数回前の飛行機が飛ぶ原理もそうでした。

それにしても、イルカが船についてくるのは流れを利用するためとして、そもそも彼らは人懐こいかどうか。イルカがダイバーと遊んでいる風なのは何なのでしょうね。


Avatar
るねぞう

イルカが交尾の際集団でレイプしたり、子供をいじめ殺すことはよく知られていますが、ダイバーも弱い相手だからからかいに来ているのかもしれませんね




required



required - won't be displayed


Your Comment:

Out of Africa: Scientists Find Earliest Evidence Yet of Human Presence in Northeast Asia –
Early humans lived in northern China about 1.66 million years ago, according to research reported in the journal Nature this week. The finding suggests humans?characterized by their making and use of stone tools?inhabited upper Asia almost 340,000 years before previous estimates […]

前の記事

 囚人のジレンマと呼ばれる有名なゲームがある。二人の容疑者が別々に囚われている。互いに黙秘すれば刑期は1年ですむ。自分だけが自白して協力すれば釈放、相手は10年の刑期となる。二人とも自白すればお互いに刑期は3年。こうした状況下で、どういう行動がもっとも適切か。そういう話だ。 相手が黙秘するなら、自分は自白して釈放されるのが得になる。相手が自白する場合はどうか。その場合も、自分は自白したほうが刑期が短い。いずれにせよ、自白するのが最善の手。これは相手にとっても同じで、戦略的に考えれば、互いに裏切りあうことになる。 もっとも、囚人のジレンマを聞いたうちの少なからぬ人が、相手を信頼して黙秘すべきと感じたのではないかとも思う。米国のグレゴリー・バーンズ博士は、「囚人のジレンマ」ゲームを被験者にしてもらいながら脳のはたらきを調べ、互いに協力で一致したとき、「報酬回路」と呼ばれる脳の部分が活性化することを発見した。報酬回路というのは、高額なお金をもらったときなどに活性化する部分。相手がコンピュータだった場合は、協力で一致しても報酬回路は活性化しなかったともいう。人は、人と協力しあえたことに快感を感じるものらしい。 ゲームが1回限りではなく繰り返される場合について研究したアクセルロッド博士によると、その場合に最適な戦略は、1回目は協調し、2回目以降は前回の相手を真似る「しっぺ返し」戦略だという。さまざまなコンピュータプログラム同士を戦わせて得た結果だ。次回以降もつきあいが続く可能性が高いほど、しっぺ返し戦略は有効だった。 アクセルロッドは、自分からは裏切らない「上品」なプログラムほど優秀な成績だったとも指摘している。個々のゲームで相手をやりこめて上回るわけではないけれど、うまく協調を引き出し、総合点では上位に立つのだ。人と人の付き合いは一度きりではない。裏切りを避けるのも、ゆえあってのことだろう。

次の記事