ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

覚える、思い出す

2001年2月21日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 人間の脳を三つの階層構造で説明したのは医学博士のポール・マクリーン。「三位一体脳モデル」と言われるのがそれだ。
 生きるのに必要な爬虫類脳、それをとりまき情動に関係する旧哺乳類脳、そしてもっとも外側で理性をつかさどる新哺乳類脳。いわゆる大脳新皮質とは新哺乳類脳を意味しており、その内側は辺縁系とも呼ばれる。内側なのに辺縁系というのは、脳の中心部から見て辺縁だからだ。
 目から入った情報が記憶されるメカニズムは、まず一次視覚野から大脳新皮質に情報が渡され、それが辺縁系に伝えられる。新皮質で記憶を認識し、辺縁系で記憶が形成されているわけだ。
 東京大学の宮下保司教授らの研究グループがサルを使った実験で明らかにしたところによると、記憶の書き込みと読み出しでは、このプロセスにかかる時間に差があったという(日経1月26日)。記憶するとき、新皮質から辺縁系への信号伝達にかかった時間は0.01秒程度なのに、思い出すときに辺縁系から新皮質へ伝達するには0.3秒かかったという。覚えるより思い出すほうが手間どるのだ。
 いやそれにしても、30歳を超えるとこの0.3秒が十倍も百倍もかかっているような気がするのだけれど、あなたはいかが。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“覚える、思い出す”
Avatar
小橋

研究を行った宮下教授関連で、「国際共同研究事業」「高次脳機能のシステム的理解」をどうぞ。マクリーンの三位一体脳モデルについては「情動の機構と歴史的考察」を。あと、脳といえば養老孟司さん。「ヒトの『脳と感覚』再考」などどうぞ。


Avatar
につき

>いやそれにしても、30歳を超えるとこの0.3秒が十倍も
>百倍もかかっているような気がするのだけれど、あなた>はいかが。

何をおっしゃいます、小橋さん!
40歳をすぎると想像を絶するミラクルワールドがやってきますよ。

30歳代までの「物忘れ」は、物や人の名前を最初の一音しか思い出せなくても、何とかその一点からズルズルと引っぱり出して全体を思い出すことができました。が、最近では記憶の一部がぽっかりと穴の空いたような状態、引出しごと無くなってしまったようなことが起こります。

愕然としたものの、正常な範囲の老化現象と理解したいと思いますが、41歳で「ろーか」という言葉はずしりと重いです。

でも、脳の機能から考えると多少の復活はあるはずなので、できるだけあきらめずに思い出そうとする努力は続けていきたいと思っています。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 茎が葉になり、葉が花になる。植物はそうして進化してきたのだとされる。被子植物の生殖器官という花の定義に従うなら、花の起源は裸子植物から被子植物へと進化して後のことになる。これまで見つかっている最古の花の化石はおよそ1億4500万年前、中生代ジュラ紀後期のもの。 進化の道筋では葉から花へと進化したものの、遺伝子操作ではこれまで花から葉にはできても、葉から花へは変えられなかった。花の形づくりには3つのグループに分類される遺伝子群がかかわることがわかっており、これらの働きをとめると花を葉に変化させることができたのだ。 これら遺伝子群といっしょにはたらき、花づくりに関わる遺伝子をつきとめたのが岡山県生物科学総合研究所の後藤弘爾室長ら。SEP3と呼ばれる遺伝子を、花づくりの遺伝子群とともに葉でもはたらくように工夫してシロイヌナズナの種子に組み込むと、本来なら葉になる部分が白い花びらになり、雄しべもできた(朝日1月25日)。 花。しょっぱなの「ハナ」と同じ語源で、鼻も同じ、つまりは先端にあること。韓国語でも「ひとつ」は「ハナ」だ。先端でいつつ美しくあることの、なんと貴いことだろう。

前の記事

 日本でもっとも高いところにある建築物は何か。答えは富士山測候所だ。標高3776メートル、日本でもっとも高い頂に立つ建物だから、この記録が破られることはない。 富士山測候所が設置されたのは1932年のこと。当初は木造。冬になると平均気温氷点下20度、風速20メートルという土地、朝になると吐いた息で布団が白く凍っていたという。現在のアルミニウム合金に立て替えられたのが1970年代の初め。建築には苦労もあった。 資材運搬はヘリコプターに頼るしかないし、建設機械もほとんど使えない。おまけに屋外で工事が可能なのは6月上旬から9月上旬にかけての夏場だけ。こうしたなか、全館暖房の施設がようやく完成した。 測候所で働いているのは通常4人。生活している以上食事は必要で、調理担当者もいる。勤務は3週間交代(日経1月26日)。4人がローテーションしている。交代といっても、冬の「通勤」はたいへん。早朝6時ころふもとの基地を出発、5合目まで雪上車でのぼる。そこから山頂までは歩いて5、6時間。 突風に備えて登山道には測候所職員用の手すりが備え付けられているものの、雪道は凍っているので滑ると危ない。命がけだ。 日本最高地の職場への出勤。この光景を考えると、都心の「痛勤」もなんとか耐えられるだろうか。

次の記事